2022年、日本にも【スタグフレーション】の足音が忍び寄る。

今日のテーマは、『2022年、日本にもスタグフレーションの足音が忍び寄る』です。

 

 

早くも、2022年に入り1ヶ月が経過しようとします。

 

 

市場には、大きなインパクトもなく新年を迎えましたが、

1月後半、パーティーは終焉に向かい急展開しています。

 

 

これまで、

 

 

世界各国協力して推し進めらた『金融緩和』に支えられ、

歴史的高値圏を維持し続けた市場も、連日下落傾向です。

 

 

実際、

 

 

米国市場・NYダウは、3万7000ドルに迫ったものの、

現在は、3万4000ドル台前半と、低空飛行を続けます。

 

 

昨日(1月24日)など、

 

 

前営業日終値比、一時1000ドル超の下落を見せており、

金融緩和という『魔法』が解けることを暗示していました。

 

 

もちろん、

 

 

日本市場も例に漏れず、一時期3万円突破した日経平均は、

本日(1月25日)終値2万7000円台を維持する辺り。

 

 

1年前であれば、

 

 

『4万円』突破を予想するエコノミストも多数いましたが、

現時点、その考えを維持する人間は、1人も存在しません。

 

 

先ほど、

 

 

昨日NYダウが、一時1000ドル超下落と言いましたが、

その後急激に持ち直し、前営業日比プラスで終えています。

 

 

しかし、

 

 

この動きも、日本市場にとって『プラス』に働く事はなく、

本日の日経平均は、2万7千円を割込む場面もありました。

 

 

如何に、市場参加者が『悲観』しているのかが分かります。

 

 

果たして、

 

 

感染症といて、どこまで『リスク』を伴うかは不明ですが、

日本国内でも、オミクロン変異株が急速に拡大しています。

 

 

事実、

 

 

日内新規感染者は、全国『約5万人規模』で推移しており、

蔓延防止等重点措置は、今週34都道府県まで対象を拡大。

 

 

既に、

 

 

累計で何度目か、カウントすることすら放棄していますが、

一旦、経済活動は減速するので、市場の反応にも納得です。

 

 

昨日、

 

 

公式ブログでは、久々に『年金』をテーマに扱いましたが、

来年度(今年4月)から、年金受給額は0.4%減少します。

 

 

その理由は、

 

 

経済停滞に由来する、現役世代の『賃金下落』なのですが、

現在の状況から考えると、再来年度についてもネガティブ。

 

 

ここでも立証される通り、経済循環は、暫くの間停滞です。

 

 

ところで、

 

 

『スタグフレーション』なる言葉はご存知でしょうか??

 

 

一般的に、

 

 

単純な『インフレ』『デフレ』は聞いたことがあるものの、

それと比べて、普段はあまり聴き慣れることない言葉です。

 

 

『経済の停滞』と『物価上昇』の同時並行を表わす造語で、

1970年代後半〜80年代米国で、顕著だった現象です。

 

 

当時は、『オイル・ショック』が大きな起点となりました。

 

 

2022年1月現在、当時ほど、影響は大きくないものの、

米国内では、インフレに伴い、物価上昇が叫ばれています。

 

 

この状況でも、

 

 

FRB(連邦準備理事会)は緩和縮小の意向を固辞しており、

そのことが、冒頭にご紹介した、株式市場下落の一因です。

 

 

仮に、

 

 

このまま強行姿勢が強まれば、米国内の経済活動は鈍化し、

急速な引き締めの結果、株式市場の更なる下落も有り得る。

 

 

そうなれば、

 

 

現在ですら不安定なサプライチェーンは、更に影響を受け、

受給バランスの不均衡から、物価上昇の可能性を含みます。

 

 

もちろん、

 

 

政府も、この辺りの『歴史』は私たち以上に熟知しており、

先手を打ち、『スタグフレーション』回避に動いています。

 

 

ただ、

 

 

自然現象と同様、最終的に『人智』の及ばない領域であり、

『良くない結果』になる可能性は、今も燻り続けています。

 

 

もしも、

 

 

世界経済を牽引する米国市場で、『それ』が起こった場合、

少しのタイムラグを置き、確実に日本市場にも到来します。

 

 

恐らく、

 

 

『自粛生活』は、今回でラストと予想(切望?)しますが、

私たちには、最後にもう1つ『試練』があるかも知れない。

 

 

『リスク』を敏感に察知し、常に備える心構えが大切です。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

3 件のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・独立系FP事務所【井上耕太事務所】代表。
    ・1984年4月21日生まれ。岡山県津山市出身。
    ・2008年 国立大学法人【神戸大学】卒業。

    【保有資格】
    ・CFP®(国際ライセンス:認可番号 J-90244311)
    ・1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格:認可番号 第F11421005598号)

    【活動実績】
    ・個人面談【人生を変えるお金のセッション】受講者は400組を超えており(*2022年4月時点)、活動拠点・大阪のみならず、全国から面談依頼が舞い込む。

    【クライアント】
    ・経営者、医療従事者(医師、看護師、薬剤師 etc.)、会社員(上場企業勤務、若しくは、年収500万円以上)

    【活動理念】
    ・自らの情報提供・プラン提案により、クライアントさんの【経済的自由】実現を初志貫徹でサポートする。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    https://michiamokota0421.com/profile