『家』を買う時は、小雨の時に行こう。

今日のテーマは、『家を買う時は、小雨の時に行こう』です。

 

 

今日お伝えしたいことは、本当に、このタイトル一行です(笑)

 

 

私の公式ブログを熟読してくださっている方はお分かりですが、

私自身は、『マイホーム』を購入することを推進していません。

 

 

保有する金融資産が、余って、余って、しょうがないといった方、

資産家の家系に生まれて、お金を使うスピードより、

投資による増殖スピードが早い方々であれば話は違います。

 

 

しかし、

 

 

一般的な方々を考えた場合、特に『会社員』という立場では、

『マイホーム購入』を決断すると、自身の生涯賃金の大部分を注ぎ込むことになります。

 

 

ただ、

 

 

人の『価値観』は千差万別それぞれのものなので、

人生におけるその『重要度』が高い人は、無理に止めるつもりはありません。

 

 

世の中には、『自動車』がそれにあたる方々も存在していて、

収入から考えて不釣り合いな高級外車を購入し、

その中で寝泊まりして生活している強者もいると伺います。

 

 

そこまで徹底されていたら、もはや『見事』で、

そこまで『覚悟』を決めて進むのであれば、反対に、応援したい気持ちすら芽生えます。

 

 

でも、

 

 

『マイホーム購入』となると、どうも『甘い算段』が優先され、

そこまで『覚悟』を決めずに、何と無く購入してしまう方々が多いのです。

 

 

それでも、無事に事が済めば良いのですが、

途中で『住宅ローン』を支払えなくなって物件を手放してしまう、、、、。

(*無論、対象となるモノを手放しても、ローンは残ります。)

 

 

また、なんとか保有し続ける事が出来たとしても、

当初、想定していなかった出費が嵩み、それ以外の生活が制限される、、、、。

 

 

既に『35年ローン』は組んでしまっているので、後戻り出来ず、

挑戦はおろか、現状にしがみ付き、制限された人生を送っていく。

 

 

こうなると、何の為に生きているのかわからなくなりますね。

 

 

皆さんもご存知の通り、日本人は過去長らく『農耕民族』でしたから、

『マイホーム(持ち家)』というものに対する、信仰は『異常に』強いです。

 

 

私の母がたの実家も『農家』でしたが、

そこには『定住』という概念が当たり前のごとく存在し、

その土地を離れて生活する事は、前提条件として考えられていません。

 

 

そのような環境で育った方々も多いので、

未だに、日本全国津々浦々、ほぼ全ての方々の共通認識として、

『マイホーム購入』がインプットされてしまっているのでしょう。

 

 

しかし、

 

 

これは、現代のおいても『ちょんまげ』を奨励しているようなもので、

冷静に考えれば、少し宗教じみておかしな信仰である事がわかります。

 

 

今はもう『西暦2018年』で、

明治維新が起こって『150年』以上の時が経過しているのです。

 

 

『生涯獲得する可処分所得の、約3分の1を費やす事になる』

 

 

『3500万円・年率2%固定の総支払額は、35年総額で約5000万円』

 

 

『変動金利でのローンは時限爆弾で、金利上昇局面で返済不能者が続出する』

 

 

『日本の住宅の耐用年数は平均30年そこそこで、ローン完済前にも追加の支出がある』

 

 

などなど。

 

 

これまで、『マイホーム購入』を安易に考えない為に、

様々な切り口で、その理由をご紹介してきました。

 

 

その度に、普段、公式ブログを読んでくださっている方々に加えて、

不動産関連でお仕事される方々からも、多くの反応を頂くのですが(笑)

 

 

理屈を様々こねるまでもなく、

皆さんにアドバイスするぴったりの言葉を、ある本の中で見つける事が出来ました。

 

 

作家・俳優としても活躍する『中谷彰宏さん』と、

建築家・風水ブーム生みの親『Dr.コパさん』の対談を書き起こした本です。

 

 

その中で、Dr.コパさんが仰っている言葉が、タイトルの言葉です。

 

 

『家を買う時は、小雨の時に行こう』

 

 

いや、本当に、この通りですよね(笑)

 

 

もし『どしゃ降り』の時に展示場に行けば、

『家を買う』という『大きな決断』を下せる方々は極少数になってしまいます。

(*個人的には、それでも良いと思うのですが。)

 

 

反対に、

 

 

天気が『快晴』の時に展示場に行けば、全てが良く見え、

自分自身の気持ちも大きくなってしまうことから、冷静な判断が出来ません。

 

 

これは、海外旅行をした際など、不要な『モノ』を購入する心理と似ていますね。

 

 

『記念だから』という言い訳を自らにすることで、

日本でなら絶対買わないような『モノ』まで、

購入してしまった経験を持つ方はいらっしゃるはずです。

 

 

そこで、『小雨の時に、展示場に行こう!』と言っているのです。

 

 

少しイメージすればわかりますが、

 

 

『小雨』の時であれば、自分の心にも変な『高揚感』がなく、

物事を、冷静に考えて『ジャッジ』する事が可能になります。

 

 

具体的には、

 

 

『総額5000万円の買い物を、自分が本当に出来るのか??』

 

 

『それほど大きな対価を支払ってまで、本当に手に入れたいものなのか??』

 

 

『世間共通の価値観・他人の価値観に流されてはいないか??』

 

 

『そもそも、その土地に一生定住するライフスタイルを望むのか??』

 

 

などなど。

 

 

全ての要素を、冷静に、冷静に、分析してジャッジして、

『それでも、家が買いたい!』というのであれば、実行して良いと思います。

 

 

『家』という対象以外の全てを放棄して、それこそ、心中覚悟で臨むことになりますが。

 

 

幸か不幸か、私の地元・岡山県は、

『晴れの国』と言われるほど、1年を通して『快晴』に恵まれる土地柄です。

 

 

『四国山地』と『中国山地』に挟まれた地形的な特徴があり、

自陣の両サイドで雨・雪が降り、山陽エリアは年間を通して穏やかな気候が続くのです。

 

 

その為か、岡山県民の『持ち家』に対する関心も、他府県に負けず劣らず、強い。

 

 

以前の公式ブログでもご紹介しましたが、

本当に、『コンビニで肉まんを買う』感覚で、『マイホーム購入』を決めてしまいます。

 

 

これは、他人事ながら、相当にまずい。

 

 

岡山県が『快晴』に恵まれる事が、

初めて、『マイナス』に作用するポイントを発見してしまいました。

 

 

どうしても、『マイホーム』を購入したいという方々、

住宅展示場に行くのは『小雨』の時を見計らい、冷静にジャッジしていきましょう。

 

 

『経済的自由に向けて、資産形成をスタートしたい!』という方に最適なセミナーを、

神戸・三ノ宮は7月25日(水)、大阪・梅田は7月27日(金)にて開催致します。

 

 

■2018年7月25日(水)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年7月27日(金)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile