あなたは、【赤信号みんなで渡れば】の精神で生きてませんか??

今日のテーマは、『あなたは、赤信号みんなで渡ればの精神で生きてませんか??』です。

 

 

先日、理由あって大衆系居酒屋に行った時のこと。

 

 

隣で語らい合う会社員の会話が聞こえて来ました。

 

 

どうやら、テーマは『マイホーム購入』について。

 

 

どういう思考回路か理解できませんが、それぞれ、

自らの『経済的窮状』を自慢し合っているのです。

 

 

『嫁さんの意見に押されて、住宅購入を決断した。』

 

 

『住宅ローンにより、自らのお小遣いは減少する。』

 

 

『そこまでして手にしても、立派なものと程遠い。』

 

 

『更には、ローン完済する時期に70歳を迎える。』

 

 

独立系FPの視点から見て、相当、壊滅的な状況です。

 

 

因みに、私の顧客さんには、存在し得ない人種です。

 

 

それで、

 

 

興味があったので、そのまま聞き耳を立てていると、

最終的に出た結論に、腰を抜かしそうになりました。

 

 

隣席の4人の会社員が、2時間話し合って出た結論。

 

 

それは、『何とかなる』という衝撃的な結末でした。

 

 

『みんな(誰?)同じようなことを実行している。』

 

 

『でも、何とかなっているから、俺たちも大丈夫!』

 

 

このような『お馬鹿さん』が量産化されているため、

今後の日本は、歴史的な経済格差が拡がるのだなと。

 

 

『赤信号、皆で渡れば怖くない!』を地でいく戦略。

 

 

現実世界では、(特に海外では)確実に轢かれます。

 

 

それでも、

 

 

和を以て尊しとなす、超越した平和思想の日本人は、

未だ、その思想が機能していると考えているのです。

 

 

あなたも、その思考回路に支配されてませんか??

 

 

本題に入ると、

 

 

年の瀬が迫り、世間的に多忙を極める時期ですが、

来年(22年)度予算案の成立報道がありました。

 

 

ご存知の通り、

 

 

一般会計総額は『107兆5964億円』に上り、

前年比較で約1%増、10年連続過去最高を更新。

 

 

もちろん、

 

 

来年度も、何度か『補正』しながら進みますから、

歳出総額は、これ以下の数字になる事ありません。

 

 

対して、

 

 

歳入となる税収は、当初予測より増加したものの、

年度全体で『65兆2350億円』を見込みます。

 

 

つまり、

 

 

足らずを『国債発行』により賄っていく訳ですが、

現時点、それは『36.9兆円』を計画しています。

 

 

これ(国債発行額)については、2年ぶりの減少。

 

 

また、

 

 

対一般会計の『公債依存度』も34.3%に留まり、

これについてはポジティブな論調も存在している。

 

 

しかし、

 

 

そもそも大原則として『国家運営』というものは、

『税収』の範囲内で、実行されるべきであるもの。

 

 

この辺り、

 

 

私たち一般家庭の国民が『世帯収入』の範囲内で、

毎月の『生活コスト』を賄う必要があるのと同義。

 

 

つまり、国債発行『最初の1円』から間違いです。

 

 

確かに、

 

 

国家運営は、個人より長期視点が必要な時もあり、

臨時の『国債発行』が、解決策になる場面もある。

 

 

ただ、

 

 

現在の日本国のように『借金体質』が慢性化して、

『国債発行』が常態化の現状は、完全に異常です。

 

 

前述の通り、

 

 

近年、歳出(一般会計)は100兆円超で推移し、

今後、暫くの間は、解決する兆しすら見えません。

 

 

何故なら、

 

 

政策経費(債務返済以外が該当)対前年比増加分、

4723億円の内9割を社会保障費が占めるから。

 

 

言葉を変えれば、

 

 

毎年、過去最高値を更新し続ける一般奇形予算は、

『社会保障費』の増大分ずつ伸びているという事。

 

 

そして、

 

 

『社会保障費』を構成するのは医療・年金なので、

構造的に21世紀の日本では解決しないからです。

 

 

書き進めていて、少しだけ、不安になりますよね。

 

 

決して、私自身の経済問題に対する不安ではなく、

皆さんが、健全な危機感を持たれるかの不安です。

 

 

中盤から展開してきたように、現在の国家運営は、

完全に『間違った方法』により展開されています。

 

 

こんな異常事態、未来永劫、決して続くはずない。

 

 

そして、

 

 

その事は、その国家運営が前提条件になっている、

『社会保障システム』の存続問題にも直結します。

 

 

この状況で、

 

 

冒頭に、ご紹介した会社員たちが辿り着いた結論、

『何とかなる』と考えてしまっては、相当ヤバい。

 

 

『投資』にも『ビジネス』にも通じる真理として、

『備えよ、常に』という有名フレーズがあります。

 

 

シンプルに、それを実行できれば問題ありません。

 

 

センス良く、将来の『リスク』に気付かれた方は、

『具体的アクション』を起こす事をお勧めします。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile