人は、【未知なるもの】に対して、【恐怖心】を抱いてしまう。

今日のテーマは、『人は【未知なるもの】に対して、【恐怖心】を抱いてしまう』です。

 

 

『新型コロナ・ウイルス』の感染拡大が、止まりませんね。

 

 

直近では、

 

 

日本における、1日での新規感染者も『1000人』を超えて、

国内の現在感染者数も『1万3000人』を突破して来ました。

 

 

この数字は、

 

 

今春、大都市圏から始まり、47都道府県へと拡大した、

『緊急事態宣言』発令下のものより、断然多い数字です。

 

 

基本的に、

 

 

気温も下がり、人間の免疫力も低下し、空気も乾燥する冬季は、

春季・夏季と比較して、『感染症』の流行が起こりやすいもの。

 

 

また、

 

 

マークすべき感染症も、『新型コロナ』以外に存在しており、

それらとの『同時感染』も、リスクとして考えられています。

 

 

自然に考えれば、これまで以上の『感染拡大』が起こるでしょうね。

 

 

いくら注意しても、『完全』は有り得ないので、致し方ない事です。

 

 

世界に目を向けると、『日本』以上に深刻な状況の国もあります。

 

 

『第一波』『第二波』とも、世界最大の龍広告となった『米国』は、

現在、1日での新規感染者数が『15万人』を突破する異常事態に。

 

 

また、

 

 

累計感染者数『1100万人超』も、世界全体の『5分の1』を占めており、

累計死者数『約25万人』も、残念ながら、『世界ワーストを』記録します。

 

 

更に、

 

 

深刻なのは、『感染大国』が軒を連ねる欧州エリアで、

感染拡大地域は、再び『ロック・ダウン』する動きも。

 

 

もともと、

 

 

『先進国』という位置付けながら、『貧しい国家』だった南欧では、

経済活動の減速に伴い、『絶対的貧困層』の増加も問題視されます。

 

 

例えば、

 

 

『南欧』を象徴する国家である『イタリア』においては、

『コロナ前』の時点でさえ、国民の『約8%』にあたる、

『500万人規模』の貧困層が存在すると言われました。

 

 

日本以上に、

 

 

『観光産業』の寄与度が高い同国では、コロナ禍により、

前述の『絶対的貧困層』増大が社会問題と化しています。

 

 

もともと、

 

 

大半が『貯蓄』などという概念すらない国民性でしょうから、

『保有資産ゼロ世帯』も、全土で広がっていることでしょう。

 

 

しかし、

 

 

私が、今日の『公式ブログ』を通して述べたいことは、

新型ウイルス感染拡大でも、貧困層増加問題でもなく、

現在の状況が『メディア』により作られたパンデミックということです。

 

 

既に、

 

 

多くの聡明な専門家の先生方々も、情報発信されている通り、

『新型コロナ』自体は、取り立てて騒ぐものでは有りません。

 

 

幸いなことに、

 

 

私も含めて、友人・知人には既感染者は存在しませんが、

クライアントにも多い医療関係者の方々からの情報では、

『通常の風邪』と考えて、まったく問題が無いのだそう。

 

 

確かに、

 

 

日本全国での累計感染者数も『約12万人』にのぼり、

累計での関連死者数も『2000人』に迫っています。

 

 

また、

 

 

世界全体に目を向けると、累計感染者数は『5500万人』に迫り、

累計の関連死者数は『130万人』という数字を突破して来ました。

 

 

このような数字を列挙すると、『過敏』に反応してしまいますよね。

 

 

しかし、

 

 

では、これが『インフルエンザ』ならどうなるかと考えると、

『累計感染者数』『死者数』とも、天文学的倍率になります。

 

 

仮に、

 

 

『日本国内』という一部地域に限局して考えても、

『大流行』と表現される年においては、1年間で、

死者数が『1万人超』を記録する年も多々あります。

 

 

では、

 

 

『インフルエンザ大流行』が、メディア報道される年において、

『緊急事態宣言』が発令され、『経済活動』ストップするのか??

 

 

この質問に対する問いは、明確に『NO』ですよね。

 

 

何故なら、

 

 

『インフルエンザ・ウイルス』は、過去から知られた存在であり、

どれだけ猛威を奮おうとも、リスクは過大評価されないからです。

 

 

対して、

 

 

『新型コロナ・ウイルス』は、今年、新たに発生したものであり、

メディアを通した『報道映え』もした為、過剰にリスク喚起され、

人類に対して、強い『恐怖心』を植え付けてしまいました。

 

 

基本的に、

 

 

人間は、『未知なるもの』と遭遇すると『恐怖心』を抱いて、

その結果『行動抑制』するプログラムが書き込まれています。

 

 

『新型コロナ・ウイルス』の事例も、その典型ですよね。

 

 

現在の状況において、

 

 

日本政府も、『経済活動』を抑制する施策は講じていませんが、

その背景にある要因は別として、私もそのスタンスに賛同です。

 

 

再び『経済活動』を止めるようなことがあれば、

今度は『経済的要因』による死者数が増大する。

 

 

既に、

 

 

そのサインは『国内自殺者数』の増加により示されますが、

雇用環境の悪化等を考えれば、暫く、影響は続くでしょう。

 

 

確かに、

 

 

『リスク』を楽観視することは、何事を通しても望ましくなく、

『過度な楽観視』は、物事の『致命傷』になる場面もあります。

 

 

しかし、

 

 

同様に、『過度な悲観』も致命傷に至るケースも多く存在しており、

私たちは、今、そのことを『新型ウイルス』を通して学んでいます。

 

 

これから、冬季の『流行拡大』が自然に予想されていますが、

それでも、『経済活動』は、絶対にストップしてはならない。

 

 

物事の『本質』を見抜くことができる『眼力』を、

いつの世も、持ち合わせていたいものと考えます。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■11/21(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■11/27(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■11/21(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■11/27(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile