【謙虚さ】を保ち続けられる人間こそが、【資産形成】に成功する。

今日のテーマは、『謙虚さを保ち続けられる人間こそが、資産形成に成功する』です。

 

 

突然ですが、冒頭1つの質問から入ろうと思います。

 

 

『吾唯足知』

 

 

あなたは、このフレーズを知っているでしょうか??

 

 

吾(我:われ)唯(ただ)足るを知る、と読みます。

 

 

『無限膨張』が前提とされる現代版:資本主義経済、

ともすれば、人間の欲望も無限増殖してしまいます。

 

 

その中で、

 

 

常に地に足を付けて、人間としての感覚を保ち続け、

『足るを知る』感覚こそが、重要であると感じます。

 

 

私自身、

 

 

自分の『立ち位置』を確認する目的で、京都は衣笠、

石庭でも有名な『龍安寺』を定期的に訪れています。

 

 

実は、

 

 

上記フレーズ(吾唯足知)は、龍安寺の裏庭にある、

石碑に刻まれている『真理』を表したフレーズです。

 

 

派手さを好まない私としては、ぴったりの言葉です。

 

 

投資の世界では、長きに渡り、論争がつづくものに、

『アクティブ・パッシブ論争』なるものが存在する。

 

 

その名の通り、

 

 

『アクティブ投資』『パッシブ投資』を比較した際、

結局、どちらが有利(正しい?)かという論争です。

 

 

実は、

 

 

これには、半世紀以上前に『結論』が示されており、

歴史的に、後者に軍配が上がる事が判明しています。

 

 

では、

 

 

それを以て、問題解決に至るかと言えばそうでなく、

『アクティブ投資家』は、未だに無数に存在します。

 

 

これについて、

 

 

理由は、意外なほどシンプルに結論付けられており、

次に示す、1つの言葉により全てが表されています。

 

 

『オーバーコンフィデンス・バイアス:自信過剰』

 

 

何でも、

 

 

米国人全体90%以上の人々が、自分自身のことを、

『平均値』よりも賢い人物だと考える傾向にあると。

 

 

当然ですが、

 

 

現実に90%以上の人間が平均より賢いはずもなく、

最低でも半数近くは、自らの能力を過信しています。

 

 

それは、

 

 

何も『投資』というだけに分野に限った話ではなく、

人生全体、凡ゆる物事に共通した課題と言えますね。

 

 

賢者・偉人ほど、

 

 

自らを『客観視:客観評価』する能力に長けますが、

凡人は、酔いしれる傾向にあるという所でしょうか。

 

 

自らに言い聞かせながら、記事を書き進めています。

 

 

近年では、

 

 

AI(人工知能)を用いた資産形成も台頭しはじめて、

市場の『歪』の生存時間は、より短くなりつつある。

 

 

私自身、

 

 

新たなテクノロジーの活用は肯定派ですが、某CMで、

次のようなフレーズが用いられることは疑問視します。

 

 

『〇〇〇〇は、世界経済を上回る成長を目指します』

 

 

何故、世界経済レベルの成長はダメなのでしょう??

 

 

実は、これにも、きちんとした『理由』が存在します。

 

 

前述、

 

 

長きに渡る『アクティブ・パッシブ戦略論争』の中で、

前者の敗北は、歴史が証明していることを述べました。

 

 

実は、

 

 

これも簡単に導くことが出来て、ゼロ・サム世界では、

『勝ち:利益』『負け:損失』の全体的な総量は同等。

 

 

そして、

 

 

前者(アクティブ投資)は『手数料コスト』の分だけ、

後者(パッシブ投資)と比べて、利益を損ねるのです。

 

 

つまり、

 

 

投資会社が『世界経済以上の成長』を目標にするのは、

彼ら自身、既に手数料分の『負け』を認めているから。

 

 

本音を言えば、

 

 

『手数料コスト分、世界経済成長に負けます』ですが、

『それ以上を目標にしている』としか言えないのです。

 

 

でも、そのフレーズに引っ掛かる人が居るんですよね。

 

 

しかも、メディアCMのコストを補うほど無数にです。

 

 

余談ですが、

 

 

『10年間』という、最低レベルの投資期間を超えて、

投資する場合、株式の平均利回りは『年率10%』程。

 

 

確かに、

 

 

この戦略は、単年で『原資10倍』にはなりませんが、

『再現性』は高く、個人的には十分だと考えています。

 

 

にも関わらず、

 

 

何故か、一般的な『ウケ』が、まったく良くないのは、

恐らく、『吾唯足知』の理念が忘れ去られているから。

 

 

それを示すように、

 

 

ギャンブル性を秘める暗号資産(仮想通貨)の世界に、

リスク性向の高まりから再び資金流入が始まりました。

 

 

ビットコインも『4万ドル』を突破して推移しますね。

 

 

ただ、

 

 

短期的に『泡銭』を獲得された方々もいるでしょうが、

やっている事は、博打を打ち続ける事に変わりません。

 

 

『吾唯足知』

 

 

個人的には、本当に、大切にしている言葉の1つです。

 

 

『謙虚さ』を保つ人間こそが『資産形成』に成功する。

 

 

『客観視する』とも、言い換えられるかも知れません。

 

 

本日書き進めた内容も、参考にして頂けたら幸いです。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile