『観光』も少しだけ①★

『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です★

香港ツアーでは、時間が空いたら観光もしてます。

『資産形成』に関してのミッションもありますが、

少し余裕をもった日程で行ってる(^_^)

何も遂行することなく帰ってきては、

ただの香港旅行に行ったのと変わりませんからね(笑)

それでも、ほぼ9割以上の日本人が、

ただ『観光』だけのために香港に行ってます。

景観は大阪・ミナミと変わりないし、

料理はやはり日本の方が美味しいです。

だから、この街にただ『観光』で行くのは勿体無い。

ぜひ、主目的は『資産形成』で行かれることをオススメします(^_^)★

今回は、初めて『香港大学』に行きました!

612

中心地:中環(セントラル)から3駅、

まさに『香港大学』という名の駅もあり、

駅直結のアクセスの良さにある大学です。

613

駅と大学とを結ぶエントランス。

行き交う『香港大学生』。

写真を撮りながら歩いていたので、

『あいつら、香大生ちゃうよな』という目で見られていた(笑)

向こうの人が『ホンダイ生』言うてるか知らんけど(笑)

614

日本の大学同様に、

かなりの部分が解放されていて自由に入れます。

僕達自身、大学生に戻った気分で、

『もう一度大学に戻ったら、何をする?』とか話しました(^_^)

615

香港大学自体はとても優秀な大学で、

世界大学ランキングでは東京大学と肩を並べます。

当然、そこに通う彼らも香港のエリート。

卒業後は様々な有望企業に就職しますが、

その筆頭に『HSBC香港』があることも事実です。

『HSBC香港』は、現地のNo.1企業なので。

人口700万人程度の街でこのレベルが成り立つ訳もなく、

おそらく入学者は中国本土や海外からも来てます。

夜の観光&お土産スポットは、

『九龍島』側に渡っての『女人街』です。

616

昼間は普通の街ですが、

夜になると長大な露店ストリートが出現します。

617

様々なお店がありますが、

どのお店の商品も『版権』的にはギリギリ、、、、

と言うか、実際はアウトです(笑)

618

メッシのユニフォームも怪しい(^_^;)

生地的にも、触ってみたらえらいペラペラです。

619

この辺も確実にアウト(笑)

でも、誰しも偽物とわかるアイテムなので、

逆にウケ狙いでお土産に買うのはアリかも知れません。

まあ、僕は日本の入国審査の時に、

止められるリスクは負いたくないので買いませんが(^_^;)

香港の公式ガイドブックとかにも載ってるエリアですが、

そこでこんな商品を堂々と売ってて良いのかな??

しかも、ほぼ全てのお店がこんな調子です。

中国本土は『コピー商品』は合法のようですが、

香港ではそのへんの規制はどうなのでしょうか??

もちろん、日本はアウトです!

皆さんはくれぐれも買わないようにね★

620

女人街を抜けて少し歩くと、

『金魚ストリート』なる街も出現します。

その名の通り、金魚店が並びます。

621

圧巻なのはその売り方で、

写真のようにパックされた金魚が大量に売られている。

この状態では酸素供給が出来ないので、

もったとしても2~3日だと予想されます。

毎日、新たにパックし直してるのか、

それとも、それを上回るスピードで売れているのか。

真偽は定かではありませんが、

日本ではなかなか見られない光景でした。

622

夜の『HSBC香港』本店のライトアップ。

下から見上げるとこんな感じです★

今後も香港渡航の際には、

少しずつ知らない街にも繰り出そうと思います(^_^)

39 件のコメント