『生命』に危険が懸かる場面でも、『当事者意識』で考えられない愚者達。

今日のテーマは、『生命に危険が懸かる場面でも、当事者意識で考えられない愚者達』です。

 

 

本日昼頃、ちょっとした『騒動』に巻き込まれました。

 

 

結論から言えば、『事務所』が入るビルで『小火(ぼや)騒ぎ』が起きたのです。

 

 

突然、

 

 

非常の『警報音』がけたたましく鳴り響いたのが、午後1時半頃。

 

 

当初数秒は、

 

 

『今日、火災訓練の事前アナウンスあったっけ??』と呑気に考えていましたが、

『近隣の建物で火災発生!避難して下さい!』のアナウンスで、『現実』と認識。

 

 

その後、

 

 

決して『近隣の建物』などではなく、

『同じ建物の階下から出火』との訂正が入った事で、

一気に、『リアリティー(現実味)』が高まります。

 

 

扉を開けた瞬間、

 

 

何かが、燻されたような匂いの『煙』が、廊下に充満していた時は、

『本気(マジ)か、、、』と、急激に『恐怖感』に襲われましたね。

 

 

そこからは、

 

 

貴重品類と重要書類、最低限の仕事道具を一瞬でまとめて、

エレベーターも当然停止しているので、一目散に非常階段を駆け下りました。

 

 

ここでも、

 

 

『途中、火の手が強まっていたら、終わりやな』など、

非常事態なので、『あらぬ事』をあれこれと考えます。

 

 

ご経験ある方なら、理解できると思いますが、

こういった際の『待ち時間』ほど、『永遠』かのように感じるものは有りません。

 

 

実際には、

 

 

消防車到着までの時間は、『数分程度』だったと思いますが、

感覚的には、『無限』にも感じるほど長い体感がありました。

 

 

その後、

 

 

続々と消防車が到着し、警察も集結して交通整理を始めて、

現場建物近くは、一時騒然とした空気に覆われていました。

 

 

幸いな事に、

 

 

『小火騒ぎ』自体は、大した事なく解決に至り、

1時間ほど経過した頃には、私自身、通常業務に戻ることが出来ました。

 

 

それでも、なかなか焦りましたね。

 

 

これまで、

 

 

『火災現場』は、人生で何度か目撃した経験はありますが、

まさか、『自分が入居する建物』が火災になるとは、想像していませんでした。

 

 

可能性としては、全然有り得ることだと考えますが、

やはり、人間は『自己都合』でしか考えられません。

 

 

リアルに『生命』の危機を感じる出来事(体験)としては、

一昨年遭遇した『北摂地震(震度6弱:大阪市北区)』以来のことです。

 

 

しかし、

 

 

私が、それ以上に『驚愕』を通り越して『呆れて』しまったのは、

同建物に入居する方々の中に、全く逃げようとしていない人間がいた事です。

 

 

私自身、

 

 

警報発動から早急に逃げ出して、建物を見上げていたのですが、

驚くべき事に、いくつかの部屋には『灯り』が灯ったままになっています。

 

 

最初は、

 

 

『電気も消さずに、逃げ出したのかな??』と考えていましたが、

消防・警察が集結して騒然となっている現場一帯を、上階から、

スマート・フォン撮影する姿を、不思議な感情で見上げていました。

 

 

『ああ、人って、こうやって死んでいくんやな。』

 

 

『自らの生命が脅かされている時に、それを感じないなんて、

 この人達は、正真正銘と言える、愚か者やな、、、、』と。

 

 

少しだけ、想像してみて下さい。

 

 

到着した何台もの消防車から駆け下りてくる消防隊員の方々が、

必死で声を張り上げて、消火活動の準備を進めている場面です。

 

 

なかなか遭遇することが出来ないイベントを、

SNSで発信したいのか、友人・知人にシェアしたいのか。

 

 

その『感覚』は、私には全く理解することが出来ません。

 

 

結果、

 

 

大きく延焼することなく、被害も最小限に抑えられたのですが、

『当事者意識』を持つことが出来ない人間を目の当たりにして、

何とも言えない、『怒り』にも似た感情が湧いてきました。

 

 

もしかしたら、

 

 

公式ブログを読み進めて頂いている皆さんの中にも、

同様の感情を持たれた方が、いらっしゃるかもしれませんね。

 

 

今日、私が見たのは、紛れもない『愚者』です。

 

 

しかし、

 

 

今回遭遇した『小火騒ぎ』も、もっと視点を広げて見たら、

『一般の方々』にも、同様のことが言えるのではないかと考えました。

 

 

何のことか??

 

 

私たちが居住する『日本国』が抱える、『社会保障』の問題です。

 

 

昨夜(3月26日)は、

 

 

毎月主催する『資産形成セミナー@大阪』を予定通り開催し、

『資産形成』をスタートされる方々に、個人セッション受講希望を頂きました。

 

 

セミナー中もお伝えしましたが、

 

 

全体の人口が減少し、『経済全体』が減速傾向にある日本において、

その『未来』は、悲しい哉、決して『希望溢れる』とは言えません。

 

 

また、

 

 

『社会保障システム(年金・健康保険)』は形骸化しており、

40歳未満の若年層は、誰も『持続可能』だとは考えていないですよね。

 

 

世界では、

 

 

『SDGs』として、グローバルな視点での『持続可能性』が注目されますが、

私たち日本人は、目の前の課題として『年金持続可能性』を心配すべきです。

 

 

昨年(2019)末、

 

 

政府が公表した『年金財政検証』では、最悪のシュミレーションとして、

20年以内の『完全賦課方式(自転車操業)』移行まで示されています。

 

 

もしも、

 

 

その状況に陥ってしまったら、『年金保険料』を納付する、

その時点での『現役世代』の方々から、『暴動』が起きると予想されます。

 

 

加えて、

 

 

企業年金も『確定拠出制度』への移行が全国的に進んでおり、

『私たちの親世代』が享受したような『厚遇』は、決して期待出来ません。

 

 

その事が分かっている状況において、

 

 

あらゆる年齢、性別、立場、所属する業界に関わらず、

『資産形成』しないという選択は、『人生放棄』を意味すると考えるのです。

 

 

今日、私が目撃した、

 

 

『生命の危機』が迫る状況にも関わらず、動画撮影していた方々は、

議論する余地なく、正真正銘の『愚者』であると言えると思います。

 

 

しかし、

 

 

視点を広げて、『日本国』という非常事態に直面しているにも関わらず、

何も『準備』をしようとしない人間も、全く同等の『愚者』と考えます。

 

 

皆さん、『当事者意識』を持つことは出来ますか??

 

 

『馬鹿は、死んでも治らない。』

 

 

今回の『小火騒動』を体験したことで、その意味を、初めて理解しました。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は、神戸・三ノ宮4月23日(木)、大阪・梅田4月24日(金)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2020年4月23日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2020年4月24日(金)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile