『バフェット指標』が鳴らす警鐘、世界は、いつ弾けるか??

今日のテーマは、『バフェット指標が鳴らす警鐘、世界は、いつ弾けるか??』です。

 

 

久しぶりに、『経済』『投資』の話をしましょう。

 

 

本公式ブログでは、昨年(2019年)半ば頃から、

『世界経済』全体を覆っている『高揚感』について指摘してきました。

 

 

わざわざ、

 

 

一個人投資家(ファイナンシャル・プランナー)の私が言うまでもないですが、

世界の『株式市場』は、2020年現在、軒並み『高値圏』で推移しています。

 

 

直近1ヶ月ほど、

 

 

『新型コロナ・ウイルス』の加熱報道により、一時的な下落を見せましたが、

その『リスク懸念』が薄まれば、再び『経済の粘性』が市場を押し上げます。

 

 

むしろ、

 

 

個人的には、今回の『コロナ騒動』による過剰反応が、

『リスク低減』時における、反発を誘導する事になり、

『高値圏推移』の期間が延長されたと考えています。

 

 

昨夜、

 

 

池上彰さんの報道番組を流し視聴していましたが、

そこでも、『コロナ過剰報道』の是非について述べられていました。

 

 

例えば、

 

 

日本国内でも、少ないと言われている今年(2020年)でさえ、

『3000人超』が、インフルエンザにより亡くなっている中で、

世間の『注目度』だけに偏り、集中報道するのはいかがなものか。

 

 

最近では、

 

 

『重篤性』『致死率』ともに疑問視されている同ウイルスについて、

『リスク』を過剰に煽る報道の『メッキ』が剥がれるのは、間も無くです。

 

 

当然、

 

 

この期間についても、『株価』と『実体』の乖離は進んでいく訳ですが、

その分、市場が弾けた際の『インパクト』は大きくなると感じています。

 

 

今回の騒動で、

 

 

『延命措置』が出来たことは、短期視点では『メリット』に映りますが、

中長期的な視点で見れば、そのまま捉えられるかは誰にも分かりません。

 

 

さて、

 

 

前述の表現の中で『株価と実態の乖離』と書かせて頂きましたが、

その評価指標について、皆さんは、何か1つでもご存知でしょうか??

 

 

恐らく、

 

 

上記質問に『YES!』と回答できる人は相当稀で、

大多数の方々が、『なんとなく、そんな感じ』で評価されていると思います。

 

 

今日は、1つだけご紹介させて頂きますね。

 

 

『バフェット指標』

 

 

そう、タイトルに採用させて頂いた言葉です(笑)

 

 

勿論、

 

 

世界ナンバーワン投資家:ウォーレン・バフェット氏が提唱する指標ですが、

『世界の株式時価総額』を『名目GDP(国内総生産)』で割って算出するものです。

 

 

個人的にも、

 

 

非常にシンプルで分かりやすい指標ながら、

『真実』を言い当てる際の、明確な指標になると感じています。

 

 

流石、世界ナンバーワン投資家ですね。

 

 

国家における『累積債務』についても、『GDP(国内総生産)』を基準として、

どれだけ膨れ上がっているかで健全性を測るのが『世界標準』となっています。

 

 

同様に、

 

 

世界全体の『GDP』を基準として、『株式市場時価総額』を除する事は、

株式市場全体の『膨張率』を測定するのに、非常に適していると考えます。

 

 

話を進めると、

 

 

2008年の金融危機発生時の『バフェット指標』は、当然100を割り込み、

翌年、翌々年の反発があったものの、その後に発生した『欧州危機』を発端に、

再び、『60%』を割り込むまでに下落します。

 

 

この時期、

 

 

『株式投資』に積極的に臨める投資家は、世界的に見ても『少数派』であり、

市場参加者が激減した市場で、『株価』は大幅に低水準で停滞していました。

 

 

しかし、

 

 

お人好しにも、世界各国が『ギリシャ(欧州経済)』を救う決断を下すと、

直近8年間は、覇権国・米国を中心に、株式市場はじりじりと上昇します。

 

 

結果、昨年(2019年)末時点で、

 

 

『バフェット指標』は、大台の『100%』を突破する事となり、

『世界経済』の膨張感は、急速に高まる事態を迎えているのです。

 

 

前述、

 

 

ここ1ヶ月の『コロナ騒動』で、一旦落ち着きを見せていますが、

繰り返す通り、先行きに対する『リスク』が弱まれば、再び上昇に転じます。

 

 

そうすると、

 

 

一時的に、株式市場は『熱狂』に包まれる訳ですが、

具体的な物事は、何も『根本解決』していない為、

顕在化した際の『リスク』は、どんどん膨張します。

 

 

この辺り、学生時代の『夏休みの宿題』に似ていますね(笑)

 

 

その『終焉』はまだまだ先と高を括って、遊び呆けていると、

その日その日は楽しいのですが、顕在化した際の『リスク』は莫大です。

 

 

その結果、

 

 

誰しも、学生時代に一度は『実体験』があると思われる、

夏休み終盤の『連続徹夜期間』が発生してしまうのです。

 

 

大人になっても、『株式市場』で同じことが起こります。

 

 

これが『世界経済全体』で起こっている事から考えると、

『夏休みの宿題問題』も、世界共通の課題のようですね。

 

 

私の予想では、『コロナ危機』の収束後、

世界の『株式市場』は、もう一段、大きな『上げ』を経験する期間を迎えます。

 

 

恐らく、

 

 

米国市場における市場平均『NYダウ工業株30種平均株価』も、

『3万米ドル』の大台を突破し、『過去最高値』を再び更新することになる。

 

 

しかし、

 

 

それは、決して、手放しで喜べることでは無く、

パーティー終焉の際の『インパクト』を、更に、膨張さているだけのことです。

 

 

正直に言うと、

 

 

その『終焉』のタイミングは、私はおろか、世界中の誰にも分かりません。

 

 

ただ、

 

 

これから訪れる『もう一段大きな下落』に対して心構えをし、

一喜一憂せず、長期視点で『資産形成』に臨んで頂けたら幸いです。

 

 

典型的な、『言うは易し、行うは難し』といった事例ですが(^ ^)

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、神戸・三ノ宮2月26日(水)、大阪・梅田2月27日(木)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2020年2月26日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2020年2月27日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile