『コロナ・ショック』を機に、変われる人、変われない人。

今日のテーマは、『コロナ・ショックを機に、変われる人、変われない人』です。

 

 

リアルな『対人活動』を断つ生活をスタートして、暫く経過しました。

 

 

ZOOMを通した『人』との関わりは保っているものの、

流石に、少し、『寂しさ』を感じる日々が続きますね。

 

 

『出勤する』という選択肢しかない業種の方々を除いて、

大都市圏での『人』に流れは、大きく減少していると感じます。

 

 

先日も、

 

 

『人』と直接お会いする用事ではないものの、久しぶりに、

大阪・ミナミは、心斎橋〜難波エリアを訪れる機会がありました。

 

 

ご存知の方ならイメージ出来ますが、

 

 

ほんの数ヶ月前までは『訪日観光客』でごった返し、

『人』が溢れ返っていた街が、今は、

『閑散』という言葉しか、形容しようのない状況に。

 

 

想像以上だったのは、

 

 

『緊急事態宣言』を受けて、府からの『休業要請』が出た為か、

実際に、業種を問わず、街中ほとんどの店舗が、本当に『休業』に入っていた事。

 

 

悲しい哉、

 

 

大阪では、この『休業期間中』の空き巣被害が増加しているようですが、

日本第2位を誇る大都市圏が、完全に『ゴーストタウン化』しています。

 

 

大量のゾンビが出て来たら、正に『ハロウィン・ナイト』ですね。

 

 

当然、

 

 

心斎橋は、メインストリート・御堂筋沿いに連なる、

『高級ブランド店』も、軒並み、絶賛休業中ですが、

固定費が発生する事を考えると、恐ろしくなります。

 

 

この状況では、

 

 

今まで『不動産』『人件費』を抱えて、大きく商売していた所が、

最も大きく影響を受けて、急激に、立ち行かなくなりますよね。

 

 

『経済』の世界では、

 

 

『ルール変更』が起れば、『トップ』と『ビリ』は入替わると言われますが、

『コロナ危機』を通して、その『真意』を目の当たりにしていると感じます。

 

 

これが半年ほど継続すれば、

 

 

いかに、その名を世界に馳せる『超一流ブランド』と言っても、

事業縮小、撤退せざるを得ないことは、目に見えていますよね。

 

 

この状況では、

 

 

『固定費』が少なく、『息』を潜められるビジネスが生き残ります。

 

 

未だ、

 

 

現在(4月17日)ほど『人』の移動規制が厳格ではなく、

『緊急事態宣言』の兆しもなかった、先月(3月)ですが、

事業経営者は、皆さん、不吉な『気配』を肌で感じていました。

 

 

それは、

 

 

今ほど顕著では無いにしても、事態を敏感に捉える方々が、

少しずつ『リアル』での行動量を減少させる傾向にあったからです。

 

 

決して『数値化』だけで見えるものではなく、

『肌感覚』で感じるものと言えるでしょうか。

 

 

そして、

 

 

高度にネット社会が発達した、2020年現代でも、

『経済活動』の基本は、『人』の移動を介して、発生するということ。

 

 

勿論、

 

 

『入国制限』等で、訪日観光客が激減したことも大きいですが、

それ以上に、日本居住者の『活動制限』の兆しを、不気味に感じていました。

 

 

この時期(3月初頭)、

 

 

プライベートで、『会社員』という立場の方々と話をしていて、

『思考回路』『感覚』が合わない事に、もどかしさを感じたのを覚えています。

 

 

『事業家』サイドは、

 

 

視座が『現在』ではなく、少なくとも『半年』から『数年先』を見ている為、

その時点で、事態の『ヤバさ』を、切実に『自分事』として感じていました。

 

 

が、

 

 

『会社員』という立場の方々は、『視座』が『今』で固定化されている為、

どうしても、その『ヤバさ』に対して『リアリティ』を感じてくれません。

 

 

当然、

 

 

ある程度、『名』が知れた企業にお勤めの方々というのは、

自ら勤める会社が『倒産』するなんて想像すらしてないし、

自身の『雇用』に危機が及ぶことも、全く想定していません。

 

 

しかし、

 

 

それから『1ヶ月間』の間に、それらの『リスク』は顕在化し、

今頃、『あの時、仰っていた事、本当だったんですね』と、慌て始めている。

 

 

前述、ご紹介させて頂いた通り、

 

 

大阪だけでも、業種を問わず、多くの店舗が『休業』していますが、

相当な『経済的体力』が無い限り、『人件費』の満額支給など、出来ません。

 

 

また、

 

 

こちらも前述の通り、この状態が『半年』続けば倒産企業が続出しますから、

『満額支給されない、僅かな給与』さえ、今後、打ち切られる可能性が高い。

 

 

先日、

 

 

『緊急事態宣言』が、全国47都道府県へと拡大されましたが、

地方県知事の中に、『寝耳に水』という反応の人間がいる事に、正直、呆れました。

 

 

『オッサン、この1ヶ月、寝てたんか??』、と。

 

 

『日本』だけでなく、『世界』各国の流行状況を見ていると、

大都市圏に限った、緩い『緊急事態宣言』だけではなく、

全国的に『行動・活動制限』の必要性がある事は明らかです。

 

 

しかし、

 

 

地方自治体の多くは、大都市圏同様の『休業要請』は念頭になく、

その危機感を理解しているのは、私が知る限り、山口祥義・佐賀県知事のみです。

 

 

自治体長の多くがこの調子では、先が思いやられますね。

 

 

『新型コロナ・ウイルス』は、日本において、緩やかに蔓延し、

国家や自治体も、今後『場渡り的な対応』を継続するでしょう。

 

 

そして、

 

 

『経済』全体としても、『緩慢な自殺』をしているような状態が続く。

 

 

特に、

 

 

ここから1年、2年の間は、各々の立場に関わらず、

社会・経済がどのように変遷していくか、『先見性』が求められます。

 

 

先日の話に戻ると、

 

 

街中では、『100%』近い店舗が休業している中、

『営業』を継続している居酒屋さんの店内が、

『ごった返している』光景を目の当たりにしました。

 

 

一瞬、『錯覚』かと思いましたよね(笑)

 

 

その一部だけ、時空が捻れて『異次元』と繋がっているような。

 

 

この状況で、普段通り、どんちゃん騒ぎをしている人間は当然ですが、

『早く、コロナ危機が終息しますように』と願っている方々も、終焉です。

 

 

以前の公式ブログでも書きましたが、

 

 

人類全体として『免疫・耐性』を獲得し、特効薬・ワクチン開発されても、

『コロナ危機前』の状態は、今後も、決して戻って来ることは有りません。

 

 

当然、

 

 

『健康最優先』で生活する必要性は有りますが、『先見性』を持ち、

自らの『行動』を変化させることが出来る方が、生き残るのだと感じています。

 

 

1987年、

 

 

数学者であるグレゴリー・チャイティン提唱の『不完全性定理』が証明され、

4年後、宗教学者パトリック・グリムの証明により『神』の存在は否定されました。

 

 

『神頼み』は程々に済ませて、『自ら』を信じて、生きていきましょう。

 

 

尚、

 

 

今月(4月)度(*今後の事態の進展によっては、来月5月度も)開催予定の、

『資産形成セミナー』は、大阪・神戸とも『ZOOM個別受講』に切り替えます。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

『新型コロナ・ウイルス』感染拡大に伴う事態の早期収束と、

皆様のご健康を、切に、お祈り申し上げておりますm(_ _)m

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile