『世界のトップ』も同じだった★

今日のテーマは『世界のトップも同じだった』です★

『もっと効率的に価値を生み出したい!』という欲求は、

優秀な人であればあるほど感じるのではないでしょうか。

僕も、この欲求がもの凄く強い。

収入として跳ね返ってくるとか別問題にしても、

とにかく、無駄なことをやりたくないと強く感じます。

そして、大きな企業になればなるほど、

この『無駄な作業』は格段に増えていきます。

本当に大切なのは、直接価値を提供する顧客なのに、

多くの企業では、自分の評価者や株主のことしか見ていない。

『どこ見て仕事してんだ!』という感じです。

そして次に、もしかしたら世界のトップ集団は、

『常に価値を創造する仕事』だけをしているのでは?と考え出します。

それに応えてくれる本に、最近出合いました★

ムーギー・キム氏著の、

『世界のエリートの働き方を本にまとめてみた』です(^_^)

ムーギー・キム氏は著名な方ですが、

投資銀行、コンサル、プライベートエクイティで働いた経験を持ち、

MBAも取得と、まさに金融界の絵に描いたようなエリートです。

結論を言うと、『世界のトップも同じだった』です。

『バリュー思考』で有名なマッキンゼーでさえ、

アシスタント時代は雑務をこなし、

無能な上司のもとでは意味不明なデータ解析などもあるといいます。

また、投資銀行の働き方も、もちろんある程度優秀ではありますが、

問われるのは『激務』を耐えうる体力を持っているか、で、

何か圧倒的な『価値』を生み出している訳ではないようです。

僕はこの本を読んで、ある程度吹っ切れました。

それは、どこに行っても、どのポジションでも、

ある程度の『価値を生まない作業』は存在する、とわかったから。

これをわかっておくと、

『どこかに自分の求める場所があるのでは?』と、

エンドレスに『横の移動』をする浪費がなくなります。

純粋に、『縦の移動』に集中すればいいのです★

もし、こういったことで悩んでいる方がいたら、

今日のblogの内容を参考にしてもらえると幸いです(^_^)

234

6 件のコメント