【富】のトレンドを表す、【エレファント・カーブ】を知っていますか??

今日のテーマは、『【富】のトレンドを表す、【エレファント・カーブ】を知っていますか??』です。

 

 

時間も遅くなってしまったので、少しだけ。

 

 

今日から『2月』がスタートしましたね。

 

 

先日、始まったばかりの『2021年』も、

あっという間に『1ヶ月』が経過しました。

 

 

うかうかしていたら、一瞬で『時間』は過ぎてしまいます。

 

 

有限かつ、最重要資産である『時間』を意識しながら、

日々、重要事項を優先して、生きていきたいものです。

 

 

当初、

 

 

1ヶ月の予定でスタートした『緊急事態宣言』も、

さらに1ヶ月延長される公算が高まって来ました。

 

 

直近、

 

 

大都市圏での『新規感染者数』は減少傾向にありますが、

季節的にも、まったく油断は出来ないシーズンですよね。

 

 

勿論、

 

 

日本政府としては、未だ、五輪開催も見据えるでしょうから、

ここで、事を急(せ)いて、感染再拡大は避けたいものです。

 

 

果たして、

 

 

国内感染者数の抑制が、開催判断に繋がるかは疑問ですが、

少なくとも、『ネガティブ要因』ではないことは確かです。

 

 

宣言延長は、

 

 

飲食店、商業施設等にとっては、死活問題に直結しますが、

日本政府としても『苦肉の策』というのが本音と考えます。

 

 

春も近付き、

 

 

先日(1月26日)開催の労使フォーラムを皮切りに、

2021年度の『春季労使交渉』もスタートしました。

 

 

前述の通り、

 

 

日本経済全体として、『新型ウイルス』の影響を受けますから、

来年度については、流石に『一律賃上げ方針』は見送りました。

 

 

しかし、

 

 

2014年から続く(?)『賃上げモメンタム』を維持する為、

日本政府は、業績堅調企業には『積極的対応』を求めています。

 

 

それでも、

 

 

現時点、連合から求められる『2%程度の賃上げ』について、

経団連全体として、達成は『現実的でない』と見られますが。

 

 

確かに、

 

 

国内経済活性化のためには、『賃上げ』は最重要事項ですが、

実現によって、組織母体が傾いては『本末転倒』と言えます。

 

 

一般的には、

 

 

大企業中心に、『内部留保』の溜め込みを指摘する声もありますが、

『ゴーイング・コンサーン』至上命題の企業では、その行動は当然。

 

 

日本政府はじめ、

 

 

『経営者』という立場にない方が考えるように簡単ではなく、

『お金があるから、使う』では、大企業は潰れてしまいます。

 

 

その点、双方に『相互理解』が必要だと感じますね。

 

 

ところで、

 

 

2020年、突如出現した『新型ウイルス』如何に関わりなく、

直近30年間、日本は世界でのプレゼンスを失いつつあります。

 

 

実際、

 

 

先日、開催された『労使フォーラム』においても、

OECD加盟国内での『日本国』の賃金低下傾向と、

GDP(国内総生産)シェア低下が指摘されました。

 

 

前者は、

 

 

先進諸国内でも『平均賃金』で約1.5倍の開きがあると指摘され、

後者は、最盛期『15%』から『6%』に下落したと言われます。

 

 

分かり易く、プレゼンス(存在感)が低下しています。

 

 

【エレファント・カーブ】

 

 

各国の『所得分布』と『所得の伸び』を表す相関グラフの事で、

エレファント(象)の形に似ていることから、そう呼ばれます。

 

 

意味するところは、

 

 

直近30年間、著しい所得(保有資産)上昇を経験したのは、

『先進国富裕層』と『途上国中間層』に限られるというもの。

 

 

つまり、

 

 

『一億総中流』の言葉で表現される『日本国民』をはじめ、

先進国中間層に位置する人間は『恩恵』を受けなかったと。

 

 

悲しい哉、『現実』を表していると考えます。

 

 

加えて、

 

 

先進諸国は、共通して『少子高齢化』の課題を抱えますから、

必然、社会保障(年金制度)の維持について疑問が残ります。

 

 

むしろ、

 

 

2021年における『五輪開催』と同様、一般的には、

『懐疑派(否定派)』が多いのではないでしょうか??

 

 

なかなか、厳しい状況が続いています。

 

 

もしも仮に、

 

 

万事がうまく進み、新型ウイルス問題が解決しても、

『日本』を取り巻く課題の山積みは、変わりません。

 

 

現時点、

 

 

『緊急性』が、そこまで求められていないからこそ、

そういった時期からの『準備』が有効だと考えます。

 

 

人間の本質として、そういった場面では、

気付けない『弱さ』も理解していますが。

 

 

何かしら、感じてもらえるものがあれば幸いです。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■2/24(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*『緊急事態宣言』延長の際は、オンライン切換の可能性があります。

 

■2/25(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■2/24(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*『緊急事態宣言』延長の際は、オンライン切換の可能性があります。

 

■2/25(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile