『小さい』ほど有利★

今日のテーマは『小さいほど有利』です★

 

昨日の記事の続きになります(^_^)

 

『大企業に勤めること』『会社員を一生続けること』は、

決して『安泰』ではなく、『リスク』を先延ばししてるだけだ、と。

 

この辺りのことも、

書籍にはもう少し詳しく書いています。

 

ぜひ、手に取って読んで頂けたら幸いです(^_^)★

 

『大企業に勤める』ということのリスクは、

『スピードが遅い』ことと『創造性が無い』ことが理由です。

 

例えば、

 

私は、個人事業として『お金のセッション』を提供してます。

 

『アイディア』を考えるのも、『意思決定』も、

そして、セッション『実行』まですべて自分で出来ます。

 

このことの最大のメリットは、

『今、この瞬間変われる』ということです。

 

本当に24時間365日、

どうやったらもっと皆を喜ばせられるか考えますし、

伝いたい『軸』に対する『見せ方』も自由自在です。

 

正直、セッションごと毎回進化している。

 

なので、2週間前と今ではかなり違います。

 

これからの時代、変化のスピードも格段に速くなる。

 

それに対応するためには、『小さなユニット』の方が格段有利です。

 

対して、『大企業』はどうか??

 

これは、良い悪いの問題ではなくて、

『物理的に』変化のスピードはもの凄く落ちます。

 

もし社長が、既存のビジネスの衰退を感じて、

新しいビジネス分野の開拓を決断したとします。

 

それを取締役会にかけて、株主総会でコンセンサスを得て、

国内数千人の社員に情報伝達し、やっと実行に移せる、、、

 

おそらく、

 

この頃には『旬』が終わってます。

 

また、

 

ドラスティックな変化も出来ません。

 

例えば、

 

『トヨタ』のような超巨大企業が、

『明日からテーマパーク事業を展開します!』

と宣言しても、株主からのコンセンサスは得られないでしょう。

 

『トヨタ』さんは、この先も、一生『クルマ』を作ります。

 

『小さなユニットで活動する』ということは、

過度な注目を浴びてない分、ドラスティックに変化できる、

 

こういう点でもメリットがあります★

 

これからの、特に成熟経済下の日本では、

『小さい』ほど有利に生きていけると思います(^_^)★

 

さらに、

 

自分メディア(ホームページ、ブログ)、SNS等の発達で、

自ら情報発信できるツールが格段に増えました。

 

これは、

 

本当に革命的なことで、

今の時代、誰でも『ビジネス』を所有出来るということです(^_^)

 

その代わり、

 

例え大手であっても、

これまでのように『一人勝ち』は出来なくなっていますが。

 

皆さんは、

 

自らの手で『価値』を生み出し、

自身で『ビジネス』を所有しながら生きていきますか??

 

それとも、

 

一生、『システム』に組み込まれる側の人間として、

生きていくのでしょうか??

 

後者の場合、

人生の主導権は『自分以外の誰か』に渡しています。

 

でも、

 

前者になれば、

人生を本当に『自由』に生きることが出来るようになります。

 

もちろん、『責任』は伴うけどね(^_^)

 

僕自身は、今、『自由』を手にして生きていて、

本当に『人生』が面白いと感じています(^o^)!

 

本気で独立・開業を目指される方は、

ぜひ『井上耕太起業塾』にお申込みください(^_^)★

17 件のコメント