近い将来の【大幅下落】の可能性は、【米国市場】にも。

今日のテーマは、『近い将来の【大幅下落】の可能性は、【米国市場】にも』です。

 

 

昨日の公式ブログは、

 

 

『高騰し続ける【日本市場】に迫る、【大幅下落】の兆候』と題して、

近く迫る、『日本市場』大幅下落の可能性について、ご紹介しました。

 

 

繰り返しますが、

 

 

現在の『株式市場』は、歴史的にも『高値圏』で推移しており、

コロナ禍、混沌を極める『実体経済』も大きく乖離しています。

 

 

物事の道理としては、

 

 

この状況で『株式市場』が、大きく上昇する理屈は成り立たず、

金融緩和による『資金供給過剰』というポイントを考慮しても、

どこか、『違和感』を感じずにはいられない状況ですよね。

 

 

ただ、

 

 

日本国には『日銀』『GPIF』、2つの巨大な『鯨』が存在し、

政府の息がかかった彼らが、市場を力強く買い支え続けます。

 

 

昨日ご紹介した事例では、

 

 

ETF(上場投資信託)だけに限って見ても、日本銀行の目標値は、

『年間12兆円』というハイペースで買入れるようになりました。

 

 

また、

 

 

約7年前、『GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)』も、

『国内株式』保有割合の倍増(約25%)を決定しています。

 

 

その結果、

 

 

日本市場の『東証一部上場』で表現される大企業に対して、

『最大株主』を上記2組織が独占する珍事が起きています。

 

 

『アベノミクス』の言葉で表現される、第二次安倍政権の経済対策。

 

 

現与党・自民党は、『成果』を華々しく強調していますが、

『実際』の所は、金融緩和と自作相場により説明できます。

 

 

そして、

 

 

その『人為的』に作られた相場が、今後も続けば良いのですが、

『自然の摂理』から考えて、残念ながら、それは成立しません。

 

 

1つは、

 

 

前述『日本銀行』の保有資産は、決して『無尽蔵』ではなく、

未来永劫、現在ペースのまま買い込み続けられない事が理由。

 

 

更に、

 

 

現時点、たんまりと買い込んだ『国内株式』についても、

いつか、資産解消するタイミングは必ずやって来るはず。

 

 

そうなった時、

 

 

現在、日本市場が履かされている『下駄』も脱ぐことになり、

『実際の姿(実体経済)』が露わになることで真価が分かる。

 

 

その1つのサインが、

 

 

過去1年間:平均売買コストの指標として扱われる『200日線』で、

現状『日経平均株価』は、20%近く情報乖離する水準で推移します。

 

 

2020年末、一旦、大きな『調整』が入るかも知れませんね。

 

 

そして、

 

 

その『大幅下落』の兆候は、『米国市場』にも見て取れるという話です。

 

 

『成り立ち方』こそ違いがあれど、

 

 

現在の『米国市場』も、歴史的高値圏で推移しており、

その証拠に、代表指数『NYダウ30種平均株価』も、

『3万ドル』の過去最高値を突破する事態に至ります。

 

 

現状、

 

 

日内新規感染者数『20万人』ペースで増加する感染大国で、

どう考えても、この『評価』には違和感を感じますよね(笑)

 

 

勿論、

 

 

日本以上の『大規模:金融緩和』を推し進める同国において、

行き場を失った(?)巨大資金が、市場流入することも一因。

 

 

それに加えて、

 

 

市場全体に、将来に対する『楽観ムード』が充満することも一因で、

日本同様、高値圏推移する市場の『基盤』は、決して盤石ではない。

 

 

それは、市場を取り巻く『空気』にも現れています。

 

 

例えば、

 

 

例年であれば、自社株の『買込み優勢』で推移する米国マーケットも、

今年に限れば『自社株買い』の動向は、株式供給と同等に留まります。

 

 

近年では、

 

 

投資の神様:ウォーレン・バフェットすら活用する常套手法ですが、

直近の『高値圏推移』を受けて、大企業すら手出し出来ない状況に。

 

 

自社株の『株価安定』の為、

 

 

『オファー』と並行して『自社株買い』も敢行するのが常ですが、

株式発行する自らさえ、『高い』と判断する水準に達しています。

 

 

また、

 

 

シティ・バンク公表『センチメント指数(恐怖感・高揚感の対比指数)』も、

先週末『0.87』から週明け『1.10』に上昇し、警戒感が出て来ました。

 

 

実際、

 

 

同水準まで数値が高まった『8月』には、市場に調整が入っており、

市場参加者の『熱狂(高揚感)』が薄れつつあることを意味します。

 

 

ここまで、

 

 

『新型ウイルス』の感染拡大により、逼迫する『医療現場』と、

疲弊する『実体経済』と乖離して推移してきた世界の株式市場。

 

 

日本では、例年よりも『暖冬』で、過ごしやすい日々が続きますが、

年末にかけて、株式市場には『もう一波乱』あるのかも知れません。

 

 

『2020年』も、あと『20日間』ほどになりましたが、

最後まで、油断することなく市場を見守っていきましょう。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■12/22(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■12/23(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■12/22(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■12/23(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile