なぜ、『香港』なのか??

僕達が行ってた時もそうでしたが、

オバハン達が『100万$』の夜景にキャーキャー言う一方で、

まったく違った目的でこの地に来ている人達もいます(^_^)

『香港』

『シンガポール』と並ぶ、

アジア有数の『オフショア金融センター』です★

『一般人』は『グルメ』と『観光』でここに来ます。

『お金持ち』は、まったく違う『行動』をして帰る。

なぜ、『お金持ち』はこの地に来るのか??

それは、課税環境の『優遇』を受けるためです。

例えば、『香港』に限った話ではないですが、

『オフショア金融センター』には『相続税』『贈与税』の概念がありません。

また、日本では最高『約40%』の『法人税』も、

このエリアにおいては『約16%』程度です。

その他、『個人所得税』も、

日本の最高『50%』に対して香港は『17%』程度。

『投資』をする人達にとって重要となる、

『インカムゲイン税』『キャピタルゲイン税』『消費税』まで『0』です。

どうりで、世界の有利な『金融商品』が集まるはずです。

これを『知ってる人』と『知らない人』では、

『資産形成』のスピードは雲泥の差どころじゃない。

まさに、『パラレルワールド』★

あと、これだけ課税環境が違うので、

政府の『税収』も大きく異なります。

第1位は、『事業所得税』で約4割を占める。

『税率』は低くても、

『オフショア』の仕組みを使って世界から企業を誘致する、

『チリツモ』作戦の賜物です(^_^)

あと、第2位はなんと『印紙税』で約2割弱。

飛行機で約3時間半。

日本から1番近い『金融センター』。

喫茶店で油売ってる暇があったら、

余裕で行ける時間と距離です。

そして、1番大きいと感じているのは、情報の『機密性』。

あなたが犯罪者でもない限り、

『オフショア』の金融機関は情報を出すことはないでしょう。

『知ってる人』だけ、知ってる。

『勇気』のある人だけ、行動する。

あまりに代償の大きな知識の『差』が、

世界には存在しています(^_^)★

*『オフショア』の金融機関を使うと、

税金が免除される等の話では決してありません。

*『日本』は『属地主義』の課税国です。

日本の居住者に対しては、日本の税法が適応されます。

386

3 件のコメント