『マイホーム購入』に、明確な『出口戦略』を持っていますか??

今日のテーマは、『マイホーム購入に、明確な出口戦略を持っていますか??』です。

 

 

昨日の公式サイトブログで書いた、

『ファイナンシャル・プランナーだと忘れていました!』宣言から一転。

 

 

今日は、『ファイナンシャル・プランナー』的な記事を書きたいと思います(笑)

 

 

先程まで、

 

 

『プロフェッショナルFP研修』と題して、

これからの日本市場における『不動産』に関する講義を受講していました。

 

 

大阪をはじめとした関西エリアの『CFP(国際ライセンス)』保有者が、

200名一堂に会し、偉い先生の講義を聞く為になるセミナーです。

 

 

ファイナンシャル・プランナーとして、

 

 

この類の継続教育研修を受講された経験ある方はわかりますが、

テーマが何であれ、研修では『現実』を突き付けられますね。

 

 

今日、継続研修を受講していてわかったのは、

『ファイナンシャル・プランナー』が、一般的に資産形成(管理?)のプロと言われる所以。

 

 

一言で言うと、

 

 

要は、『ファイナンシャル・プランナー』という人達は、

『これからの人生で、何に、どれくらいお金が掛かるか??』を知っているプロ。

 

 

継続的にこんな『現実』を突き付けられたら、

嫌でも、『現実思考』で、『資産管理』もがっちりしてくるはずです。

 

 

その辺り、

 

 

一般の方々は『これから、何に、いくらかかるか??』知りませんから、

その場その場を、明るく、楽しく、場渡り的に生きられている訳です(笑)

 

 

そのまま一生を過ごすことが出来るのであれば、

本当に、幸せで、天国のような人生になりますね。

 

 

先ほど、私が受講した研修が『不動産』分野である為、

必然的に、今日のブログテーマも『不動産』について書こうと思います。

 

 

それで、タイトルに繋がってくるのですが。

 

 

タイトルそのままの質問をみなさんにする前に、

1つ、そもそもの質問からさせて頂こうと思います。

 

 

皆さんは、『資産形成』に進まれる際に、

明確に『出口戦略』を決めてからスタートを切られていますか??

 

 

聞いておいてなんですが(笑)、

この質問に対して、日本人の90%以上の方々の答えは『NO』です。

 

 

『有価証券』であれ、『債権』であれ、

『コモディティ』であれ、『通貨』のようなものであれ。

 

 

多くの方々が、明確な『出口戦略』など持たないまま、

『少しでも、増えたら良いな』と甘い期待を持ちながら市場に入ります。

 

 

その結果、

 

 

明確な『投資理論』の無いものは市場で駆逐され、

5%未満の『勝者』と、95%以上の『敗者』として分けられるのです。

 

 

最近の事例で言うと、その際たる例が『仮想通貨』ですが、

甘い期待とともに市場に入り、保有資産の大部分を吹っ飛ばした彼らは、

ここからどのように再起していくのでしょうか、、、、。

 

 

『出口戦略を持たずに、市場に入る』という行動は、

私たち投資家仲間の中では考えられないクレイジーな行動で、その思考回路は理解し得ません。

 

 

この点で両者の違いは重要なポイントですが、

ここを話し出すとそれだけで記事が終わってしまうので、気にせず前に進みます。

 

 

前述の質問を受けて、次の質問なのですが。

 

 

『マイホーム購入』に、明確な『出口戦略』を持っていますか??

 

 

この質問については、いかがでしょうか??

 

 

『マイホーム購入』という部分については、

『不動産投資』と言葉を変えて頂いても構いません。

 

 

このように言うと、決まって次のように言う方々が現れます。

 

 

『いや、私が購入したのはマイホームですよ??

 不動産投資とは、まったく違う話でしょう(笑)』

 

 

いや、日本では未だに、真剣にこのように考えている人が多いのです。

 

 

その証拠に、世帯年収が1000万円未満ほどのご夫婦が、

(*年収1000万円超えていても大差ないですが。)

大枚叩いて『マイホーム』購入する事例は枚挙にいとまがありません。

 

 

数百万円から多くても1000万円そこそこの頭金を入れ、

金融機関から数千万円単位の融資を受けて、購入する。

 

 

現在は、世界的に超低金利時代に入っていますが、

こんな異常事態、これから先、ずっと続くとも考えにくいものです。

 

 

例えば、

 

 

『2%固定金利』で『3500万円』を35年融資受けた場合、

返済期間での総返済額は『5000万円』に迫る勢いです。

 

 

『頭金:500万円』入れての『4000万円物件』の購入は、

言うなれば『レバレッジ8倍での不動産投資』ですが、

これと同じ行動を、『有価証券』『為替』でする人は少ないでしょう。

 

 

ある個別株式について、同額を『信用取引』したり、

8倍レバレッジで『トルコ・リラ』を仕込んだりすれば、

その人は人生かけた大博打を売っていることになります。

 

 

しかし、

 

 

投資対象が変わって『不動産(マイホーム)』になった途端、

一気に多くの日本人が『別勘定』で物事を考え始めてしまうのです。

 

 

この辺りのことは、約2年前に原稿を書いた、

私の書籍の中でも触れさせて頂きました。

*書籍ご紹介サイトはこちらをクリックください*

 

 

その後、

 

 

2度ほど全国のコンビニで注力展開されたこともあり、

自身が想像していた以上に反響が大きかったのですが、

その中でも読者からの意見が最も多かったのは『不動産』に関する記述です。

 

 

『井上さんの本を読んで、マイホーム購入を辞めました!』

 

 

『マイホーム購入前に出会えて良かったです!人生観が変わりました!』

 

 

このような言葉は、私にとって最大級の賛辞なのですが、

読者の方々の、『人生の救世主』になれたことを、素直に嬉しく思います。

 

 

私が受講した研修の内容に少しだけ触れると、

やはり、『不動産市場』においても、今後の日本の展望は明るくないですね。

 

 

これは業界関係者は知っていることですが、

『新規着工件数』『新規供給件数』ともに、そこまで大きく落ち込んでいないんです。

 

 

でも、

 

 

多くの方々が理解・実感されている通り、

今後の日本は、『人口』は確実に減少していきますよね??

 

 

それも、10年、20年といった短期スパンではなく、

もしかしたら、『100年』ほど継続するという長期スパンの話です。

 

 

その状況で、このまま『住宅』を供給し続けていったら、、、、。

 

 

果たして、日本市場はどうなるのでしょうか??

 

 

個別の例外物件はあるにせよ、日本全体の概論で言えば、

これから、国内の『不動産価格』は確実に下落傾向にあります。

 

 

それも、私たちが外野から見て、想像しているペースを、

『遥かに上回る下落スピードで』、です。

 

 

最近では、

 

 

米国で主流の『リバースモーゲージ』という考え方も出てきて、

住宅を担保に入れ、生活資金融資を受けるシステムもあります。

 

 

担保に入れられている『不動産』は、

借入れ主が亡くなった際、融資を受けた金融機関が吸収して終わる仕組みです。

 

 

しかし、

 

 

『当たり前』の話ですが無尽蔵に融資される訳がなく、

ほとんど全ての金融機関が、日本3大都市圏の不動産に対象を限定。

 

 

その上、

 

 

評価額の基準もかなり高めに設定されており、

それに所得要件まで考慮したら、ほとんど対象者がいなくなるという事態です。

 

 

加えて、

 

 

これは借入れ側からしたら『投資』の側面も併せ持ち、

(*融資する金融機関側からしたら完全なる投資行動なので、当然ですが。)

もし物件価格が下落した場合、融資金額にも直接影響する事になります。

 

 

『売却』を選択しても、二束三文どころか、物件によっては『買い手』が付くかはわかりません。

 

 

『賃貸』を選択するにしても、前述の状況を考慮すると、

これからは『買い手市場』が形成されていきそうです。

 

 

『リバースモーゲージ』も、直前で述べさせて頂いたように、

一般的に考えたら『ハードル』はかなり高い。

 

 

その上、

 

 

皆さんご存知のように、もし『相続』が発生した場合、

課税資産が計上される場合は、該当の税金を『キャッシュ:現金』で納めなければいけません。

 

 

ここまで考えてくると、

 

 

人生の『可処分所得』の大部分をはたき、

『不動産投資(マイホーム購入)』する事の『大きなリスク』が見えてきませんか??

 

 

今日の記事を通して、私がお伝えしたいことは1つです。

 

 

まだ、『マイホーム』を購入されていない人は、購入しないでください。

 

 

*全ての方に賛同してもらおうとは思っていません。

*一個人の考え方です。過度な反応はお避けください。

 

 

『マイホーム』を購入して『可処分所得』の大部分を消費するより、

その資金を順当に運用して、真の『資産形成』に励む方が得策です。

 

 

『時間』を味方に付けて、着実な『資産形成』を実行することで、

将来的に、想像している以上の『リターン』が得られると考えます。

 

 

『既存の常識にとらわれる事なく、真の資産形成をしよう!』と決断した方に、

最適なセミナーを1月29日(月)19:30スタートにて大阪・梅田で開催します。

 

 

■2018年1月29日(月)開催!将来のお金の不安が消えるセミナーin大阪・梅田■

*セミナーご案内ページはこちらをクリックください*

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

本当に人生は好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile