『消費税14%時代』、あなたは生き抜くことが出来ますか??

今日のテーマは、『消費税14%時代、あなたは生き抜くことが出来ますか??』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

『先延ばししたリスクは、顕在化した時挽回不可能になる』という話をしました。

 

 

この中で、

 

 

既存の『社会保障システム』の疲弊を指摘し、

それが顕在化(つまり、破綻)した時、『リスク』は挽回不可能になることを述べました。

 

 

私は、20代、30代、40代の方々を、よく『私たちの世代』と表現します。

 

 

それに対して、

 

 

60代以降の方々が『私たちの親世代』にあたりますが、

彼ら・彼女らが享受している『社会保障システム』を、

『私たちの世代』が同じ戦略で得られることは無さそうです。

 

 

『年金』『健康保険』『福祉』

 

 

これら3大要素に代表される『社会保障システム』は、

『私たちの世代』ではほとんど形骸化したものになってしまいました。

 

 

現在、

 

 

毎月の収入から納めてる各種『保険料』もあるでしょうが、

その『受け取り』に対しては、あまり期待しないほうが良さそうです。

 

 

普段、

 

 

クライアントさんの『ライフプラン提案』をさせて頂く際も、

『既存の社会保障システム』は殆ど(全く?)考慮に入れず、

自助努力で『年金資産』『セミリタイア資産』を築いて頂くようにしています。

 

 

『護送船団方式』の横一線で救われる時代は、とっくの昔に終わってしまっているんですよね。

 

 

そのことを敏感に察知して『行動』を起こした方々と、

薄々勘付いては来ているけど何もしない方々と(笑)、

まったく気付いていない幸せな方々で日本は成立しています。

 

 

完全に私の『肌感覚』ですが、

実際に『行動』している方々は、『10%』いれば良い方んんじゃないかな。

 

 

本当に、『みんな、どうするつもりなのだろう??』という時代が、今からやって来ます。

 

 

それで、

 

 

『社会保障システム』の疲弊の話とリンクしていますが、

日本の『財政』自体があまり良くない、という話もご存知ですよね。

 

 

こちらに関しても、

『リスク』を先延ばしし過ぎて、顕在化した際に『挽回不可能』になりそうです。

 

 

タイトルでも挙げさせて頂きましたが、

『消費税14%時代』と聞いて、みなさんどのような感想をお持ちでしょうか??

 

 

『そんな時代、来るはずがないよ。』

 

 

『もしもそうなったら、生活がかなり圧迫される!!』

 

 

どちらの意見にしても、現時点では、あまり『リアリティー』を感じられていないようですよね。

 

 

しかし、

 

 

今朝の産経新聞に掲載されていましたが、

経済同友会の小林喜光代表幹事が、同社インタビューへの回答で上記指針を示しています。

 

 

来年(2019年)10月には『消費税10%』への増税が予定されていますが、

それでは国家の財政健全化に間に合わず、その後早急に『14%』への増税が必要だそうです。

 

 

確かに、

 

 

例え『消費税10%』増税を達成したとしても、

源氏あの状況では、この数字で『国家予算』に匹敵する『税収』を確保することは不可能です。

 

 

本当に財政再建するためには、まずはこの水準を超える必要があり、

『消費税14%』を達成する事で、2027年度の基礎的財政収支(PB)は黒字化するようです。

 

 

ただし、

 

 

この数字でも『希望的観測』の雰囲気は払拭出来ず、

本当にプライマリー・バランスをプラスに持って行くためには、

現在の『歳出』削減を同時並行で進めていく事が必ず必要です。

 

 

まずは、

 

 

来年(2019年)10月に、

与野党全ての政党が、『選挙戦に勝つ!』という超ど短期思考をやめ、

長期的な『国家再建』のため、賢明な判断をする事が求められます。

 

 

『国家リスク』に関しても、

これ以上『延命処置』を続けても、何も解決しないし、事態は好転すらしません。

 

 

北欧諸国を中心に『消費税20%超』の国々もありますが、

日本もその水準まで引き上げないと、とてもじゃないけど間に合わないのが現実です。

 

 

*『そういった国々の殆どは、社会保障・福祉が充実している!』

 これは極めて真っ当なご意見ですが、ここでは触れないようにしておきます。

 

 

ここまで、淡々と話をしてきて、『井上耕太は、増税推進派なのか??』

『自分自身は、苦しくないのか??』といった声も聞こえそうです。

 

 

確かに、

 

 

『消費税20%超(*現在の8%比で約3倍)』の時代がやってきたら、

私自身、日本で生活していく上で、痛手を負う事になると考えます。

 

 

しかし、

 

 

『それくらい引き締めていかなければ、どうしようもないよね』という事。

 

 

『年金資金が無いから、払えない』と同じ理論ですが、

現在の日本は借金を無尽蔵に積み上げている状況ですから、

どこかで『税収』を上げなければ対応する事が出来ません。

 

 

このシンプルな理屈を理解するために、

私たちは小学校で『国語』『加減乗除』を学習しているのです。

 

 

ただ、

 

 

実際にそんな世界が訪れた時に、

『自分自身が、そのままその痛手を食らってしまうのか??』は別問題です。

 

 

単純な話、海外に出てしまえばいい。

 

 

『ベネズエラ』『プエルトリコ』の事例でも出していたように、

『資産』『言葉』『収入』の問題をクリアして、海外転出した人はこれを回避できます。

 

 

居住している国家、地域の財政が破綻してしまったのであれば、

自身が所属するエリアを変えれば、この問題は簡単に解決できます。

 

 

この意味が、本当に理解できる方はどれくらい居るでしょうか??

 

 

おそらく、日本全体で考えたら、9割以上の方々は理解できないでしょう。

 

 

しかし、

 

 

それを理解し、来るべき『Xデー』に向けて、

着々と『準備』を整えて居る方々がいるのも事実です。

 

 

現時点において、あなたはどちらサイドに所属しているでしょうか??

 

 

『自らの選択肢を広げる為、資産形成をスタートしたい!』という方に

最適なセミナーを、来月は5月23日(水)19:30スタートにて大阪・梅田で開催します。

 

 

■2018年5月23日(水)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

>>>>セミナーご案内ページはこちらをクリックください<<<<

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile