『致命傷』を負うと、『リカバリー』するのは不可能になる。

今日のテーマは、『致命傷を負うと、リカバーするのは不可能になる』です。

 

 

早いもので、もう2018年の『7月』も終わってしまいますね。

 

 

私は、1年の中で最も『7月』が好きです。

 

 

基本的に『夏』が大好きなのですが、

梅雨が明けて、これから、まさに『夏』が始まろうとする感覚が何とも言えない。

 

 

今、事務所のある大阪・北区の西天満というエリアは、

大阪にお住いの方々はご存知ですが、『大阪府弁護士会館』がある地域です。

 

 

毎年、

 

 

梅雨明けの7月中旬頃になると、

並木に下からどんどん蝉が出始めて、一気に賑やかになります。

 

 

この『騒がしさ』を聞くと、毎年、『夏』がやって来たことを実感しますね。

 

 

あと1つ、『夏』という季節が好きな理由。

 

 

公式ブログでも、何度かお話しして来ましたが、

私自身、高校までは硬式野球部に所属して、甲子園を夢見る球児でした。

 

 

『7月』という季節は、翌月の甲子園大会の出場校を決める予選が、

全国各地で行われ、日々、熱戦、ドラマが繰り広げられる季節です。

 

 

この高校球児たちから与えてもらうエネルギー、感動で、

毎年、この時期になると『リフレッシュ』して若返る思いですね。

 

 

8月は『本戦』とも言える選手権大会(甲子園大会)が行われますが、

ここまで来ると、既に『夏』の終わりを感じる時期になるので寂しさの方が強い。

 

 

きっと、

 

 

大阪・岸和田の方々が、準備の期間が1番イキイキしていて、

『だんじり祭』がスタートすると悲しい気持ちになる感覚と同じだと思います(笑)

 

 

それで、

 

 

前述させて頂いた『夏の全国高校野球地方大会』ですが、

今年も、早くから全国各地でドラマが数多く見られました。

 

 

高校野球がお好きな方はご存知でしょうが、

『高校野球』は、『夏』の前の全国大会として『春のセンバツ』が開催されます。

 

 

当然、

 

 

昨年秋季大会の成績をもとに選考されるこの大会も、

出場して来るチームは、全国の強豪と言われるチームばかりです。

 

 

いや、

 

 

『出場高校数』が夏よりも少ないという観点では、

『夏』以上に、激戦を勝ち抜いて来た『猛者』と言っても良いかも知れません。

 

 

しかし、

 

 

そんな『初のセンバツ』出場校である『猛者』たちが、

地方大会の、しかも、序盤の『1回戦』『2回戦』で相次いで負けてしまったのです。

 

 

特に、

 

 

今年は、私もかなり仕事の手を止めて『センバツ』に足を運んだので、

現地で、彼ら(出場校)の強さは嫌という程、見ています。

 

 

中には、

 

 

途轍もないヘッドスピードでバットを振る強打者もいて、

高校卒業後、確実に『プロ』からドラフト指名を受ける選手も目の当たりにしました。

 

 

それが、

 

 

『夏の選手権大会』に出場しないどころか、

地方大会序盤で、しかも、あまり前評判の高く無かった高校に、あっさりと負けてしまう。

 

 

これには、何か『理由』はあるのでしょうか??

 

 

1つは、全国的に『高校野球』のレベルが年々上がっており、

各高校の実力差が、それほど大きくなくなって来ていることが挙げられます。

 

 

実際、

 

 

私が現役球児だった頃から比較して、現在は格段にレベルが上がっており、

その1つの指標、投手の投げるスピードボールの解釈が変わってしまっています。

 

 

私たちの現役時代、

 

 

急速『140キロ』を投げるピッチャーは県内でも限られており、

そういった投手は、間違いなく新聞でも取り上げられる『注目選手』でした。

 

 

それが、

 

 

『17年間』の時を経て、現在では基準が『150キロ』に上がり、

更に、エース格ではなく、控え投手が出て来てもその基準をクリアします。

 

 

メジャーリーグで流行している『新球』の変化球も、

情報化社会の流れか、ど田舎から出て来た高校のピッチャーが習得して投げる始末。

 

 

『バッティング・マシン』の性能も上がっているのか、

キレの良い変化球、『150キロ』を超える速球も、打ち返す打者もバンバンいる状況。

 

 

もう、明らかに『時代』が変わっていますね。

 

 

話をもとに戻すと、『大波乱』という試合が続出した原因の1つは、

『各校の実力が伯仲している』ことが、間違いなく、挙げられると思います。

 

 

そして、今日お話ししたいのは、私が考える原因の2つ目です。

 

 

それは、

 

 

試合の『序盤』で不意を突かれて『大量失点』し、

それが『焦り』を生み出し、『実力』を発揮し切れないまま終わってしまう事です。

 

 

冒頭では、

 

 

『猛者』という言葉でお伝えしましたが、

良く考えて見たら、彼らも、対戦相手の球児と同様に『高校生』です。

 

 

『甲子園』を目指してやって来たのは『高校3年間』だけでなく、

小学生時代のスタート方考えると、『10年間』以上の期間戦ってきています。

 

 

その『集大成』とも言えるのが、今、話している『夏の甲子園』で、

『負けたら、終わり』の状況の中、かなりのプレッシャーと共に戦っています。

 

 

そして、

 

 

『9イニング』という限られた『攻撃』と『守り』のチャンスの中で、

相手に大きく『先手』を取られると、『焦り』が先行し、実力を発揮せず終わってしまうのです。

 

 

私自身、経験してきた事なので、これは間違いないですね。

 

 

『序盤に大量失点する』という事は、言葉を変えると、『致命傷を負う』という事です。

 

 

『高校野球』然り、

 

 

どんなに『実力』がある強者でも、『致命傷』を負った状態で、

そこから『リカバリー』して挽回する事は、どの世界でも不可能になってくるのです。

 

 

これは、『資産形成」でも通じる所があります。

 

 

例えば、

 

 

1番わかりやすく、最もポピュラーに皆さんがハマる罠が、

巨額の融資を受けて、『マイホームを購入する』という『致命傷』。

 

 

この選択を人生の序盤でしてしまうと、『リカバリー』するのは相当困難です。

 

 

上記では『巨額の融資』と表現しましたが、

これは、その方の『収入』に対する相対的な割合で決まってくると考えます。

 

 

しかし、

 

 

『年収500万円』程度(必然、可処分所得はもっと少ない。)でも、

『3000万円』『4000万円』程の融資を受けてしまう方々がザラです。

 

 

そういった方々は、

 

 

自身の『年収』に対して『10倍』近くのレバレッジを掛けて、

『不動産市場』における『信用取引』をしている事に気付いているのでしょうか??

 

 

最近は少し雲行き怪しくなってきましたが、

それでも、まだまだ『低金利』で長期ローンが組める時代です。

 

 

その中で、目先の『返済金額』だけを短期視点で考えて、

『30年』かそれ以上の『住宅ローン』を組む戦略が、本当に正しいのでしょうか??

 

 

一般的な話として、

 

 

4年制大学卒業者の、『正社員』での生涯年収が、

『2億4000万円』程度と言われている時代です。

 

 

これは、

 

 

雑誌の『年収ランキング』上位にランクインしている企業に勤めても、

(極一部、数社の例外企業を除いて)『2倍』の差は絶対に付きません。

 

 

『可処分所得』に直すと、その金額はさらに少なくなります。

 

 

その中で、

 

 

ローン返済していく『金利』と、融資を受けた『元本』含めて、

一生涯で『5000万円』『6000万円』の支出は、大部分を占めてきます。

 

 

それを、30歳そこそこの『人生の序盤』で、早々に決定してしまうのです。

 

 

これは、先ほど私が例に挙げた、甲子園経験校と同じく、

『序盤の大量失点』という『致命傷』ではないでしょうか??

 

 

『スポーツ』の世界も、『資産形成』の世界も、

『序盤の大量失点=致命傷』を負うと、その後の『リカバリー』は不可能になってきます。

 

 

その事をしっかりと理解して、

日々、自分をコントロールして『資産形成』に励んでもらえたら幸いです。

 

 

『自ら決断・行動し、資産形成をスタートしたい!』という方に最適なセミナーを、

大阪・梅田は8月24日(金)、神戸・三ノ宮は8月27日(月)に開催致します。

 

 

■2018年8月24日(金)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2018年8月27日(t)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile