『年金』は『2段スライド方式』で減額します★

元MR(製薬会社営業)の独立系ファイナンシャルプランナー★
現在『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です(^_^)

★7月30日(土)『本気のライフプランセミナーin大阪』開催します★
詳細はコチラ↓
http://ameblo.jp/michiamokota0421/entry-12175174125.html

ご自身の『ライフプラン』に向き合って頂く、
参加者の方々にとても好評なセミナーです(^_^)

『資産形成』スタートの『きっかけ』になるので、
ご興味ある方はぜひぜひご参加ください。

★セミナー全体の流れはコチラ★↓
http://ameblo.jp/michiamokota0421/entry-12167876915.html

★6月26日(日)開催セミナーのご報告はコチラ★↓
http://ameblo.jp/michiamokota0421/entry-12174875659.html

★6月28日(火)東京開催セミナーの様子はコチラ★↓
http://ameblo.jp/michiamokota0421/entry-12175516472.html

今日のテーマは、『年金は、2段スライド方式で減額します』です★

先日、しれっとこんなニュースが出てました。

『年金受給資格、10年に短縮』

『年金受給資格』

『最低これだけの期間納付したら、
将来、年金を受給する資格があるよ』という最低基準です。

皆さん、今までの基準を知っていますか??(笑)

これは、『25年間』です。

『国民年金』『厚生年金』『共済年金』などなど、
人によって違いはありますが、最低『25年』納めて初めて受給資格がある。

この期間、それぞれ解釈はあるでしょうが、
個人的には『長いな』と以前から感じていました。

それを、今回は最低基準『10年』に短縮するというものです。

実際に、欧米諸国ではこれまでもどう基準のものが普通。
それでも、無収入の国民にも納付を義務付けている日本の制度は、
諸外国に比べて厳しい制度だとは感じますが、、、、。

それで、『10年に短縮されて良かった!』と思ってる方も多いと思います。

実際、現時点でも各年代での『基準未達者』は以下のようにいます。

■60歳未満:45万人
■60歳~64歳:31万人
■65歳以上:42万人

こういった方々に対して、
この基準値引き下げは門戸を開いた格好になります。

でもね、という話(^_^)★

僕のブログでは『お約束』の展開ですね(笑)

これまで、『加入期間25年』に満たない人達は、
否応なく『年金』をカットされてきたわけです。

多く方々は被雇用者で、
実質支払いをしていたのは彼らを雇っていた雇用主ですが、
この支払い金は基準を満たさなければ没収されてしまっていた。

銀行で長年眠っている預金が、
国庫に没収される感じと似ていますね(^_^)

当たり前の話ですが、
その財源も含めて現行の『年金』支払いに充当してました。

それでも、今、『足りない!』言うてるんですよね(笑)

もちろん納付基準を満たしたとしても、
『納付期間』や『納付金額』によって、
将来受け取る年金額に大きな差は出て来ます。

しかし、今まで没収できてた対象の人たちにも、
今後は『年金』を支払っていくという制度になった。

何が起こるか、わかりますね??

そう、今まで以上に『お金』が足りなくなるんです(^_^)
いや、小学生でも出来る算数問題ですよね(笑)

今までも『お金』が足りてませんでした。
財源は変わらず(現行ルールならむしろ減少?)支払いは増えます。

どうなりますか??→『いや、財源悪化やろ!』と(笑)
世界人類誰に聞いても、速攻で答えが出る問題です。

で、『じゃあどうしますか??』という問題に続く。

シンプルに答えは出ます。

『支払いを、減らそう』と(笑)

これまでのルールであっても、
日本経済の現状からしたらいずれ立ち行かなくなるのは明らかでした。

でも、それを明らさまに減額してしまうのはマズイ。

今まで満額貰えていた人たちに対して、突然、
『来年から4割カットです』とかは言い難いわけです。

そんな時、どうするか??

他のルールも変えてしまって、
その混乱に乗じて全体のルールも変えてしまう(笑)

おそらく、新ルールを導入していく過程で、
どさくさに紛れて『満額』も緩やかに?減額していきます。

そして、国民全体としての年金支給額を維持?減額?する。

『なんで減額してんねん!』と言われた時は、
伝家の宝刀『だって、新基準で支払いスタートしましたやん』を抜きます(笑)

なぜこんなタイミングで『受給資格10年に短縮』なのか、
本当の理由は政府のお偉いさんしかわかりません。

でも、もしかしたら受給資格を下げることにより、
該当者からの支持を得て、選挙を有利に進めるのが狙いだったかもしれない。

そんなことよりも、『国の将来』を優先してほしい所ですが。

ここでも、1つ明確になったことがあります。

私達20代・30代・40代の世代では、
『年金』に対する希望はさらになくなってしまった。

僕たちの世代を迎える前に、
どう考えたって財源が枯渇していきますよ。
それか、めっちゃ手当が薄いか。

現状でさえ、『受給資格10年』を満たしたとしても、
もらえる年金額は月々『1万6000円』程度です。

いやいや、これで『生活せい!』とかウソやろ??(笑)
子供の駄賃にもならんわ(笑)

言いたいことは1つだけ★

皆さん、ほんまに自分の力で『資産形成』しよう!
一人一人がしっかりしていくことで、将来の希望は拓けていきます(^_^)

本気で資産形成をご希望の方は、
『人生を変えるお金のセッション』をご受講ください(^o^)!

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile