『チーズ』が無くなる事は、日本政府も認めている。

今日のテーマは、『チーズが無くなる事は、日本政府も認めている』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『あなたは、チーズを探しに動き出せますか??』と題して、

私たちを取り巻く『環境の変化』に、気付き、順応出来るかを問わせて頂きました。

 

 

自分が想像していた以上に多くの方々から反響が有り、

公式ブログ読者の皆さんも、『関心』を強く持って頂いたことを実感しました。

 

 

また、

 

 

昨日、一昨日と記事の中で触れさせて頂いた、

世界的ベストセラー『チーズはどこへ行った?』についても、

『この機会に、読みました!』との声を数多く頂いています。

 

 

昨日の記事中でも書きましたが、

 

 

私自身、約6年ぶりにこの本を読んで、最初の時以上に、

現代のことを言い当てているようで、深く、納得して読み進めました。

 

 

この本の登場人物に限らず、

 

 

根本的に、人は少なからず『変化』に順応することが苦手で、

『昨日までと同じ行動』を繰り返す事で、生きていきたいと願っています。

 

 

それは、

 

 

一つの生物として、本能的に染み付いた『生存戦略』と考えますが、

『明日』『明後日』は、その戦略で乗り切ることが出来たとしても、

『5年後』『10年後』は非常に怪しくなってくるのが事実です。

 

 

『ホメオスタシス』

 

 

身体的にも備わる、『恒常性維持機能』がそれの事ですが、

これは、『精神的』な面も大きく支配して、私たちの『行動』を抑制します。

 

 

確かに、

 

 

『自分が慣れ親しんだ行動』を取ることで、直近の生存確率は上がりますが、

『村(自身の生活圏・行動圏)』を超えた、外界の変化には対応出来ません。

 

 

そして、

 

 

もし、その『村(生活圏・行動圏)』を超える範囲での『変化』が起こった際は、

その『波(変化)』に飲み込まれる形で、『全滅』してしまう運命にあるのです。

 

 

繰り返しになりますが、

 

 

既に、私たちの目に見えるところで『チーズ』はどんどん小さくなり、

今後、『チーズ』が消えるサインも、世間の至る所で出て来ています。

 

 

昨日取り上げた、『みずほFGの副業・兼業許可』の報道然り。

 

 

そして、

 

 

先日も公式ブログで取り上げた、

金融庁公表の『高齢社会における資産形成・管理指針案』も然りです。

 

 

後者については、

 

 

一昨日、新たな解釈をめぐる報道も大々的に伝えられており、

もし、定年後の人生が『30年間』ある場合、定年退職時に、

最適金額としても『2000万円』の現金が必要と示されました。

 

 

試算の根拠としては、

 

 

現行モデルケース(夫婦2人:年金収入)を考えた場合、

現時点での国民平均を算出すると、『月5万円』の収支不足金が発生する、と。

 

 

単純計算、12ヶ月で『年間60万円』が不足することになりますね。

 

 

ここからの計算もシンプルで、

 

 

先程、『定年後の人生が30年間だったら』と仮定したので、

『年間60万円』掛けることの『30年間』で、ざっくり『2000万円』です。

 

 

異なる統計調査では、

 

 

現在、日本全国、全世帯の平均貯蓄額が同程度(約2000万円)であるものの、

それは、『持つ者』がこの金額を大幅超過して『底上げ』された結果と見られます。

 

 

事実、

 

 

日本全国で、全世帯の『約20%』が『保有金融資産ゼロ』と言われており、

退職時の『2000万円』保有は、『夢のまた夢』という方も多いと想像します。

 

 

そして、

 

 

この『2000万円』という収支ギャップも、あくまで『現行基準』であり、

今後、『年金支給額』が減少する事を考慮すると、更に数字は増大し続ける。

 

 

この辺で、気を失いそうな方もいらっしゃるかもですね(笑)

 

 

しかし、

 

 

それが『現実』ですので、どうか意識を清明に保って、このまま読み進めて下さい。

 

 

先日公表された指針案でも、この事実は触れられており、

『現役期』『退職前後期』『高齢期』の3世代に分けて、

国民が実施すべき『対応策』が具体的に示されています。

 

 

1つずつ、ご紹介していきましょう。

 

 

先ず、『現役期』については、『時間』という資源が豊富なことを挙げ、

収入の中から少しずつでも、毎月一定額を、長期間視点で『分散投資』するよう提案しています。

 

 

官公庁が、ここまで明確に『投資』を勧める事に驚きですね。

 

 

『退職前後期』については、『退職金』や『年金受給額』等の正確な把握を促し、

『資産不足』が予想される場合は、雇用延長して『現役期間』を延ばすことや、

『住宅売却』による資産確保、物価の安い『地方への移住』も選択肢とします。

 

 

少し、『パワー・プレイ』になって来ましたね(笑)

 

 

そして最終、

 

 

『高齢期』においては、あらゆる『リスク』が考えられることを示し、

『金融資産の整理』や『資産情報の(信頼おける)第三者共有』といった、

もはや、『対策』でも何でもない事が選択肢として挙げられています(笑)

 

 

要は、総括すると『チーズが無くなります宣言』です。

 

 

本当に、『サイン』は日々発信され続けている訳で、

この状況で、その『警鐘』に気が付かない方々は、どうかしています。

 

 

既に、『日本政府』も認めました。

 

 

定年退職後の生活を、これまで通りの『社会保障システム』に頼るのは愚行です。

 

 

その事(チーズが無くなる事)をしっかりと認識し、自助努力により、

『新たなチーズ』を見つけられるよう、皆さんが『変化』される事を願います。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮6月27日(木)、大阪・梅田6月28日(金)の日程で開催します。

 

 

■2019年6月27日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2019年6月28日(金)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile