2021年始、パーティーは【終焉】に近付いているのか??

今日のテーマは、『2021年始、パーティーは【終焉】に近付いているのか??』です。

 

 

日本国内でも、『新型ウイルス』を巡っての動向が、

ここに来て、海外並みの危機感を呈してきましたね。

 

 

首都・東京においては、

 

 

これまで『500人』程度でも多いとされた日内新規感染者数が、

年初から急騰し『2000人』を超えるまでの事態に発展します。

 

 

1月7日は、過去最高を更新する『2447人』。

 

 

遂に、

 

 

日本政府としても、『緊急事態宣言』の発動は免れることが出来ず、

東京、神奈川、千葉・埼玉に関して、宣言発令が正式決定しました。

 

 

しかし、

 

 

その影響は、該当する『首都圏』だけに留まらず、今後については、

『緊急事態宣言』発令エリアの、全国的な拡大が予想されています。

 

 

活動拠点とする『大阪』も、時間の問題でしょうね。

 

 

個人的には、

 

 

昨年末から新年にかけて、あれだけ『人』の流動性が抑制されて、

どうして、ここまで『感染再拡大』が加速しているのか疑問です。

 

 

恐らく、

 

 

『自覚症状無し:既感染者』の存在が1つの要因でしょうが、

ここまで来たら、集団免疫獲得まで根本解決は無さそうです。

 

 

昨今の状況を受けて、感染拡大地域の飲食店等は、

行政から、『時短営業』が再要請されていますね。

 

 

独断と偏見から語らせて頂くと、この対応も、

果たして、どこまで効果があるのか疑問です。

 

 

確かに、

 

 

『感染拡大を食い止める』という事も大切なのですが、

これ以上、『経済循環』を止めることで生まれて来る、

『新たな弊害』も、それはそれで、大きな問題だなと。

 

 

実際に、

 

 

『コロナ関連解雇・雇い止め』は、全国的に『8万人』を超えて、

今後についても、増加の一途を辿ることが予想されていますよね。

 

 

いや、

 

 

この『8万人』という数字も、本当は『氷山の一角』であり、

現実に、『職』を失っている人間は、何倍も存在しています。

 

 

『収入減少』『休職中』の方々まで含めると、数百万から、

『1000万人』超えのレベルで存在していると感じます。

 

 

発生から『約1年』が経過して、よもや、

このような事態に陥っているとは想像していませんでした。

 

 

『第一波・第二波』襲来時、公式ブログで繰り返しましたが、

私たちは、歴史的にも『潮流変化』の転換点に生きています。

 

 

人生において、本当に『まさか』は存在するんですね。

 

 

しかし、

 

 

前述の通り、『実体経済』が危機的な状態にあるにも関わらず、

連日連日、『株式市場』は力強く続伸しながら進んでいきます。

 

 

日本時間昨夜、

 

 

米国市場・代表指数『NYダウ平均株価』は、底堅く推移して、

一時『3万1000ドル』に迫る水準まで上昇していました。

 

 

昨日、

 

 

『暗号資産(仮想通貨)』をテーマとして記事を展開しましたが、

そのボラティリティ(変動幅)に近いものが、存在していますね。

 

 

また、

 

 

冒頭ご紹介した『緊急事態宣言』の再発動をよそに、

『日本市場』も、前日比として大きく上昇して推移。

 

 

代表指数・日経平均株価は『2万7,490.13円』で取引終了し、

平成元年に体験した、『バブル期』以来の水準を取り戻しています。

 

 

恐らく、

 

 

『資産形成(投資)』にあまり明るくない方からしたら、

『何が何だか、全く分からない』という状況ですよね(笑)

 

 

『直近の動向』だけを切り取れば、相場のすべてが、

『ギャンブル』に見えてしまう可能性すら有ります。

 

 

市場上昇の要因は、

 

 

これまで、公式ブログで、繰り返しご紹介して来ましたが、

世界各国が異次元レベルの『金融緩和』を実行している為。

 

 

要は、

 

 

『貨幣価値』が継続的に下落しつづけている状況なので、

結果的に『数字上の株価』が上昇しているだけなのです。

 

 

それでも、

 

 

市場参加者(投資家)としては、利益確定していないにせよ、

『含み益』が増大する状況にあることは、気持ち良いですね。

 

 

果たして、

 

 

『新型ウイルス』が完全収束し、経済活動が復活した暁には、

どこまで『投資市場』が高騰するのか、夢は膨らみ続けます。

 

 

しかし、

 

 

『途中過程』とは言え、『実体経済』から大きく乖離して、

続伸し続ける市場に『警鐘』を鳴らす人物も出て来ました。

 

 

米国資産運用会社GMOグループ共同創始者、ジェレミー・グランサム氏です。

 

 

現在、

 

 

『82歳』を迎える同氏は、『半世紀』に迫る相場人生を通して、

『歴史的イベント』も、実際体験した人物として知られています。

 

 

同氏は、

 

 

現在の市況を『ヒステリックに投機的』と悲観的に捉えており、

米株市場の現状を『本物の壮大なバブル』とまで言い切ります。

 

 

また、

 

 

報道メディアのオフィシャルなインタビューの場においては、

『歴史家として、バブル末期の確信が深まりつつある』とも。

 

 

過去に、何度もご紹介してきた『投資の格言』が有ります。

 

 

『素人が会場に入ったら、パーティーは終焉する。』

 

 

暗号資産(仮想通貨)市場と同様、伝統的な投資市場でも、

『その時』を迎える日が近付きつつあるかも知れませんね。

 

 

私自身、

 

 

『暴落』の日を正確に予測できない為、市場を退出はしませんが、

『一時的な下落』に対しては、準備を進めて良いかも知れません。

 

 

長期的な視点で『資産形成』に臨むにあたっては、

『痛み』を受け入れることも大切なポイントです。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■1/27(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■1/28(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■1/27(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■1/28(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

24 件のコメント

  • ciproxin

    2021年始、パーティーは【終焉】に近付いているのか?? | 井上耕太事務所 公式サイト

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile