『情報』は、簡単に『書き換え』られると知ること。

今日のテーマは、『情報は、簡単に書き換えられると知ること』です。

 

 

今ほど、タイトルの言葉の重要性を知る場面も有りません。

 

 

現在のように、

 

 

時代を揺るがすような『転換点(変化)』が訪れた際、

世の中は、真偽不明の様々な『情報』に溢れ返ります。

 

 

特に、

 

 

現代ほど、『情報』で『世界』が繋がれている時代は過去にはなく、

あらゆる『情報』が、想像する以上に、一瞬で世界に拡散されます。

 

 

その結果、

 

 

実際は、『真実』とは全く異なるものが派生・伝播・流通し、

現実世界での、人々の『行動』に対して、影響を与えている。

 

 

『コロナ危機』初期、

 

 

トイレットペーパーやティッシュペーパーが店頭から姿を消したり、

現在も、『マスク』が入手困難な状況が続くことが『典型例』です。

 

 

冷静に考えれば、

 

 

産業革命以降、『現代資本主義』が成熟期に入って約半世紀が経ち、

あらゆるものの『供給量』が、『需要』を上回った2020年現在、

『何かが不足する』ということは、考えられません。

 

 

確かに、

 

 

一時的に、流通上の『偏り』は生じるかも知れませんが、

株式市場がアクティブ投資家により効率化されるように、

『歪み』は、想像以上に短時間で解消されるでしょう。

 

 

当然、

 

 

米国はじめ、日本、欧州、オセアニア等の先進諸国において、

『食料』が手に入らなくなるという事態は、考えられません。

 

 

しかし、

 

 

それさえも、影響力のある『情報の書き換え』1つにより、

特定エリアの人々の『行動』に影響を与える事は可能です。

 

 

『扱い方』には、気を付けないといけませんね。

 

 

海外諸国と比較して、

 

 

私たち『日本人』は、一般的に、『メディア耐性』が無いと言われています。

 

 

それが、

 

 

いつから始まったのか、正確なことは分かりませんが、

第二次世界大戦の敗戦した後、GHQの教育プログラム、

『WGIP』を通して刷り込まれていったことは一因です。

 

 

この時、

 

 

勝利国サイドである『GHQ』が為し得たかったことは、

日本人を『権威ある者からの情報』に服従させること。

 

 

彼らが上手かったのは、

 

 

敗戦国である『日本国』を、頭から押さえ付ける形で支配したのではなく、

影響力のあるものの『権威』を維持しつつ、彼らの要求を伝えたことです。

 

 

この方法であれば、『反発』も起こりにくいですよね。

 

 

その結果、

 

 

日本人は、民族特性としてあった『封建制度』の名残りに加えて、

自らが『上位』と意識したものに対して、より従順になったと推測します。

 

 

前述『上位』の中には、当然、『メディア』も含まれます。

 

 

本日朝、

 

 

クライアントである医師がシェアされた情報が、

SNSタイムラインに流れて来たので、私も、同じくシェアさせて頂きました。

 

 

どういう内容かと言うと、

 

 

某テレビ・メディアからインタビューを受けたという医師が、

『自らの意見』と『真逆』となる形で、インタビュー映像を使われてしまったと。

 

 

婉曲化しないよう、シンプルに表現します。

 

 

昨今の『コロナ危機』を受けて、感染拡大抑制策の1つとして、

『日本国内でのPCR検査を増やせ!』という案がありますよね。

 

 

結論として、

 

 

該当医師は、当然『必要な場面での実施』は肯定の立場を取りつつも、

『いたずらに増やすこと、無作為大規模検査は不要』という意見です。

 

 

しかし、メディアとしては、

 

 

『PCR検査を増やすべき』という『論調』を作りたかったらしく、

インタビューを一部抜粋し、その旨の『情報』に挟むことにより、

『全く異なる情報』へと転換してしまっていたのでした。

 

 

『テレビ』という世界では、『あるある』ですよね。

 

 

私自身、今回は、ご本人による『情報』で真意を知りましたが、

もしも、該当番組のみ観ていたら、受け取る『情報』は完全に異なります。

 

 

恐らく、

 

 

世間的には、『後者』の立場の方のほうが圧倒的多数存在するので、

今日もまた、『真実と異なる情報』が、世の中に生み出されました。

 

 

この情報自体、

 

 

私たち、一般人の『行動』に対する影響は少ないですが(*)、

『小さな歪』の蓄積により、世の中が動かないとも限りません。

 

 

*そもそも、『医療従事者』という立場にない私には、

 『PCR検査』に関して何1つ影響を与えられません。

 

 

大多数を占める『一般人』に対して、直接、影響を与える事例において、

このような『情報書き換え』に翻弄される事態が起こっては、困ります。

 

 

先ず、

 

 

メディアにより、専門家・識者のものとして伝えられた『情報』であっても、

『簡単に書き換えられること』を、私たちは、理解しておく必要があります。

 

 

それが、

 

 

歴史上、最も膨大な量の『情報』が生み出される現代を生きる、

私たちにとって、最大の『防衛手段』になると考えるからです。

 

 

『情報の書き換え』は、この世から無くならないので。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今月(5月)以降も暫くの期間、

大阪・神戸ともに、『完全個別:Zoom受講』へと切り替えて行います。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

新型コロナ・ウイルス感染拡大に伴う、事態の早期収束・終息と、

ご覧頂いている皆様のご健康を、心より、お祈り申し上げます。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile