『一生安泰時代』は、崩壊してしまった★

今日のテーマは、『一生安泰時代は、崩壊してしまった』です(^_^)★

 

 

先週金曜日(2017年12月8日)の記事以来、

更新が『3日振り』になってしまいました。

 

 

最近も本当に有り難いことに、

平日でも連日面談依頼を頂いて、全国からクライアントがお越し下さります。

 

 

その中でも、やはり土日祝日は面談が重なり、

本当に言葉通り『朝から晩まで』仕事をしている状況。

 

 

個人的には、公式サイトブログの記事更新も、

自身の活動の大きなウェイトを占め、可能な限り毎日更新したいと考えています。

 

 

理由はいくつかありますが、

まず、私の記事更新を待っていてくださることが居ること。

 

 

、、、、たぶん(笑)いや、そうであって欲しい!!

 

 

既に面談受講して頂いて『資産形成』をスタートした方々、

そして、これから面談受講に来てくださる方々にとっても、

新たな情報のインプットに有効活用頂けたら幸いです(^_^)

 

 

また、

 

 

毎日情報発信していかないと、

書く『ネタ』の渋滞が起こってしまうという理由もあります。

 

 

日々、流れる情報を見ていて、遭遇する場面を通して、

情報発信したい『ネタ』は無数にあるのですが、

明らかに、情報発信するスピードよりも、ネタを見つけ出すスピードの方が早い(笑)

 

 

基本、思い付いたことは全て『形』にしたい方なので、

毎日情報発信しないと、一生の間で自身の『発想』を完成させることが出来ません。

 

 

あとは、

 

 

自身のスキルを維持・向上するための目的も1つ。

 

 

やはり、毎日情報発信することで実力も向上しますし、

これまで積み上げて身につけた能力も、サボってしまって失う怖さは常にあります。

 

 

皆さんもご経験がありますよね(^_^)

 

 

学生時代での部活でも何でも良いですが、

毎日打ち込んで集中していたものも、3日もサボればかなりの感覚が失われます。

 

 

その『失いたくない感覚』が、

私にとっては、言葉、文字、スピーチで相手に情報を伝えていく能力です。

 

 

我ながら、相変わらず『前置き』が長いですね(笑)

 

 

さて、本題に入っていきますが、

 

 

3日前のブログ記事では、

『地方都市』に住んでいる方々でも、今後は『お金』を無視できないことをお伝えしました。

 

 

何も考えずに、一生懸命働いて1つの会社に勤めて出世して、

地元の地銀の預金して、結婚して、マイホーム購入して、退職したら年金生活。

 

 

私たちの親世代(60代以上の方々)が謳歌した生活を、

私たちの世代(特に20代、30代、40代)の方々は、

同じ行動で手に入れることは出来ません。

 

 

また、

 

 

先日の記事中では、日本全体の背景の他に、

『地方銀行』を取り巻く、現在の厳しい状況もご紹介しました。

 

 

一昔前まで、

 

 

『銀行に就職した』と言えば、周囲の人から祝福され、

家族はじめ、親戚一同からも歓喜の声が上がった時代があります。

 

 

しかし、

 

 

現在では状況は一変して、地方銀行は今や経営悪化集団化。

 

 

業績改善(と言うか、実際は苦肉の策の延命措置)の最も簡単な手段は、

今も昔も、最大コストの『人件費』を削ること。つまり、『リストラ』です。

 

 

1990年代、バブル崩壊直後は『不良債権』問題が山積しましたが、

今では、そこに務める銀行員が『不良債権』そのものになってしまいました。

 

 

さらに言えば、

 

 

これは何も、『地方銀行』に限った話ではありません。

 

 

先日、『メガバンク』からも厳しい現状を示す報道が出て来ました。

 

 

『みずほフィナンシャルグループ、1.9万人の人員削減』

 

 

現在、日本のメガバンクと言えば、前述の『みずほ』に加えて、

『三菱UFJフィナンシャル』『三井住友フィナンシャル』の3大手都銀を指します。

 

 

その一角、『みずほフィナンシャルグループ』が、

近年の業績悪化を受けて、2026年度末までに国内1.9万人の人員削減をすると発表しました。

 

 

これは単なる『配置転換』ではなく、

退職などを考慮した『自然減』でもなく、実数で減少させる数字のこと。

 

 

みずほフィナンシャルグループの公表での正社員数は『約3万人』ですから、

この『人員削減(リストラ)』の規模がいかに大きいかわかると思います。

 

 

ただ、

 

 

これは『みずほ』に限った話では決してなくて、

業界トップの『三菱UFJ』も、2023年度末を目処に『9500人』の人員削減を見込みます。

 

 

こちらも、

 

 

グループ全体の国内スタッフ30%分に相当するので、

なかなか厳しい状況にあることは変わらないですね。

 

 

また、

 

 

『三井住友』に関しては『4000人規模の業務量を減らす』という、

何ともぬるい目標を掲げていますが、他社状況から考えても、

近い将来明確な数字を出してくることは避けられません。

 

 

もしかしたら、

 

 

銀行内部では、既に『肩たたき』が始まっているかも知れませんね(^_^)

 

 

これも先日のブログ記事の中で、

『地方銀行』の過半数が、本業(融資・手数料ビジネス)で赤字に陥ってしまっているとお話ししました。

 

 

これは『メガバンク』においても同様のようで、

直近の業績発表では、保有資産(不動産・有価証券)の売却で、何とか『利益』を出した形が目に付きました。

 

 

このように、数字のマジックで出した『利益』に意味は無く、

投資家(株主)の手前、体裁を保つ行動でしか無いですよね。

 

 

この方法で延命措置が出来ている(?)間に、

何とかコストカットして、体制を立て直したいという思惑が見え隠れします。

 

 

さらに厳しいことに、

 

 

メガバンクのこの必死のパッチの行動にも、金融庁の反応は冷ややかで、

金融機関側が業績改善策を報告に行った際、

『それで(リストラ)足りるの??』と発言したという話も出ています。

 

 

本当に、厳しい時代がやって来ました。

 

 

今日は『メガバンク』の事例を取り上げましたが、

これは、日本全体あらゆる業界に通じて言えることだと考えます。

 

 

むしろ、

 

 

これまで『一生安泰』の象徴のような存在であった、

『メガバンク』さえもがそのような状況であるということ。

 

 

他の業界のことを考えると、言わずもがなです。

 

 

皆さん、『一生安泰』という幻想は、今の時代には崩壊してしまいました。

 

 

あなたがどんな安定した職業についていようとも、

どんなに大きな企業に勤めていようとも、

あなたの就業寿命より、企業寿命の方が短い時代に入って来たのです。

 

 

これからは、他力本願で『安定』を求めていくのではなく、

自ら『主導権』を握り、『変化』を能動的に起こしていける方々が勝つ時代になって来ます。

 

 

『資産形成』に関しても、ぜひ他力本願で既存システムを頼ることなく、

自助努力、自力本願で臨んで行って欲しいと思います(^_^)

 

 

『自助努力で、着実に資産形成をスタートしたい!』という方々には、

最適なセミナーを、今月12月26日(火)大阪・梅田にて開催します。

 

 

■12/26(火)開催!将来のお金の不安が消えるセミナーin大阪・梅田■

*セミナー詳細はこちらをクリック*

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

本当に人生は好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております(^_^)★

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile