あなたは、最も危険な【4つの単語】を知っていますか??

今日のテーマは、『あなたは、最も危険な【4つの単語】を知っていますか??』です。

 

 

久しぶりに、冒頭1つの質問から入らせて頂きます。

 

 

あなたは、最も危険な【4つの単語】を知っていますか??

 

 

タイトル通りですね(笑)

 

 

どうでしょうか??

 

 

皆さん、その『回答』を知っていますか??

 

 

先日、

 

 

月初開催した『クライアント限定セミナー』のテーマとして、

『投資詐欺を見抜く!』旨のものを扱ったとお伝えしました。

 

 

恐らく、想像される以上に、巷には溢れています。

 

 

しかし、

 

 

私自身が、『投資詐欺』と表現している案件については、

ほぼ9割がた、厳密には『投資詐欺』に分類されません。

 

 

何故なら、

 

 

私の定義が、『最初から理論破綻しているもの』であるのに対して、

法律上『目論見が外れたら仕方ない』と解釈されるものが多いから。

 

 

決して『金融』に限らず、

 

 

凡ゆる物事には『白』『グレー』『黒』の3分類が存在しますが、

要は、『グレー』と判断されるものは、裁けない位置にあります。

 

 

『疑わしきは、罰せず』という言葉が、示している通りです。

 

 

『ビジネス』が絡んでくるものなど、その最たる例ですよね。

 

 

直近数年間であれば、

 

 

『高級会社シェアリング・サービス案件』もありましたし、

東京都内で展開する『シェアオフィス案件』もありました。

 

 

実際、

 

 

どんなに管理が杜撰で、理論が破綻している案件であっても、

法律上は、両者ともに『投資詐欺』とは判断されていません。

 

 

後者については、

 

 

金融機関が絡んだ『不正融資』部分が問題視はされましたが、

『シェアハウス事業』部分は、算段が違ったという扱いです。

 

 

一般の方々は、果たして、どこまで理解しているでしょうか??

 

 

こういった案件に巻き込まれた(?)場合、出資してしまっても、

間違っても、大人の社会では『同情』してくれる人など居ません。

 

 

当然、

 

 

あなたが出資した『大切なお金』は、戻って来るはずもなく、

最終的に、『泣き寝入り』して終焉を迎えることになります。

 

 

さらに酷い場合は、『借金』までも背負うことになりますね。

 

 

勿論、

 

 

出資を募った『仕掛け人』サイドも、その世界のプロですから、

きちんと研究して『投資詐欺』と判断されない手法を画策する。

 

 

セミナー受講者の方で、

 

 

『世の中、そんなこと考える悪い人がいるんですか??』と、

質問された方もいますが、『当然に居ます』と回答しました。

 

 

本当に、私の顧客になる方々は、人間性含めて『質』が良いです。

 

 

ただし、

 

 

『人間性が良い人』ほど、違うことを知らない人も多いので、

『相手の戦法』を知り、防御能力を習得する必要があります。

 

 

何故なら、

 

 

『経済的基盤』を築くことに成功したら、それと並行して、

保有資産を『保全』することも、重要項目になりますから。

 

 

それで、

 

 

今回、セミナー受講して頂いた方々の中には、残念ながら、

過去に、そのような案件に出資してしまった人もいました。

 

 

私が、

 

 

『投資詐欺を見抜くポイント』をお伝えすると、凹まれましたが、

『過ぎ去った過去』を嘆いても、建設的な事は1つもありません。

 

 

だからこそ、

 

 

きちんとした知識・情報を得て、自ら『判断基準』を持って、

今後、同じ場面に出くわした際、見抜ける能力が必要になる。

 

 

すべての思考は、『未来』に視点を向けられるのが理想です。

 

 

前述の方も、励ますことで、正気を取り戻されましたが、

次に発された言葉が気になり、即訂正させて頂きました。

 

 

『今後、さらに良い案件に出会えるかも知れませんものね!』

 

 

『だから、その一発逆転思考を捨ててください』、と(笑)

 

 

投資の世界で有名な、最も危険な【4つの単語】があります。

 

 

冒頭でも質問しましたが、ご存知の方はいらっしゃいますか??

 

 

【This Time Is Different:今回だけは違う】

 

 

この思考が頭を過ったら、皆さんも、注意してください。

 

 

『投資詐欺』について、

 

 

ここでは詳しく説明することはしませんが、私から見れば、

100年前から、『騙しの手法』は全く変化していません。

 

 

その時代ごと、

 

 

『投資対象』はトレンドを組み込むことが多いと感じますが、

『詐欺スキーム』の本質部分は『1つの方法』に集約します。

 

 

恐らく、

 

 

そういった対象に出会った時に、騙されるサイドの方々も、

意識・無意識関わらず、『違和感』は感じているはずです。

 

 

もしかしたら、

 

 

過去、同様の手口に引っ掛かった方もいるかも知れないし、

親族・友人・知人の例として、聞かれた方もいるでしょう。

 

 

にも関わらず、

 

 

【This Time Is Different】思考が頭を過ってしまうことで、

本質的には『古典的手法』に、騙されてしまうことになります。

 

 

もう1つ、『同類の言葉』もありました。

 

 

【I will never be fooled:私だけは大丈夫】

 

 

オーバー・コンフィデンス・バイアス(自信過剰)な人も、多いですね。

 

 

このフレーズが『思考回路』の根底にある方々も、

騙すサイドの人間からしたら完全に『カモ』です。

 

 

皆さん、大丈夫でしょうか??

 

 

常に、自分自身に対して『客観的視点』を持ちながら、

物事を、冷静にジャッジする習慣を身に付けましょう。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■5/26(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■5/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■5/26(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■5/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile