『個』が強くなることで、『組織』も強くなる★

今日のテーマは、『個が強くなることで、組織も強くなる』です。

 

 

昨日の公式サイトブログでも少し触れたことですが、

私は、これから暫くの間の日本は、『個』の時代だと考えています。

 

 

大学まで理系の道で進みましたが、

代表的な物理法則の1つに、『エントロピー増大の法則』というものがある。

 

 

少しだけ、お付き合いください。

 

 

大きな話をすれば、『宇宙創生』もその典型例ですよね。

 

 

この宇宙が始まったとされる『ビッグバン』以前、

宇宙空間は決して『無』ではなく、『プラスマイナスゼロ』だった、と。

 

 

これがあるきっかけで大爆発を起こし、

今、現在でも『宇宙空間』は広がり続けています。

 

 

これは、超高性能な大望遠鏡を使うことで観測でき、

恒星同士の距離を測定することで知る事ができます。

 

 

勿論、

 

 

私たちの肉眼レベルでは見る事が出来ませんが、

遥か彼方にある恒星をこの望遠鏡で観測すると、

地球から遠ざかって行く事が確認できるそうです。

 

 

もっと身近な例で言えば、『コップが割れる』なんかもそうですね。

 

 

原子レベルで集合体として存在していたものが、

時間の経過と共に、『拡散』する方向へと進んで行く。

 

 

あなたの『部屋の綺麗さ』といったものも、当てはまります。

 

 

掃除をした瞬間は整理整頓できて、綺麗に保たれていますが、

何故か不思議と、時間の経過とともに物が『拡散』していきます。

 

 

これも、立派な『エントロピー増大の法則』の例です(笑)

 

 

また、『人間関係』なんかもそうですよね。

 

 

子供の頃、あんなに毎日朝から晩まで遊び倒していた友達も、

時間の経過と共に、『拡散』して疎遠になっていきます。

 

 

高校や大学生時代など、『ついこの前』のような感覚もしますが、

それでも、現時点で連絡が取れる人は少ないですよね。

 

 

この例は、最も皆さんの賛同が得られるかも知れません。

 

 

*自分では『ついこの前』と思っていても、大学ですらもう10年以上前。

 高校生に至っては、彼らの2倍の年齢になってしまいました(笑)

 

 

このように、自然界、人間社会に関わらず、

全宇宙は『エントロピー増大の法則』が成立していると考えます。

 

 

でも、

 

 

決して『拡散』することは悲観的なことではなくて、

(*理系の方々は知っているでしょうが。)

『拡散』し切ると、その後はやがて『収縮期』がやってきます。

 

 

要は、

 

 

自然界、人間社会の全ては、

『拡散』と『収縮』を延々と繰り返している過程なのです。

 

 

それで、

 

 

やっとこさ経済の話になりますが(笑)、

日本は戦中戦後から直近数十年〜100年ほどの間、『収縮期』をずっと過ごしてきました。

 

 

もうちょっと長いスパンの歴史を振り返ってみても、

より『エントロピー増大』を意識できるかも知れませんね。

 

 

群雄割拠の戦国時代は、誰が見ても明らかに『拡散』の時代です。

 

 

そこから、

 

 

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康といった武将が登場してきて、

『日本』という国を1つにまとめ上げる『収縮期』を迎えました。

 

 

しかし、

 

 

『収縮期』の後は『拡散期』がやってくるのが常ですから、

260年続いた江戸幕府も、その流れに抗うことは出来ずに崩壊してします。

 

 

現在、

 

 

NHK大河ドラマで放映されている『西郷どん』は、

その後のワチャワチャっとした『拡散期』を体現しているストーリーですよね。

 

 

*こんなアバウトな表現をしていたら、歴史学者・ファンの方々に叱られてしまいます(笑)

 

 

この時、数十年間続いた『拡散期』も、

やがて欧米列強に追いつけ・追い越せの国富論全盛の時代、すぐに『収縮』を見せます。

 

 

日清、日露、日中戦争を経て、第二次大戦に進んでいく訳ですが、

こういった大きなインパクトある出来事がある時は、国は1つになりますよね(^_^)

 

 

更に、

 

 

第二次大戦に敗れることで、国民の団結意識も高まり、

高度経済成長、バブル期を経て、ここまで『収縮期』が継続しました。

 

 

この時代(収縮期)において、

 

 

確率が高く『正しい行動』というのは、『長いものに巻かれろ戦法』で、

より大きな組織に所属し、『他人と同じ行動』を取ることで実現されます。

 

 

言葉を変えるとしたら、『個性の排除』ですね。

 

 

『他人と違う行動』を取る人間は『異端』と見なされ、

『パーソナリティー』よりも、いかに『組織に入り込めるか』が重要視されました。

 

 

日本の経済も右肩上がりで回復・発展・上昇し、

各年代の人口構成も、理想的なピラミッドを描いていたこの時代。

 

 

確かに、

 

 

この戦略を取ることは、『飛び抜けた成功』は得られないにせよ、

『大きな失敗』もせず、それ相応の生活ができる選択でした。

 

 

しかし、

 

 

皆さんも気付かれている通り、

その神話も、ここ10年ほど前から、すでに崩れ始めています。

 

 

『長いものに巻かれろ戦法』は、何とか持ち堪えているものの、

それは、私たちが現役を全うする間維持できる確率はほぼありません。

 

 

東証一部に名を連ねるような大企業でさえ、

『企業』という意味ではこれからも存続する可能性もありますが、

『全社員の雇用義務』は、どこにも確保されていないのです。

 

 

第一、

 

 

最も大きな組織である『日本国』、

その『財政』や『社会保障システム』でさえ、現在では存続の危機に立たされています。

 

 

これまでは『他人と同じ行動』を取り続けることで、

『組織』としてもそれ相応の安全性・経済性が確保されていましたが、

『組織』全体が弱くなり始めた昨今、その常識は通用しません。

 

 

だからこそ、もう一度『拡散期』を迎え、『個』の時代がやってくるのです。

 

 

プロサッカー選手の本田圭佑さんが、

前回W杯を控えた準備の時期に、次のような旨の発言をされたのが心に残っています。

 

 

『日本代表は、もっと、個として強くならなければいけない。』

 

 

私自身はこの言葉を、次のように解釈しています。

 

 

『いかに組織力を高めようとしても、個のレベルが上がらなければ、結局、強くなれない。』

 

 

日本人は、ここ数十年継続してきた『収縮期』を経て、

『組織』に所属することに慣れ切ってしまいました。

 

 

大企業にお勤めの方は特に実感されると思いますが、

『組織』となった途端、『責任』の所在はとんでもなく曖昧になります。

 

 

その状況が長く続くと、

誰もが物事を『自分事』として捉えることが出来なくなり、

『個』としての力が衰え、必然、『組織力』も低下します。

 

 

現在の日本経済の没落は、こういった所から来ているんですね。

 

 

『個』の時代だからといって、

『世知辛くなる』とか、悲観的な話では決してないと思います。

 

 

そうではなくて、

 

 

もう一度、『個』の力を強めて、『組織力』を上げていく準備の時代です。

 

 

ここから10年間ほどの間、

 

 

きっと多くの日本人の方々が想像もしていないような、

日本経済の『ターニングポイント』を迎える瞬間が必ずやって来ます。

 

 

しっかり『準備』をしている方々は大丈夫ですが、

そうではない、9割以上の国民の生活は、きっと悲惨なものになるでしょう。

 

 

でも、

 

 

それを乗り越えられる強い『個』が、5%、いや2、3%程度いれば、

この時期を経て、また日本は強い『組織力』を取り戻していけると思います。

 

 

皆さん、『準備』はしていますか??

 

 

ほとんどの方が、『今日』『明日』の生活ばかり必死になって、

『10年先』どころか、『1年先』すら考えられずにいます。

 

 

もし、あなたがこれに当てはまったら、相当ヤバい。

 

 

『いつか、きっかけがあったら』は受身のままでは一生やって来ず、

ただいたずらに時間を過ごしていくだけになってしまいます。

 

 

『生き方』は個人の自由なので、私にとやかく言う権利はありません。

 

 

ただ、『それでは嫌だ!』と考えられる方は、

ぜひ『具体的なアクション』を起こしてみてください。

 

 

『具体的な行動』でのみ、『人生』は好転させていくことが出来ます。

 

 

『個の力を高め、具体的に資産形成したい!』という方に最適なセミナーを、

2月22日(木)19:30スタートにて大阪・梅田で開催します。

 

 

■2018年2月22日(木)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

*セミナーご案内ページはこちらをクリックください*

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile