『チュートリアル的な売れ方』★

今日のテーマは『チュートリアル的な売れ方』です★

芸人の『チュートリアル』です(^_^)

大阪の芸人には、オモロくなってから、

全国的に売れるまでに、かなり潜伏期間があります。

僕は、高校生の時からチュートリアルの漫才が好きでした。

もう14年ほど前のことです。

その当時から、チュートリアルはオモロかった。

でも、売れてませんでした。

M-1王者になるのは、7年後とかです。

でも、この潜伏期間があったからこそ、

その後もずっと売れ続けてるんやと思います。

この、『オモロいけど、売れてない』時期の間に、

徳井のあの変態感や、ヨギータが生まれました。

たぶん、そのままストレートに売れてしまったら、

そのへんの『引出し』を考えることもなかったので、

一瞬でさっとブームは終わったでしょう。

その反対の例として、いつも思うのは『オリエンタルラジオ』です。

彼らは、一発目の『武勇伝』が当たった!

でも、それが故に『引出し』を考える暇がなかった。

その後の『行き詰まり』はそのためです。

昨日の『より狭くやっていきます』のテーマでも書きましたが、

僕はより自然な『チュートリアル的な売れ方』を目指します。

今、自分の中では、潜伏期間5年目です(笑)

今、僕は『オモロいけど、売れ切っていない』時期です。

ただ、今が『井上耕太』の基礎になる。

昨日の続きにもなりますが、これからも『より狭く』、

『より自然な』形で売れていきたいと思います(^_^)

27

9 件のコメント