『自己投資(教育関連費)』に対して、『聖域』は存在するのか??

今日のテーマは、『自己投資(教育関連費)に対して、聖域は存在するのか??』です。

 

 

21世紀に入って、空前の『自己投資ブーム』ですよね。

 

 

1980年代、

 

 

日本が『高度経済成長』から『バブル経済』を形成していた頃、

右肩上がりの状況であれば、そこまで流行しなかったかも知れません。

 

 

1989年、

 

 

『バブル崩壊』をターニング・ポイントとして、

日本の『経済』を取り巻く空気は一変しました。

 

 

奇しくも、

 

 

同年『平成』という元号がスタートしたわけですが、

2019年、新元号『令和』がスタートした時まで、

日本は『失われた30年』を過ごすことになります。

 

 

しかし、

 

 

この『失われた30年』についても、現時点『終わり』は見えず、

むしろ、社会には『先行きの不透明感』ばかりが増していきます。

 

 

昨年には、

 

 

終身雇用・年功序列に代表される『日本型雇用体系』の終焉が、

経団連会長や、日本トップ企業からも公表されてしまいました。

 

 

更に、

 

 

2020年、世界経済を突如襲った『コロナ危機』では、

凡ゆる業界が甚大な影響を受けて、瀕死の状態に追い込まれます。

 

 

実際、

 

 

現時点での予測値でも、2020年内の倒産企業数は1万社を超え、

休廃業・解散に追い込まれる企業数は5万社を超えると言われます。

 

 

また、

 

 

『非正規雇用』の方々を中心に、失業者は増加の一途を辿り、

休業者(失業者予備軍)も、全国600万人規模存在します。

 

 

最近、

 

 

日本国内でも、新型ウイルス感染拡大の不穏な空気が漂いますが、

もしも、予測以上の状況が訪れれば、上記数字は更に悪化します。

 

 

『自分の身は、自分で守る』

 

 

この言葉が、ぴったりな時代が到来しているように感じます。

 

 

この状況も後押しして、自らの『人的資本』を向上させる為、

『自己投資(教育関連費)』を計上する人が増加していると言います。

 

 

確かに、

 

 

歴史上、様々な偉人・成功者の著書、発言を紐解いても、

『最もリターンの高い投資は、自己投資』なる言葉が散見されます。

 

 

また、

 

 

お子さんをお持ちの親御さんであれば、

お子さんの『教育関連費』に対しては、

『聖域』として歯止めなく支出される方々も多いです。

 

 

果たして、その考え方は正しいのでしょうか??

 

 

『最もリターンの高い投資は、自己投資である』

 

 

私自身も、

 

 

この言葉を、基本的路線として『肯定的』に捉えていますが、

それは、決して『無条件』に認めているわけでは有りません。

 

 

何故なら、

 

 

世の中には、多額の『自己投資(教育関連費)』を計上しながらも、

『リターン』に恵まれない人が、掃いて捨てる程存在するからです。

 

 

結論から言うと、

 

 

『自己投資(教育関連費)』の分野についても、

『リターン』を明確に追い求めた方が良いです。

 

 

私自身、

 

 

岡山県の地方都市に生まれ育ったこともあり、

学校教育については、『私立』とは無縁の世界に生きてきました。

 

 

また、

 

 

大学まで『国立』に進んだ為、人生における『教育関連費』は、

『私立』を経由した方々より低コストに抑えられたと考えます。

 

 

にも関わらず、

 

 

大学卒業後は、東証一部上場の大企業からキャリアをスタートし、

当時から、会社員としては高い収入を得ることが出来ていました。

 

 

また、

 

 

その後も『費用対効果』にセンシティブに自己投資した結果、

現在では、自身で『FP業』を営める立場にまでなっています。

 

 

親族の中には、

 

 

大都市圏で生まれ育ち、早い段階から『私立』に通い、

私自身の何倍もの『教育関連費』を計上した家庭も知っています。

 

 

しかし、

 

 

その『費用(教育関連費)』が『リターン』に見合うかと言うと、

彼ら、彼女らの状況を観察した際、疑問を呈さずにいられません。

 

 

シンプルに、『ドブ銭』と感じてしまいます。

 

 

冒頭でも記述した通り、

 

 

空前の『自己投資ブーム』が到来した昨今、何を血迷ったか、

『自己投資に大金を拠出すること』を喜びとする新人類が生まれます。

 

 

彼ら、彼女らは、

 

 

今まで、自身が『自己投資』に拠出した金額を誇らしく語りますが、

残念ながら、その本人は、何一つ変化していない事がよく有ります。

 

 

1つだけ、明確にしておく必要があります。

 

 

自己投資とは、『計上した金額』の大小で測るのではなく、

それに対する『リターン』割合で計測すべきという事です。

 

 

古今東西、

 

 

多くの方々が『憧れる資格』はいくつか存在しますが、

その一つとして、『MBA(経営学修士)』という資格が挙げられます。

 

 

事実、

 

 

2000年代、『MBA神話』に対する熱は高まりを見せて、

世界的企業の経営陣には、このタイトルホルダーがゴロゴロ存在しました。

 

 

また、

 

 

中枢のポジションではなくとも、同資格を求める企業は多く、

修了者の初年度年収は12万ドル(約1300万円)に迫り、

学士取得者とは、年収として『2倍』の開きを見せました。

 

 

しかし、

 

 

今回の『新型ウイルス・感染拡大』が経済に与える影響も加わり、

上記のような『ユートピア(理想郷)』は、崩壊しつつあります。

 

 

実際、

 

 

世界の経済活動が、ほぼストップするこの状況で、

『MBA資格』は、以前ほど積極的には求められず、

タイトルホルダーも就職市場から溢れていると聞きます。

 

 

一般的に、同資格(MBA)取得には、

 

 

学費だけでも『15万ドル超』の費用が必要と言われており、

昨今の『超低金利』を背景に、学資ローン利用者も少なくありません。

 

 

就職市場に溢れると、

 

 

上記の『15万ドル』も、そのまま負債として扱われますから、

善かれと思って計上した『自己投資費』が『足枷』になります。

 

 

『自己投資(教育関連費)』に対しても、『聖域』は存在しません。

 

 

期待できる『費用対効果』をシビアに見定めて、

資金拠出されることをお勧めしたいと考えます。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■8/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/29(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■8/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/29(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile