『太陽光発電』は、本当に『未来を担う発電方法』か??

今日のテーマは、『太陽光発電は、本当に未来を担う発電方法か??』です。

 

 

『井上耕太事務所:公式ブログ』でも、

これまで、『太陽光発電』に関する功罪は、繰り返し述べて来ました。

 

 

上記では『功罪』と表現しましたが、

割合的には、圧倒的に『罪』の方にウェイト置いて発信して来ましたね。

 

 

発端は、2012年7月に国が主導する形でスタートする事になった、

再生可能エネルギーの『固定価格買い取り制度(FIT)』に有ります。

 

 

既に詳しい方もいらっしゃると思いますが、

 

 

『固定価格買い取り制度(FIT)』は、

再生可能エネルギー(太陽光に限らず)で発電した電気を、

電力会社が、『固定価格』で買い取るシステムのことです。

 

 

当初、

 

 

新しくスタートした制度の導入拡大を図るため、価格は高く設定され、

2012年時点、事業用太陽光の買取り価格は『1キロワット時:40円』と高騰。

 

 

更に、

 

 

『諸悪の根源』となっているのは、20年間も『固定価格買取り』を約束した事で、

その結果、事業者が『太陽光発電』に殺到し、一大ブームが到来してしまいました。

 

 

現在では、

 

 

固定価格買い取り制度(FIT)』を利用する全体、

認定容量の約80%を『太陽光』が占めるという、『歪』なシェア構造になっています。

 

 

上記では、

 

 

制度利用の『太陽光発電』事業を『諸悪の根源』と表現しましたが、

こう表現したことの理由は、皆さん、きちんと理解されていますか??

 

 

世間一般的には、未だに知らない方々も多くいらっしゃると推測します。

 

 

その表現の真意は、

 

 

『市場適正価格』と『買取価格』の乖離分の電気料金を、

電力会社が、家庭・企業負担の電気料金に『上乗せ』して徴収している制度だからです。

 

 

到底、『正気の沙汰』とは思えません。

 

 

前述した、近年の『太陽光発電』の急拡大により、

『再エネ賦課金』と表現される『国民負担』は、年々凄い勢いで増加しています。

 

 

事実、

 

 

2012年度の制度発足当時、『約1300億円』だった賦課金総額は、

2018年度現在は、『約2兆3726億円』と驚愕のスピードで増大。

 

 

僅か『7年間』ほどの間に、『20倍』に迫る勢いで膨れ上がりました。

 

 

繰り返しになりますが、『正気の沙汰』とは思えません。

 

 

これが、

 

 

私たちの生活に、具体的にどのように影響するかと言うと、

前述『再エネ賦課金』の標準家庭負担額は『月額754円』、

現時点で『年間約9000円』の負担増を強いているのです。

 

 

全ては、『太陽光発電事業者』の利益を確保する為に、です。

 

 

流石に、

 

 

『1キロワット時:40円』と言う馬鹿げた買取価格は年々減額しましたが、

特に、2015年迄に契約締結した事業者は、『甘い蜜』に有り付きました。

 

 

勿論、

 

 

このような馬鹿げた制度を作成する国家サイドの知能レベルも疑われますが、

『自分が儲かるから』という理由で、飛び付く人間の『倫理観』も疑わしい。

 

 

個人的には、『淺ましい』としか感じられませんし、

『自己中心的』なその考えは、最も好きではない部類の種族です。

 

 

そもそも、

 

 

再生可能エネルギー先進国として有名な『ドイツ』では、2014年、諮問機関により、

『再生可能エネルギー法は、電気代高騰を招くだけで、全く無意味』との結論を出しています。

 

 

にも関わらず、

 

 

あらゆる場面で『後出しジャンケン負け癖』のある『日本国』は、

まったく『同じ轍を踏む』道を、今尚、進み続けているのです。

 

 

今後の事を考えると、頭が痛くなります。

 

 

しかし、

 

 

『一縷の望み』があるとすれば、『自然の摂理』から逸脱するこの事業が、

近い将来立ち行かなくなり、浅ましい事業者が、一斉に鉄槌を食らうこと。

 

 

一事業家として、

 

 

『ビジネス』は、相手に対して価値提供するのが第一義と認識しており、

それを『逆走』するこのような行為が、許されるべきでないと考えます。

 

 

こういった情報も、『知っている』『知らない』で大きな差がつきます。

 

 

身の回りに起こっている様々な事にしっかりとアンテナを張り、

社会の変化に気付きながら、皆さんが『資産形成』を進められる事を願います。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は大阪・梅田4月24日(水)、神戸・三ノ宮4月25日(木)の日程にて開催します。

 

 

■2019年4月24日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2019年4月25日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

5 件のコメント

  • … [Trackback]

    […] Read More Information here to that Topic: michiamokota0421.com/『太陽光発電』は、本当に『未来を担う発電方法/ […]

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile