『アクション』を先延ばししても、何も解決はしない。

今日のテーマは、『アクションを先延ばししても、何も解決はしない』です。

 

 

昨日は、活動拠点・大阪で毎月開催しているセミナーを実施しました。

 

 

一方的な講義スタイルのセミナーではなく、

参加者の方々に、自身の『お金』と向き合って頂く体験型セミナー。

 

 

この形式で開催して(毎回テーマは変われど)もう2年ほど経ちますが、

ご参加いただいた方々の感想は、いつもとても良いですね。

 

 

『こういった(資産形成系)のセミナーに初めて参加しますが、楽しかったです!』

 

 

『自身のお金と向き合うのはドキドキしましたが、話が面白かったです!』

 

 

などなど、嬉しいご感想も参加者の方々から頂きました。

参加者の方々が喜んでくださるのは、素直に嬉しく、モチベーションになりますね。

 

 

私自身もかつてはそうでしたが、前述のご感想にもあるように、

自らの『お金』と真正面から向き合うのは勇気がいります。

 

 

『健康診断』や『歯科検診』と同じで、

『大切』なことはわかっているけど、どうしても『後回し』にしてしまいがちな所ですよね。

 

 

昨日開催したセミナーだけでなく、普段から多くの方々と接していて、

私の所に来られるのは、『勇気』を持って一歩踏み出してくれた方々だと理解してます。

 

 

そして、

 

 

その『勇気』の時点でも、『評価』に値するものだと感じております。

 

 

世間全体の話をすれば、真正面から向き合わず、

『お金』『資産形成』から逃げて過ごしてしまっている方々が圧倒的多数ですからね。

 

 

ただし、

 

 

折角、ご自身の『お金』と向き合うことをしたのであれば、

明らかになった『課題』を解決する為、

『具体的なアクション』を起こす所まで進んで欲しいと感じています。

 

 

公式ブログ、セミナー、個人セッション、直接お会いした際の会話、etc.

『日本経済』『社会保障システム』の悪化状況を、お話しさせて頂く場面は多々あります。

 

 

(*昨日のセミナーの中でも取り上げましたが、)

日本を代表する東証一部上場の大企業などでも、

『確定給付年金制度』が、順次、『確定拠出年金制度』へと移行してますよね。

 

 

当初確約した『退職金』『年金資金』に対する積立不足金を、

企業側が補填する『確定給付制度』は、もはや維持出来なくなっています。

 

 

(従来型の)『企業年金制度』は、既に疲弊しきっているのです。

 

 

20代を会社員として過ごした私も、この流れは『体験』として経験しました。

 

 

制度移行時に、某N証券の担当者が来られて説明会が開かれましたが、

その開催後、『なんや、ようわからんかったな。』と言っていた先輩方が不憫でなりません。

 

 

時間が残された私たち(20代、30代)よりも切実なはずの方々が、

自身が置かれた立場をまったく理解することが出来ていなかったのです。

 

 

また、

 

 

先日取り上げた『つみたてNISA』『iDeCo』『(従来版)NISA』など、

最近、やたらと国民に『投資』『資産形成』を奨励する制度が拡充されてきたと感じませんか??

 

 

それは、

 

 

前述の『企業年金システム』だけではなく、

従来機能していた『公的年金システム』も、同じく疲弊している状況だからです。

 

 

『自らの老後資金は、自助努力で形成して下さいね』と、日本政府から言われているのです。

 

 

おそらく、

 

 

国民の多くが『どうでもええやろ』と思っている『加計学園』の国会答弁の裏で、

『公的年金の支給開始年齢の(68歳)引き上げ』が着々と推し進められています。

 

 

それぞれ思い当たる話題も違うと思いますが、

『大切なこと』の報道をマスキングする為の、キャッチーなニュースは溢れている現代です。

 

 

それでも、

 

 

日々出てくる『サイン』のような報道を感度良くキャッチして、

地に足をつけ、着実に『資産形成』する方々も、少ない割合ながら一定数存在します。

 

 

反対に、

 

 

その『サイン』にすら気付かないおめでたい方々は論外ですが、

気付いていても、何も『アクション』出来ていない方々も多いのではないでしょうか??

 

 

私の公式ブログや、昨日開催のセミナーへのご参加を通して、

『何か、行動しなきゃ!』と感じても、その場から離れたら一瞬で忘れてしまう。

 

 

確かに、

 

 

『真正面から向き合うこと』は精神的・肉体的にも厳しく、

『そこから逃げてしまうこと』は、とても簡単に出来てしまいます。

 

 

でも、

 

 

それで『一瞬の快楽(一瞬の現実逃避?)』をしたところで、

悲しいかな、『現実問題』は何1つ解決していかないんですよね。

 

 

このことに、いち早く気付くべきです。

 

 

あなたが現実から目を逸らして、『資産形成』から逃げても、

『退職金』の金額はアップしませんし、『公的年金』が急回復することもありません。

 

 

むしろ、

 

 

これらはどんどん悪化していく方が可能性に非常に高く、

現時点で『厳しい』という結果が出た未来予測が、

時間の経過とともに『自然と解決していた』なんて奇跡は起こるはずがありません。

 

 

『お金』『資産形成』の話に限らず、人生のあらゆる場面において、

『現実』としっかり向き合ったら、『具体的なアクション』を起こしていくしかないのです。

 

 

世界的な大ベストセラーに『思考は現実化する』という書籍がありますが、

実際は、『思考』に向けて『行動』するからこそ現実化していくのです。

 

 

世の中の『意識高い系』の方々が、『勉強』は繰り返すにも関わらず、

何年も、何十年も、何1つ変化・進歩していないのは、この解釈が間違っているからです。

 

 

*上記、大ベストセラーの著者を批判している訳では決してありません。

 『行動』という概念は、成功者には(書くまでもない)『当たり前なこと』と認識されているからです。

 

 

あなたは、『資産形成』に向けて、『具体的なアクション』をしていますか??

 

 

現時点で、『毎月なんとかやり繰り出来ているから』では全く通用しません。

 

 

『人生100年時代』と表現されるようになった現代、

生きていく中で、『労働』が出来なくなるときは、将来必ずやって来ます。

 

 

『労働』が出来なくなるだけなら良いかも知れませんが、

多くの方々にとって、これは『収入のストップ』も同時に意味します。

 

 

そんな時、あなたは経済的に余裕があるでしょうか??

 

 

『リスク』を先延ばししても、物事は何1つ解決することなく、

反対に、顕在化した際に『挽回不可能』なほど大きくなるだけです。

 

 

この公式ブログ読者の方々には、『具体的なアクション』を起こして頂きたいと願います。

 

 

『真正面から向き合い、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方に、

最適なセミナーを、6月22日(金)19:00スタートにて、大阪・梅田で開催します。

 

 

■2018年6月22日(金)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile