【投資の神様】も攻め倦ねる、今年の【景気動向】はどうなるか??

今日のテーマは、『投資の神様も攻め倦ねる、今年の景気動向はどうなるか??』です。

 

 

5月に入り、有名企業の『株主総会』が本番を迎えましたね。

 

 

昨年から引き続き、『コロナ禍』がもたらした怪我の功名か、

多くの企業が『オンライン化』して参加し易くなっています。

 

 

昨日(5月12日)は、ソフトバンクGの株主総会を視聴しました。

 

 

今や、

 

 

日本一どころか、世界を代表する実業家に登り詰めた、

孫正義さんのプレゼンを聴講する機会は稀ですからね。

 

 

ネットニュース等でも配信されていた為、ご存知の方もいますよね。

 

 

2021年3月期、ソフトバンクGは純利益『5兆円』に迫り、

これまで、TOYOTA自動車が保有していた国内最高記録を更新。

 

 

更に、

 

 

この数字は、米国・アップル、サウジアラムコに続く世界3位と、

名実共、世界の『トップ企業』に仲間入りを果たしたと言えます。

 

 

総会冒頭、

 

 

孫社長は、昨年度における好業績(純利益5兆円)に対して、

『たまたまの、たまたまが重なった。』と表現していました。

 

 

ただし、

 

 

これは、好業績に対する『謙遜』という意味合いだけではなくて、

孫社長の『本心』も、遠からず素直に表現していると想像します。

 

 

何故なら、

 

 

ソフトバンクGは、今や、いち通信事業を展開する企業ではなく、

『ユニコーン』と表現される『投資会社』へと変貌しているから。

 

 

実際、

 

 

今回公表『純利益:約5兆円』の内、スタートアップ投資に関する、

ビジョンファンド授業に由来するものは『4兆円』を超えています。

 

 

実に、グループ全体:純利益の『7割超』を占める計算ですね。

 

 

もしかしたら、

 

 

未だ、『携帯会社』の一選択肢と認識する人もいるかもですが、

それだけでは『年間5兆円』もの巨額純利益は生み出せません。

 

 

まさに、

 

 

投資の神様『バフェット』が最高責任者を務める、伝説の投資会社、

『和製・バークシャー・ハザウェイ』という言葉がぴったりですね。

 

 

2020年度の『最大瞬間風速』としては、

本家をも凌駕する数字を叩き出しています。

 

 

その本家、

 

 

『米国・バークシャー・ハザウェイ』も、バフェット氏自ら登壇し、

今月初め(5月1日)に『オンライン株主総会』を開催しています。

 

 

その中で、

 

 

世界トップ企業『株式時価総額』ランキングを示して、

直近30年間の『変遷』を比較する場面がありました。

 

 

バフェット氏が伝えたかったのは、

 

 

首位グループの時価総額は、30年間で『約20倍』に到達し、

『現代版:資本主義経済』が、非常にうまく機能していること。

 

 

これにより、

 

 

『資産運用(投資)』という行動が、21世紀においても、

とても『合理的手段』であることを改めて証明しています。

 

 

完全に余談ですが、

 

 

バフェット氏が示した、約30年前(1989年)という年は、

実に、第1位から第4位まで、日本企業が最上位ランクを独占。

(*日本興業銀行、住友銀行、富士銀行、第一勧業銀行。)

 

 

更に、

 

 

カウントから除外されていた『日本政府保有株』まで含めると、

全体1位は『NTTグループ』になる為、実質トップ5独占です。

 

 

それが、

 

 

『30年間』以上の時間が経過した、2021年3月期においては、

トップ5どころか、トップ30に日本企業は1社も入って来ません。

 

 

『栄枯盛衰』という言葉は、この状況を示しますね。

 

 

本題から外れる為、話題展開はここで終わりです(笑)

 

 

前述、

 

 

世界経済の拡大から、『投資』の合理性を説いたバフェットですが、

その言葉とは裏腹に、バークシャー社の手元資金は積み上がります。

 

 

要は、『現金保有』が増えているということ。

 

 

実際、

 

 

昨年、同社の手元資金が『1500億ドル』に迫ったことが、

世界的にも話題となり、注目を集める場面がありましたよね。

 

 

日本円換算で『15兆円』を超える、超巨額資金です。

 

 

海外諸国においても、

 

 

歴史的超低金利を極める時代、現金(それに準じる短期債権)保有は、

『経済的合理性』から逸脱した行動であるという認識は、おなじです。

 

 

その中で、

 

 

バークシャー社が『1500億ドル』もの現金保有を続けることは、

投資の神様『バフェット』すら、攻め倦ねていることを証明します。

 

 

1つは、

 

 

昨年誕生した『バイデン新政権』が推し進めようとする世界が、

投資家にどのような影響を与えるか、測り兼ねているという点。

 

 

株主総会の場、

 

 

バイデン政権下における『インフレ見通し』について聞かれると、

『全く分からない』と、素直に、回答していることが物語ります。

 

 

その上で、

 

 

(想定外の事象が起きても)『凡ゆる可能性』に対して、

対応できるよう『準備』を進めておくことが大切だとも。

 

 

一時期の『高揚感』が漂う市場を経て、直近数日間ほど、

日本・米国とも、一旦『調整』が入る場面が見られます。

 

 

先週、

 

 

『3万5000ドル』の大台を突破して、過去最高値を更新した、

『NYダウ平均株価』も、5月12日付終値はピークから5%下落。

 

 

同様に、

 

 

一時期、30年ぶりの『3万円台』を回復していた日経平均も、

10%程下落して『2万7000円台』中盤を推移しています。

 

 

もちろん、

 

 

一時的な『調整』に、一喜一憂する必要は全くありませんが、

2021年が、難しい局面へと突入していることは確かです。

 

 

コロナ禍、『気にしなければならない事』は沢山ありますが、

ぜひ、『投資市場』にも、目と気を配って頂けたら幸いです。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■5/26(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■5/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■5/26(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■5/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile