あなたは、テーブルの【どちら側】に座りたいですか??

今日のテーマは、『あなたは、テーブルの【どちら側】に座りたいですか??』です。

 

 

約20年前、

 

 

世界的ベストセラーになった『金持ち父さん 貧乏父さん』を、

読まれた経験ある方々は、タイトルの意味が分かると思います。

 

 

ご存知ない方もいらっしゃると思うので、

必要最低限の情報のみ整理していきます。

 

 

この世界的ベストセラーの著者は実業家の『ロバート・キヨサキ』、

名前からも察せる通り、日系人・4世のハワイアン(米国人)です。

 

 

彼自身、

 

 

実の父親は、学校教師(公務員)という職業に就き、

ハワイ州・教育委員会の副理事長にまで務めた人物。

 

 

当然、

 

 

『学校』という機関では『優秀』とされた人物でしたが、

『経済的観点』では、決して『優秀』とはほど遠い存在。

 

 

ロバートの実の父親は、残念ながら『貧乏父さん』でした。

 

 

対して、

 

 

親友・マイクの父親は、『学業』観点でドロップ・アウトしながらも、

わずか一代で帝国を築き上げ、ハワイ州トップ級の『お金持ち』です。

 

 

そう、

 

 

親友・マイクの父親こそが、書籍タイトルでいう、

『金持ち父さん(Rich Dad)』その人なのです。

 

 

そして、

 

 

ロバート・キヨサキ自身、幼少期から、2人にの父親に囲まれ、

まったく『正反対のアドバイス』を受けて、育って来たのだと。

 

 

簡単な説明ですが、伝わっているでしょうか(笑)

 

 

両者の『意見の違い(正反対さ)』を表すエピソードは、

書籍中で数多く示されている為、全て紹介し切れません。

 

 

ただ、

 

 

タイトルに採用した『テーブルのどちら側に座るか??』も、

私自身にとって、とても『印象深いエピソード』の1つです。

 

 

事実、15年ほど前に読んだ話を、未だに覚えていすのですから。

 

 

ある時、

 

 

金持ち父さんは、ロバートに『一緒にいなさい』と提案し、

自身が経営する会社の従業員達との面談に、同席させます。

 

 

そこで、

 

 

順次、従業員らが入室して、テーブルの【あちら側】に座り、

自ら行使できる『権利』について、捲し立てる光景を見ます。

 

 

そして、終わった時に言うのです。

 

 

『テーブルのどちら側に座るかで、そもそも、使う言葉が違う。』

 

 

『もしも、事業家として生きたいのならば、

 そうなるように生きなければいけない。』

 

 

同じような事例で、次のようなエピソードも有ります。

 

 

将来、

 

 

『お金持ち』になりたいと考えたロバートと、親友・マイクは、

マイクの父親『金持ち父さん』に教え・アドバイスを求めます。

 

 

その流れで、

 

 

『金持ち父さん』がオーナーを務める小売店に通い、

『無給・無償』でアルバイトをすることになります。

 

 

当然、

 

 

(給与という意味での)『対価』はまったくのゼロですから、

ロバートもマイクも、そこでの経験は全く楽しく有りません。

 

 

遂には、

 

 

ロバートの父親までもが、『それは、不当雇用だ!』と騒ぎ出し、

ロバート自ら、『金持ち父さん』の元に異議申し立てする事態に。

 

 

私自身、

 

 

当時は『会社員』の立場で、思考回路もそのものだった為、

『金持ち父さん』の言葉は、意味が分からなかったですね(笑)

 

 

それこそ、

 

 

テーブルの【どちら側】に座るかで、見えている景色は異なる為、

ロバートや、貧乏父さんの言葉の方が、しっくりと来たものです。

 

 

しかし、

 

 

10年以上の時を経て、今、同書を読み返してみると、

『金持ち父さん』の言葉こそ『真実』だと感じますね。

 

 

皆さんは、理解が出来るでしょうか??

 

 

予め断っておくと、『従業員』という立場の人間は必要です。

 

 

それどころか、

 

 

私たち、『事業家』『起業家』という立場の人間にとっては、

『優秀な従業員』ほど、有り難いと感じる存在は有りません。

 

 

大袈裟ではなく、

 

 

事業を経営する立場にある人間は、『優秀な従業員』を常に探しています。

 

 

舞台や映画を考えても、同じことです。

 

 

全てのキャストが『主役』というものなど存在し得ず、

圧倒的多数を『助演』と『エキストラ』が占めますね。

 

 

彼ら・彼女ら(優秀な従業員)は、この世の中には、

『無くてはならない存在』だと、本当に思うのです。

 

 

ちょうど、

 

 

本業とする『金融』『資産形成(投資)』の分野でも、

『長期投資(経済成長)』の正当性を説明する為には、

『短期投資(歪の調整)』の必要性を認めるのと同じ。

 

 

自然界における、

 

 

『食物連鎖』が、神秘的なまでに美しい体系を築くように、

どこかのポイントが欠けても、全体的には成立し得ません。

 

 

話を戻すと、

 

 

要は、テーブルの【どちら側】に座るとしても、大前提として、

【存在そのもの】を否定するのではないことをご理解ください。

 

 

その前提条件の上で、

 

 

自らの人生に対して【自由】【主導権】を求めるのであれば、

その目標実現にダイレクトに向かう『行動』が大切という事。

 

 

そして、

 

 

残念ながら、『あちら側(従業員)』としての優秀さは、

『こちら側(事業家)』の資質に、さほど関係しません。

 

 

むしろ、

 

 

現代日本の学校教育は、『優秀な従業員』を作るものですから、

一般社会で『優秀』とされる人間ほど、対局の存在になります。

 

 

私たちから見れば、頭がカチコチで、やばいですね(笑)

 

 

自身では『恋愛』をしたいと思うのに、知識ばかり詰め込み、

現実世界では、まったく『パートナー』を作らない例と同じ。

 

 

いや、そんなに『頭でっかち』になってしまったら、

逆に、全く『行動』起こすこと出来んやろ、と(笑)

 

 

繰り返しますが、【善】【悪】の話をするつもりは、全くないです。

 

 

ただ、

 

 

あなた自身が、人生の【主導権】【自由度】を取り返して、

自らの足で立ち、道を切り拓きたいと考えるかどうかです。

 

 

最後に、改めて、質問します。

 

 

あなたは、テーブルの【どちら側】に座りたいですか??

 

 

いつの間にか、

 

 

『あちら側(従業員)』の思考回路に支配されていませんか??

 

 

人生全体にとって、大切なテーマになると思うので、

定期的に、振り返ることをお勧めさせてもらいます。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■1/28(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■1/28(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile