『働きアリのように働く』ことのリスク★

皆さん、これは美徳だと思いますか??

昨日のblogで、人生の早い段階から準備すれば、

他人任せの社会保障は必要ない、という話をしました。

なので、僕は若い世代にこそ『投資』の話をしています。

しかし、たまに、

『働きアリのように働く』ことが美徳と考えてる人に出会います。

典型的な日本人的思考ですよね。

でも、僕はこの考え方、

2つの点で『無責任』やと思います。

1つずつ説明します。

まず、こういった方の通る典型的な人生は、

・ガッコにまじめに行く。

・会社に勤めて真面目に働く。

・60か65の定年まで勤める。

・老後は年金暮らし。

みたいな感じやと思います。

書いてるだけでも退屈な人生です(笑)

このストーリーで考えると、

①『価値を生む』ことを他人任せ。

会社員として働くことは、

『社長が作ってくれたシステムにハマる』という事です。

『価値を生むこと』なんて時代によって変わります。

『働きアリのように働く』ことは、

『今の時代に価値生むことは何か?』考えることを、

社長にぶん投げて責任放棄してることに思えます。

実際、最近は『ブラック企業・バイト』とか、

理解不可能な単語も市民権を得てきました。

『嫌なら、辞めればいい。』

『自分で価値を生む方法を考えればいい。』

これが僕の意見です。

続けるなら、毎月給料もらってるなら、

文句は言ってはいけない。

②老後資金も他人任せ。

『年金』

昨日も言いましたが、これは積立金の運用の結果です。

『お金を取り崩して生活する』という思考なら、

果たしていくらが『安心な金額』なのかは不明です。

しかし、一応のゴールとして、

『1億円』というものがあるかも知れない。

60若しくは65で定年を迎えた時に、

自力で『1億円』を用意出来てたら、何も問題ないはずです。

でも、ほとんどの人は 出来ない。

だから、積立金を支払って、

老後資金の『資産形成』を他人任せにする。

もしあなたが、

自力で『10億円』資産形成できたら、

『年金の支給額減額』にヤイヤイ言いますか??

絶対に言わないと思います(笑)

それを当てに人生設計をしてるから、

野次馬のようにヤイヤイ言うことになります。

僕は、社会保険料全般を、

『ドブ銭』と割りきってるのでヤイヤイ言いません。

もちろん、必要以上に支払いもしませんが、、、

結局、いつの時代もどんな場面も、

ヤイヤイ言うのは他人に『責任転嫁』した人達です。

自分で責任とってる人達は、

自分の決断・行動に信念もって生きています。

『働きアリのように働く』

僕はこの考え方をまったく『美徳』と思いません。

が、自力で『資産形成』しながらも、

『働きアリのように働く』方より、働いてるのも事実です。

要は、自分の人生に対する『本気度』の違いです(^_^)★

266

19 件のコメント