『年金資産』形成を『他人任せ』にしていませんか??

今日のテーマは、『年金資産形成を他人任せにしていませんか??』です。

 

 

昨夜のニュースで、なかなか重要な報道が出て来ました。

 

 

『年金個人情報、中国業者に渡して入力再委託』

 

 

インターネット・ヘッドニュースにもなっていたので、

この報道を目にされた方もいらっしゃるかも知れませんね。

 

 

日本年金機構からデータ入力業務を委託された東京都内の情報処理会社が、

契約に違反し、最大で『約500万人分』の個人情報を中国の業者に渡し、

入力業務を再委託していたというものです。

 

 

『年金』に関しては、先日も世間を賑わしたニュースが出たばかりですよね。

 

 

『年金、全国約130万人に対して過少支給』

 

 

実は、

 

 

この際の原因となった『データ未入力』を起こした会社もここで、

今回の『外部再委託問題』はその調査過程で新たに明らかとなった事実です。

 

 

今回、外部の委託業者に渡した資料の中には、

『マイナンバー』『配偶者の年間所得額』なども含まれるそうです。

 

 

これ、なかなか最重要な『個人情報』だと思うんですよね。

 

 

個人情報売買の世界はまったく明るくないですが、

『質』『量』からして、相当な時価総額になり得る『情報』です。

 

 

100歩譲って、政府機関が認定した入力会社なら未だしも、

(*これでも、100%信用は到底出来ませんが。)

そこから『外部委託』されてしまえば、情報の『気密性』はほぼ破綻してしまっています。

 

 

加藤勝信厚生労働相は20日の閣議後の記者会見で、

『外部に個人情報を流出した事実は確認していない』と述べていますが、

この発言をどこまで『信憑性』持って聞いたら良いのか疑問が残ります。

 

 

いや、

 

 

今回の場合、『500万人分のコア個人情報』を外部委託した時点で、

その事態そのものが『情報の外部流出』だと考えるのは私だけでしょうか??

 

 

『年金システム』に関しては、数年前にも、

『年金支払い記録が消える』という前代未聞の事態が起こったばかりです。

 

 

この時の問題も、私の記憶が正しければ、

解決されずに、うやむやに葬られ、何事もなかったように時間だけが流れて行っています。

 

 

『記録』一つとってもこのような杜撰なシステムですが、

現時点で、『運用』に関して期待している人は、もはや皆無ではないでしょうか??

 

 

『そこ(運用)は期待してないから、記録ぐらいちゃんとしてくれよ。』

 

 

日本国民大部分の考え方としては、

この言葉が偽らざる『本音』といっても過言ではないように思います。

 

 

『年金』支払いについて、

 

 

給与天引き・強制徴収の『会社員』の方々はどうしようもありませんが、

『事業者』の方々は、可能であれば『合法的に』免除・減免申請されている方が多いと思います。

 

 

これは民間金融機関に置き換えるとわかりやすいですが、

 

 

将来の『マイナス・リターン』が確約されている金融商品を、

わざわざ好き好んで契約する人は、余程の『モノ好き』以外存在しないからです。

 

 

その他、

 

 

対象拡大された『iDeCo(個人型確定拠出年金)』『小規模共済』等もありますが、

こちらも『所得控除』の意味合いが強く、『リターン期待』で加入している方はほぼいません。

 

 

バブル崩壊後、

 

 

『失われた20年(もう直ぐ30年を迎える)』において、

日本の株式市場は、インフレ(通貨価値下落)率まで考慮すると、

『マイナス・リターン』という異常事態です。

 

 

『現金』よりもリスクを取って『株式市場』に投資しているにも関わらず、

『20−30年間』という長期投資をしても、『マイナス・リターン』。

 

 

年金機構、年金運用受託会社が良くないと言っている訳では決してなくて、

状況として『国内運用主体で、投資リターンは求めにくい』という事です。

 

 

ここで、本日のタイトルになって来ます。

 

 

皆さんは、『年金資産』形成を『他人任せ』にしていませんか??

 

 

確かに、

 

 

現在60歳以上の私たちの『親の世代』を見ると、

既存のシステムがなんとか機能し、豊かな老後生活を送っているように思えます。

 

 

しかし、

 

 

この公式ブログでも再三お伝えして来た事ですが、

『私たちの世代(20代、30代、40代)』は、

残念ながら、この恩恵に預かることは出来ないでしょう。

 

 

『親の世代』と比較して、

 

 

人口ピラミッド、社会背景、国際社会での日本のポジション等、

大きな変化があった現在では、既存システムは早々に破綻してしまうのです。

 

 

今回出て来た報道のように、

『記録管理』が杜撰に扱われているレベルの問題ではありません。

 

 

そもそも、預け入れて運用している『資産』そのものが、

『老後資産』として皆さんが期待している『目標額』に遠く及ばない可能性が高いのです。

 

 

*最も最悪なのは、『システム』的な破綻を起こし、

 拠出しているにも関わらず、『私たちの世代』には支給されない可能性があることです。

 

 

この辺りで、『思考回路』を切り換える必要があります。

 

 

これからの時代、『年金資産』は自ら形成していく時代です。

 

 

『仮想通貨』『宝くじ』等のギャンブルで一発逆転を狙う方法以外では、

『資産形成』というものは、『時間』がある程度かかってくるのが常識です。

 

 

つまり、

 

 

あなたが退職間際になって慌ててもどうにかなるものではなく、

『まだまだ若いし、大丈夫』と思っている『今』『この瞬間』、

あなた自身が『行動』しているかどうかが分岐点になります。

 

 

ところで、あなたは『行動』していますか??

 

 

『毎日、忙しいから』『今は、お金がないから』を言い訳にしていませんか??

 

 

そんな方々は、『いつか、状況が整ったら』と考えているでしょうが、

私の少ない経験から考えて、その『いつか』は一生やってくることはありません。

 

 

『今』『この瞬間』新たな行動を起こしていける人こそが、

『経済的基盤』を築き、人生をより自由なものとしていけるのです。

 

 

『今、この瞬間に行動し、資産形成をスタートしたい!』という方に最適なセミナーを、

明日、3月21日(水・祝)13:30スタートにて大阪・梅田で開催します。

 

 

■2018年3月21日(水・祝)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

>>>>セミナーご案内ページはこちらをクリックください<<<<

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile