暗号資産(仮想通貨)が【安全資産】になる為、解決すべき課題。

今日のテーマは、『暗号資産(仮想通貨)が安全資産になる為、解決すべき課題』です。

 

 

先日、『国連安全保障理事会』に提出された報告書で、

世界的にも、大きな衝撃を与える報道が出ていました。

 

 

それによると、

 

 

2020年から2021年半ば、サイバー攻撃により、

北朝鮮は『5000万ドル』の暗号資産を調達したと。

 

 

現行為替レートで『約60億円』に相当する金額です。

 

 

上記では『調達した』と表現していますが、もちろん、

サイバー攻撃によるそれは正確に言えば『略奪』です。

 

 

また、

 

 

別調査では、同期間、北朝鮮の調達額はさらに大きく、

『4億ドル:約460億円』に達しているとの推計も。

 

 

更に、

 

 

その前年2019年における、サイバー攻撃調達額は、

最低で3億ドルから、最大20億ドルとも言われます。

 

 

繰り返しになるので、日本円換算することは控えます。

 

 

果たして、

 

 

国家の運営が為される規模において、前述した金額が、

十分な影響を与え得るものかどうかは、分かりません。

 

 

一説には、

 

 

これらサイバー攻撃により『略奪』した資金を原資に、

同国の核・ミサイル開発がされているとの推測もある。

 

 

しかし、

 

 

世界から隔絶されて(?)国家運営が為されている中、

その体制を維持することは、並大抵ではないでしょう。

 

 

本日の記事を通して、私が伝えしたい事の『本質』は、

決して、『北朝鮮』という国家の評価ではありません。

 

 

私が注目するのは、

 

 

暗号資産(仮想通貨)という市場において、恒常的に、

大きな規模の『略奪』が起こっているという事実です。

 

 

冷静に考えても、これは、衝撃的なことだと考えます。

 

 

投資(金融)の世界に生きる方々は、分かりますよね。

 

 

暗号資産(仮想通貨)は、ゼロ・サム世界の話なので、

略奪が起きれば、誰かが損失を被っているということ。

 

 

以前、

 

 

暗号資産(仮想通貨)市場の時価総額が、2021年、

『1兆ドル』を突破したということをお伝えしました。

 

 

確かに、

 

 

生誕から10年ほどの期間では、驚異的なことですが、

既存の法定通貨による経済規模に比べれば『雀の涙』。

 

 

市場全体におけるアマウントで考えると、当然ながら、

決して『無視出来ない数字』略奪されている事になる。

 

 

既存法定通貨の世界では、到底考えられない事態です。

 

 

某銀行『システム障害』どころの騒ぎではありません。

 

 

昨年、

 

 

エルサルバドルでビットコインが法定通貨に認められ、

経済が脆弱な途上国で、追随される兆しも出ています。

 

 

その評価点の1つに、

 

 

国民の大半が『金融機関口座』を持たない国において、

『送受金システム』の恩恵を受けられる事があります。

 

 

しかし、

 

 

凡ゆる物事、メリット・デメリットは『諸刃の剣』で、

利便性の裏側には、そのままリスクが存在しています。

 

 

報道によると、

 

 

この資金調達法(サイバー攻撃)は、北朝鮮において、

今後も、暫くの期間『重要な収入源』になるのだとか。

 

 

一方が、

 

 

国家権力を挙げて『攻撃』を仕掛けてくる事に対して、

個人は愚か、一企業が『防御』できるはずありません。

 

 

恐らく、

 

 

本日取り上げたサイバー攻撃による『略奪』の課題も、

一朝一夕に解決はせず、暫く『共存』することになる。

 

 

勿論、長期的な視点では、徐々に是正されるでしょう。

 

 

しかし、

 

 

『保全』という本質的・最重要課題が解決されるまで、

決して『安全資産』として評価は得られることが無い。

 

 

その道程には、越えるべき障壁が多く存在しています。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile