『パーティーの終焉』は、いつも『突然』やって来る。

今日のテーマは、『パーティーの終焉は、いつも突然やって来る』です。

 

 

タイトルに採用した言葉を、皆さんはご存知でしょうか??

 

 

この言葉は、

 

 

『デフォルト(国家破綻)』の常連国に名を連ねる某国について、

実際に、それを体験した国民が、国家的有事を表現する為に放った言葉です。

 

 

ある程度、有名な言葉だと思うので、

耳にした事がある方も、いらっしゃるかも知れませんね。

 

 

某国では、

 

 

一生涯に複数回の『デフォルト』を経験する国民も多いですが、

その発生は、いつも『突発的』にやって来るのだとか。

 

 

象徴的な表現としては、

 

 

その前夜までは、街中で『パーティー』が行われており、

翌日、目を覚ましたら、既に『デフォルト』が決まっている、と。

 

 

本当にその状況であれば、『夢』と勘違いしてしまいますね。

 

 

記事を書いている私自身でさえ、

『現実』として受け入れるのは、時間が掛かりそうです(笑)

 

 

冒頭、もう1つだけ質問します。

 

 

皆さんは、『国家が破綻する日』という映画をご存知ですか??

 

 

韓国で作成された映画で、現代は『DEFAULT(デフォルト)』です。

 

 

TOHOシネマズようなメジャー映画館上映ではない為、認知度は低め、

大阪では『シネマート心斎橋』で上映していて、今日、観て来ました。

 

 

ネタバレする為、詳細は書きませんが、

 

 

今から20年ほど前、『アジア通貨危機』を影響を受けて発生した、

映画の製作国『韓国』のデフォルト(国家破綻)を描いた映画です。

 

 

結論、かなり良かったですね。

 

 

2019年内は上映していると思うので、

お時間ご都合つく方は、是非、映画館でご覧頂くことをお勧めします。

 

 

映画のテーマ、

 

 

『韓国』の国家デフォルトに関しては、『歴史』をご存知の方もいるでしょうが、

当時の『事の流れ』が、とても詳細に、忠実に再現されていると思います(*)。

 

 

*一応、映画の冒頭、注釈で『フィクション』とありますが、ほぼ『実話』です。

 

 

『国家デフォルト』が起こる仕組みとしては、約10年前の金融危機、

『サブプライム・ショック』と、発生の『根本的問題』は同じですね。

 

 

現在の資本主義経済は、

 

 

『信用創造』により増大し、稼働している割合、場面がとても多い為、

その微妙な『バランス』が崩れれば、一気に『崩壊』の危機に直面します。

 

 

この『信用創造』は、

 

 

国家経済運用の上でも、一種の『麻薬的な作用』を担っており、

それが『適切な倫理観』で運用されているうちは良いのですが、

大概は、人間の『欲望』により、適正水準より乖離しがちです。

 

 

今回話題にした『韓国』の事例でも、

 

 

当時、実体経済とは掛け離れて、『与信』の総合計が社会全体で増大し、

それが『顕在化』する形で、一気に『デフォルト』への道を突き進みました。

 

 

興味深いのはその際の『動向』で、

 

 

『経済ピラミッド』の最下層に位置する所から『綻び』は見え始めたのに、

時の政府は、各方面からの『韓国デフォルト論』を真っ向から否定して、一蹴。

 

 

実際は、

 

 

韓国国内から、海外投資家の資金流出が加速し続け、

『外貨準備』が底を突く寸前の状況でも、韓国経済の『堅調さ』をアピールします。

 

 

決して、『本心』からそう言っていたのではありません。

 

 

国の中枢にいる人間は、その事実を掴んでいたにも関わらず、

その情報を黙秘し、国民には、破綻直前まで知らせることは無かったのです。

 

 

また、

 

 

その状況からの解決策を探る場面では、

『IMF(国際通貨基金)』に支援要請しているにも関わらず、

国民に対しては、その事実を否定し、更に『嘘』を重ねます。

 

 

最終的に、

 

 

IMF(国際通貨基金)から『50億ドル』の支援を受けて事態収束を計りますが、

その要請を聞き入れてもらう為、辛酸を嘗める『条件』をいくつも飲まされます。

 

 

ご存知の方もいらっしゃる通り、

 

 

当時の韓国には、国民の雇用環境も欧米式に切り替えられて、

多額の海外資本が流入し、正に、国内経済を乗っ取られる状況にまで陥りました。

 

 

細かな点を言えば、

 

 

『デフォルト』を見抜いた敏腕トレーダーの主人公(?)を追った場面、

『作り込み』は数年前の『THE BIG SHORT』程ではないですが(笑)、

韓国経済の『破綻劇』と、それに関わる中枢の『人間模様』がリアルに描かれています。

 

 

私たち『日本国民』が、この映画から『学ぶこと』は大きく2つです。

 

 

『パーティーの終焉』は、いつも突然やって来ること。

 

 

そして、

 

 

②『国家的有事』が直前に迫っても、国家の中枢にいる人間は、簡単に『嘘』をつく事。

 

 

もしかしたら、

 

 

当時の『韓国』と、現在の『日本』では、

両者の置かれた状況が全く異なる、という方もいらっしゃるかも知れません。

 

 

確かに、

 

 

『日本国』は、対GDP比で絶望的な『累計債務(国債)』を積み上げているが、

世界一の『国民保有資産』と、世界No. 1の『債権国』であるから心配ない、と。

 

 

しかし、

 

 

現在の資本主義が、全ては『信用創造』を前提として成立している事から、

『対外債権』も回収できなくなれば、ただの『不良債権』へと成り下がります。

 

 

『良い映画』の常ですが、全国的に大々的に放映される事はありませんね。

 

 

2000年直前の『韓国』が描かれたこの映画ですが、

私自身、常にドキドキし、全く『他人事(ひとごと)』には感じられませんでした。

 

 

ところで、

 

 

あなたは、突然、『パーティー』が終焉を迎えた際、

その後の『日本』でも、今まで通りの生活を続けられるでしょうか??

 

 

上記の質問に対して、

 

 

着実に『準備』を進めて、『YES』と答えられる方々は、

『極少数派』ながら、世の中には確実に存在しています。

 

 

自分自身がどちらのサイドであるか、

この映画を観て、一度、振り返ってみられる事をお勧めします。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、神戸・三ノ宮12月20日(金)、大阪・梅田12月23日(月)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2019年12月20日(金)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2019年12月23日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile