『国家破産』に陥った国家では、何が起こるのか??

今日のテーマは、『国家破産に陥った国家では、何が起こるのか??』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『経済危機を迎えた国家のリアルを知っていますか??』と題して、

現在、動乱真っ只中の『ベネズエラ』という国家をご紹介しました。

 

 

自身で書いた文章を見返しましたが、中々、衝撃的ですよね。

 

 

同国では、

 

 

政治的混乱も同時に起こっていますが、それでも、

国民に差し迫った、最大の関心事は『飢え』である事。

 

 

その主因は、

 

 

数年間継続する、恒常的とも言える『通貨価値下落』であり、

それに伴い起こる『物価上昇』で、慢性的な『食糧不足』が発生しています。

 

 

例えば、

 

 

一般的な街中の小売店で、水、ナッツ、チーズ、ハム等を購入すると、

幾許も無い量の食料品でさえ、『2万米ドル(約2万円)』する状況だと言います。

 

 

日本のコンビニで購入すれば『1000円程度』で全てが揃いますから、

そこから比較すると、途轍もない『高価』な買い物だと分かります。

 

 

当然、

 

 

一般市民が、日常的にその価格の『食料品』を変える訳はありませんから、

世帯の保有資産が無くなると同時に、『食糧供給』は途絶えます。

 

 

その結果、

 

 

同国では、2017年の1年間で、

国民全体の平均『11キロ』もの体重減少が起こったという衝撃のデータも。

 

 

更に、

 

 

事態は全く収束の気配を見せず、2019年においても、

『IMF(国際通貨基金)』は、同国を『年率1000万%』のインフレが襲うと予測します。

 

 

この『予測』が現実化すれば、

 

 

現時点でも相当悲惨な状況ですが、更に深刻化し、

『飢え』を凌ぐための強奪が起こり、それでも『餓死者』は増加する見込みです。

 

 

同じ時代、同じ地球で、これが『リアル・タイム』で起きています。

 

 

そして、

 

 

昨日の公式ブログでは、これは決して『対岸の火事』ではなく、

財政状況を見れば、『日本』にも近い将来起こり得ることを示唆しました。

 

 

あなたは、この『リアル』が信じられますか??

 

 

現在、『混沌』とした空気が取り巻く中でも、

『日本』には、まだまだ『平和』な雰囲気が流れ続けています。

 

 

2020年、

 

 

『東京五輪』が開催される年までは何とか持たせると考えられていましたし、

2025年『大阪万博』が決定し、いくらか『延命措置』が出来たかも知れない。

 

 

しかし、

 

 

皆さんご存知の通り、両者とも『根本解決』をはかるイベントではなく、

それが終焉を迎えた時、同時に日本経済も終焉を迎えそうな雰囲気さえあります。

 

 

『魔法』が、切れる。

 

 

『麻酔』が、切れる。

 

 

このような表現が、ぴったりかも知れませんね。

 

 

それで、

 

 

『経済危機』『有事』を常々喧伝している公式ブログですが、

それが本当に起こった際、果たして、どのような状況が待っているのでしょうか??

 

 

この点に関して、

 

 

日本における『海外投資』の第一人者であり、作家の橘玲氏は、

自身の著書の中で、興味深い『国家破産シナリオ』を展開しています。

 

 

もしも、

 

 

『日本』という国家が『金融破綻』したと仮定すると、

それは、次のような3ステージを経て、順次進行していく、と。

 

 

第1ステージ:『国債価格』が下落して金利が上昇する。

 

 

第2ステージ:『円安』と『インフレ』が進行し、『国家債務』の膨張が止まらなくなる。

 

 

最終ステージ(国家破産):日本政府が『国債デフォルト』を宣告し、『IMF(国際通貨基金)』の管理下に入る。

 

 

以上です。

 

 

私も、おおよそこの『シナリオ』で間違いないと見ています。

 

 

各ステージを少しだけ説明補足しますね。

 

 

まず、

 

 

『第1ステージ』に分類される時点では、

『日本国債』の信用下落から、その『価格』も並行して下落して行きます。

 

 

当然ながら、

 

 

『国債価格』と『金利』は相反する関係性ですから、

『国債価格』が下落すると、逆相関で『金利』は急激に増加します。

 

 

ここで、

 

 

『金利が上昇する』と聞くと、何やら『プラス』の印象を受けますが、

そもそも『返済不能』な金利なので、この状況は全く喜べません。

 

 

『国家』『個人』とも同様ですが、

 

 

それが『返済されないお金』であるならば、

いくら『金利』を数字上求めたとしても、全くの『無意味』なのです。

 

 

そして、

 

 

『第2ステージ』に移行する訳ですが、日本が借金漬けである事を考慮すると、

『第1ステージ』の金利上昇は、そのまま『国家破綻』のスピードを速めます。

 

 

更に、

 

 

前述した『ベネズエラ』の状況と全く同じように、

信用を落とした国家の『通貨』は下落し、継続的な『インフレ』が発生してしまう。

 

 

最終的には、

 

 

いよいよ日本国が『国債デフォルト』を宣言せざるを得なくなり、

『IMF(国際通貨基金)』に支援を仰ぎ、彼らの管理下に入ってしまう、、、、。

 

 

1つ1つ順を追うと、十分、起こり得そうな『シナリオ』に見えませんか??

 

 

ただ、

 

 

私が1つだけ、橘玲氏の論と異なる考え方をしているのは、

『第1、2ステージ』の移行は緩やかだという展開をされているポイントです。

 

 

同氏は、

 

 

もし『日本』に国家的有事が襲って来ても、その進行には比較的『時間』があり、

その『サイン(第1、2ステージ)』が見えてからでも、遅くはないと論じています。

 

 

しかし、

 

 

私は、このポイントに限っては、全く異なる意見を持っています。

 

 

例えば、

 

 

前述の通り、現在、『借金漬け』の日本国においては、

『国債利回り』は政府により意図的に抑えられており、

上昇が起こった際、ストッパーが外れたが如く急激に起こる。

 

 

そうなると、

 

 

『金利上昇』も私たちが想像している以上のスピードで起こり、

『第2ステージ』で表される『円安』『インフレ』シナリオも、

そう『時間』をかける事なく進行していくのでは無いのか。

 

 

更に、

 

 

そこまで『急激な変化』が起これば、国民誰しも『異変』に気付き、

『サイン』が出てからの『経済的準備』は、身動き取れない状況で不可能になる。

 

 

これが、私が考える『シナリオ』です。

 

 

こういった状況は、日本国民が考える以上に『近い将来』、

現実に、確実に、起こってくる『リアル』だと考えます。

 

 

その状況に備えて、着実に『資産形成(資産防衛)』を進めている人もいます。

 

 

あなたは、きちんと『準備』をしていますか??

 

 

その(準備)如何により、今後の日本においては、

歴史的な『経済格差』が発生してくると考えます。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は神戸・三ノ宮2月21日(木)、大阪・梅田2月22日(金)の日程にて開催します。

 

 

■2019年2月21日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2019年2月22日(金)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile