【分配型ファンド】の呪縛を解かなければ、決して【資産形成】は成功しない。

今日のテーマは、『分配型ファンドの呪縛を解かなければ、決して資産形成は成功しない』です。

 

 

世界基準で見て、日本人は『経済オンチ』と言われます。

 

 

私自身、

 

 

決して『日本人』が、民族的に劣っていると思わないし、

むしろ『勤勉さ』などを考慮すると、優秀だと考えます。

 

 

しかし、

 

 

第二次大戦後、敗戦国として強いられてきた教育の賜か、

確かに、経済・金融という観点では、優秀と言えません。

 

 

多くの日本国民が、

 

 

『お金のことを考えないこと』を美徳とする概念を持ち、

それこそが、日本人を経済的に恵まれなくする原因です。

 

 

確かに、

 

 

現時点『80億人』にも肉薄する地球上の人類のなかで、

日本人は、確実に『上位10%』に入る裕福な国民です。

 

 

それでも、

 

 

勤勉さ・労働力の観点から見た時、先進諸国と比較して、

決して『豊か』だとは言い難い状況が続くのが現実です。

 

 

当然の事ですが、

 

 

あなたが『経済的に豊かになりたい!』と思うのならば、

金融について勉強し、ルールを理解する事が不可欠です。

 

 

この辺り、

 

 

『スポーツ』と全く同じと考えていて、ルール把握せず、

その競技の卓越したプレーヤーになれる事もありません。

 

 

本日取り上げるテーマも、その1つの事例だと考えます。

 

 

かつて、

 

 

金融機関(証券会社・銀行)営業マンが販売に力を入れ、

人気を博したものに『毎月分配型ファンド』があります。

 

 

悲しき哉、

 

 

毎月吐き出される『分配金』が完全に年金と勘違いされ、

高齢者層を中心として、熱烈な支持を得た金融商品です。

 

 

しかし、

 

 

金融庁が『長期運用には向かない』と問題提起した結果、

それが世間に周知されることで、その後は衰退しました。

 

 

そもそも、

 

 

公式ブログ読者の方々は、ご理解頂けると思うのですが、

毎月『分配金』を吐き出す時点で、真理とは逆行します。

 

 

仮に、

 

 

該当ファンドが基準価額1万円、配当200円だった時、

大半の方々は、後者を純粋な『運用益』と考えています。

 

 

しかし、

 

 

金融に明るい方は理解される通り、事実は異なっており、

自らの拠出金を取り崩す『タコ足配当』の可能性も高い。

 

 

*餌がない時に、タコが自らの足を食べることに由来し、

 金融界では『自己資金を食い潰すこと』を意味します。

 

 

結局、

 

 

『毎月分配型ファンド』で資産形成に成功する筈もなく、

反応する人間の多さが、リテラシーの低さを象徴します。

 

 

前述の通り、

 

 

一般的な形式の『毎月分配型ファンド』が衰退する一方、

最近、新たに主流になりつつあるスタイルがありました。

 

 

それは、

 

 

『予想分配金提示型ファンド』と表現されるものですが、

本質的な部分は『毎月分配型』とまったく変わりません。

 

 

基本システムは全て同じなので、少しだけご紹介します。

 

 

例えば、

 

 

該当ファンドの基準価額が『14000円』を超える時、

保有者は、事前提示された配当金『500円』を得ます。

 

 

同様に、

 

 

基準価額が『13000円〜14000円未満』ならば、

受け取ることができる配当金は『400円』という具合。

 

 

要は、

 

 

『基準価額』に応じた『配当金額』が事前に提示されて、

前者が11000円を下回る場合のみ、独自勘定になる。

 

 

個人的には、なぜ人気を博するのか理由が分かりません。

 

 

百歩譲って、世界経済の好調局面では良いかも知れない。

 

 

しかし、

 

 

現在のように、世界的危機に瀕している場面においては、

基準価額も下落し、必然的に配当は『蛸足』になります。

 

 

少しだけ冷静になって、考えてみても良いかも知れない。

 

 

仮に、

 

 

あなたが『月20万円』の配当収入を得ようとするとき、

単純計算、年間の配当収入は『240万円』になります。

 

 

次に、

 

 

株式の長期的な運用リターンを『年率5%』と仮定して、

上記金額を得るため、必要な『元本』を計算しましょう。

 

 

『年間240万円』 ➗ 0.05 = 『元本4800万円』

 

 

つまり、

 

 

『月額20万円』ほどの配当収入を得ることを考えた時、

運用資産として『約5000万円』が必要だということ。

 

 

そして、

 

 

少なくとも、その金額(5000万円)に達するまでは、

『配当金』など受け取ってはいけないという事なのです。

 

 

*現実的には、年間240万円の配当を得ようとする時、

 運用資産総額が『5000万円』は心許ないのですが。

 

 

大多数の日本人は、『発想』を転換する必要があります。

 

 

先ずは、

 

 

短期視点で、楽して『経済的自由』を達成することなど、

現実世界では、起こり得ないということを理解すること。

 

 

常々、お伝えしている通り、真の資産形成は長期戦です。

 

 

一朝一夕には、何ごとも成し得ないということを理解し、

初志貫徹、『覚悟』を決めて資産形成を実行しましょう。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile