『政策金利』の予測から見る、2020年『宴』の継続。

今日のテーマは、『政策金利の予測から見る、2020年宴の継続』です。

 

 

新年がスタートして、早くも『3日』が過ぎ去りましたね。

 

 

特に、

 

 

この時期は、テレビ等では『正月特番企画』などが組まれている為、

相当、強い意志を持って過ごしていないと、簡単に捕まってしまいます。

 

 

実際、

 

 

公式ブログ読者の皆さんの中にも、正月三が日に関しては、

『何もしていないのに、一瞬で過ぎ去ってしまった』と、

後悔と共に感じている方もいるのではないでしょうか??

 

 

このタイミングでは、

 

 

毎年、同様のことを書いている気もしますが、

『たかが3日間』と言えど、それを100回繰り返せば、今年一年が終わります。

 

 

昔の人が、

 

 

『一年の計は元旦にあり』とはよく言ったもので、元旦に限らず、

始動『3日間』を如何に計画的に過ごすことが出来るかどうかで、

『2020年』の充実度・達成度は、ほぼ決まっていると考えます。

 

 

冒頭から、頭を抱えさせてしまうような事を書いてしまいました(笑)

 

 

それでも、

 

 

『過ぎてしまった時間』は悔やんでも何にもなりませんので、

『今、この瞬間から、何が出来るか??』という建設的な思考で進みましょう。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『2020年の幕開け、その市場動向を占ってみよう』と題して、

スタートしたばかりの『2020年』、世界の『市場動向』について話を展開しました。

 

 

1フレーズで要約すれば、

 

 

昨年(2019年)から、市場は『虚像』の上に成立しているが、

今年(2020年)についても、その『狂乱』は継続すると見ます。

 

 

昨日、『2000字超』で展開した話を、

僅か『1フレーズ』で要約するのも、悲しいものがありますが(笑)

 

 

繰り返しになりますが、

 

 

経済市場で『イカサマ』が行われ、理屈上の『破綻』を迎えても、

現実に、『実体経済』にそれが顕在化するまでには『タイム・ラグ』が有ります。

 

 

前回の『金融危機』では、

 

 

米国・不動産市場の『イカサマ』に対して、

その異常事態に、最初に気付いた人物が出てきたのが『2004年』。

 

 

その中の一人、

 

 

ヘッジファンド・マネージャー、ジョン・ポールソン氏曰く、

『その時点で、住宅市場は理論上破綻していた』にも関わらず、

同市場は逆行して、『過去最高値』を更新して上昇し続けます。

 

 

そして、

 

 

それから3年経過した『2007年』にようやく、

『ピーク』を打ったかと思うと、そこから急降下して『金融危機』を引き起こす。

 

 

正確には、

 

 

『サブプライム・ショック』を引き起こした主因は『デリバティブ』ですが、

起点となった『米国・不動産市場』は、早くから崩壊していた事になります。

 

 

自身で書いていても感じていますが、

現在の『世界市場』で起こっている事と、不気味な程『リンク』しますね。

 

 

話を戻します。

 

 

上記の流れから、

 

 

今年、2020年についても、昨年末からの『宴』は継続すると考えます。

 

 

それは、

 

 

先ほどご紹介したように、『経済の粘性』から来る要因の他に、

各国中央銀行が見込む、『政策金利』の短期予測からも読み取れます。

 

 

皆さん、主要国のそれを、きちんと把握していますか??

 

 

現在、

 

 

FF金利の誘導目標上限を『1.75%』に設定している米国ですが、

『利上げ・利下げ』含めて、2020年の変更は予定されておらず、

『1.75%』という上限値は、しばらく継続です。

 

 

また、

 

 

政策金利が『マイナス』に突入している日本・ユーロ圏の両市場についても、

想定を超える経済状況悪化がない限り、それぞれ『ー0.1%』『ー0.5%』を維持。

 

 

懸念があるのは、

 

 

現時点、政策金利を『0.75%』で設定している英国(イングランド銀行)で、

EU離脱に伴う『FTA(自由貿易協定)』を無事に締結できない場合については、

国内経済の基盤を支える為、更なる『金利深掘り』も検討されています。

 

 

将来の覇権国『中国』について、

 

 

現在、1年ものの貸出基準金利が『4.35%』で設定されていますが、

こちらも、大きなショック(経済危機)がない場合は、今年についても維持。

 

 

要は、

 

 

主要各国の中央銀行は、年内いっぱい『様子見』の形なのです。

 

 

通常、

 

 

現在のように、市場が『熱狂』に湧いている局面においては、

中央銀行は『政策金利』を引き上げて、その過熱感を調整します。

 

 

反対に、

 

 

市場が冷え込む局面については、『利下げ』により流動性を上げて、

『お金』の循環スピードを上げて、経済を下支えしようと試みます。

 

 

それで、

 

 

前述した『政策金利・維持』のスタンスから見て取れるのは、

『熱狂は、実体経済から乖離しているという認識』に加えて、

『かと言って、追加利下げもし兼ねる』という状況なのです。

 

 

つまり、他に策無しの、ネガティブ思考での『ステイ(金利維持)』。

 

 

当然、

 

 

各国中央銀行はじめ、金融の中枢にいる人間からすれば、

現在の『熱狂』が『虚像』であることは明らかですが、

それを人為的に終焉させる訳にはいかず、放置します。

 

 

そういった思惑も、しっかり理解しておいた方が良いですね。

 

 

2020年、この『熱狂』の流れに乗って、あなたは踊り続けますか??

 

 

私自身は、現在、非常に悩ましい日々を過ごしている事は確かです(笑)

 

 

一時の『上下動』に一喜一憂することなく、

『大局観』を持って、『資産形成』に取り組んで頂けたら幸いです。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、神戸・三ノ宮1月28日(火)、大阪・梅田1月29日(水)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2020年1月28日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2020年1月29日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile