【世界経済】回復の見極めポイントは、【金利】が握る。

今日のテーマは、『【世界経済】回復の見極めポイントは、【金利】が握る』です。

 

 

昨日、一昨日の公式ブログでは、

 

 

『2021年以降に潜む、米国経済失速の兆し』と題して、

現状、堅調に推移する米国市場に潜む『リスク』をご紹介しました。

 

 

連休の為、休場している『日本市場』に先行する形で、

一足早く、今週の『米国市場』が今晩スタートします。

 

 

そこで、

 

 

『資金供給抑制』と『新型ウイルス感染拡大』を折り込み、

米国市場がどのように『レスポンス』するか、見ものです。

 

 

仮に、

 

 

短期的な『経済減速』を悲観して、大幅下落しようものなら、

明日の『日本市場』も、大きな影響を受ける事が予想される。

 

 

全国的に、

 

 

【Go Toトラベル】の運用に暗雲が立ち込めている状況もあり、

今3連休は、滑り込みで観光を楽しまれた方々も多いですよね。

 

 

恐らく、

 

 

全国的にも、『行楽ムード』が漂っていると予想しますが、

大事な局面なので、ぜひ、今晩注目して頂けたら幸いです。

 

 

21世紀に入り、

 

 

20世紀までの『ロジック』を無視する形で膨張する世界経済ですが、

その影響因子については、近年、判断別れる場面が散見されています。

 

 

例えば、

 

 

今月初旬、世界的に注目を集めた『米国・大統領選挙』ですが、

実質的に、『政権交代』が起こった局面においても、

株式市場は、『無風』とも言える状態で推移し続けていました。

 

 

4年前、

 

 

下馬評を覆して誕生した、現・トランプ政権ですが、

その誕生時、『乱高下』した記憶を振り返ったとき、

今回の無風状態には、少し『違和感』を覚えますね。

 

 

しかも、

 

 

『バイデン新政権』の誕生は、大勢の予想を覆す結果であり、

背景状況としても、4年前のそれとは酷似しているのにです。

 

 

『ここで動かなければ、いつ動くねん!』というタイミングです。

 

 

私たちは、何を『指標』にすれば良いのでしょうか??

 

 

この問いに対して、

 

 

最近では、再び、『金利』という指標への注目が高まりつつあります。

 

 

直近5年間を見ても、

 

 

世界経済は、『異次元』とも言える超低金利の時代を経験しており、

その結末がどのようなものになるのか、未だ、全く見えて来ません。

 

 

実際、

 

 

米国・新発10年国債の利回りも、以前3%近くあったものが、

『1%』の基準を割り込むようになってから、久しいですよね。

 

 

この辺り、

 

 

『お金を借りたら、適切な金利を付けてから返す』という、

金融業界の『大原則』が、ひっくり返されている状況です。

 

 

それは、

 

 

日本経済についても『言わずもがな』であるのですが、むしろ、

日本国は『異次元低金利』の世界でも超先進国に分類されます。

 

 

何せ、4年前の長期債権利回りは『マイナス』でしたからね(笑)

 

 

その状況(条件)で、どのような人物が購入するのか、

ロジック立てて説明できる方は、誰か教えてください。

 

 

確かに、世界で唯一『日本円』の価値が高まれば別ですが、

その生起確率は、限りなく低い事象だと認識をしています。

 

 

話を戻すと、

 

 

前述、大統領選のクライマックスでも反応しなかった株式市場が、

先日、米国・長期債権の金利上昇局面で、明らかに反応しました。

 

 

一般的に、

 

 

リセッション(景気後退)の影響を受けにくいとされて、

近年の主役を張ったのが、『テクノロジー関連株』です。

 

 

しかし、

 

 

前述局面では、景気敏感株とされる『エネルギー関連株』に、

一時的に、その座を奪われるという状況が生まれていました。

 

 

具体的には、

 

 

『年率0.6%台』まで落ち込んでいた、米国長期債利回りが、

『年率0.8%台』まで上昇したことがトリガーと言われます。

 

 

それでも、

 

 

まだまだ『1%』を割り込む『超低金利』には変わりませんが、

『0.2ポイント』の上昇は、市場の評価基準としては十分です。

 

 

昨日までもご紹介した通り、

 

 

基本的に、短期的な世界経済は『悲観シナリオ』であり、

2021年以降も、暫くの期間は、苦戦を強いられます。

 

 

そして、

 

 

世界各国は、その局面を『資金供給量』の増加で乗り切ろうとしますが、

その対症療法の副作用が、『実体経済』の状況を分かりにくくさせます。

 

 

その時、

 

 

今後の『金利動向』が、重要指標になると考えられており、

目視可能な『イベント』が無くとも、判断指標となり得る。

 

 

いずれ、

 

 

現在のような『異次元低金利時代』は終焉すると予測しますが、

それが適正水準に向かい始めた時が、潮流変化のポイントです。

 

 

『米国・大統領選挙』とか、どこかの国の『戦争』とか。

 

 

顕在化して、分かり易いイベントでは無いかも知れない。

 

 

次回、『世界経済』が動く時は、人知れず、静かに『金利』が動く時です。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■11/27(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■11/27(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile