『覇権』を持つ国で奏でられた『仮想通貨狂想曲』。

今日のテーマは、『覇権を持つ国で奏でられた仮想通貨狂想曲』です。

 

 

SNSで繋がっている方々は情報発信させて頂きましたが、

昨日まで、クライアントの方々と香港に渡航していました。

 

 

現地の気温は、最高気温で27℃前後。

 

 

最低気温でも20℃を下回ることは無い。

 

 

日本で言えば『9月中旬』くらいの気温で、とても過ごしやすいです。

 

 

加えて、

 

 

今回の渡航では、天候に恵まれ、傘をさす機会もなく、

お陰様で、『夜景』等の観光は全て完璧な状態で堪能できました。

 

 

参加された女性陣が、いつも以上に『食』に熱心で(笑)、

現地では、全ての食事のクオリティーも高かったように思います。

 

 

昨夜、無事、関西国際空港に帰還し、

今朝は『ライフワーク朝活』があったので、余韻なく『普段の生活』に戻ってきました。

 

 

今日から、また日本でしっかり活動していきます。

 

 

さて、早速本題に入ります。

 

 

今日のテーマは、先週香港渡航前に決めていたのですが、

予想せずして、とても『タイムリー』な話題になりました。

 

 

と言っても、

 

 

1年前ならまだしも、今ではもう、

ほとんどの人が『マーク』していないかも知れませんね。

 

 

タイトルに書かれているので、勿体ぶりませんが、

『仮想通貨』について、日本で起きている『怪奇現象』についてです。

 

 

仮想通貨売りに終わり見えず、ビットコインは4000ドル接近

 

 

今朝の記事では、ブルームバーグでもこのように取り上げられています。

 

 

先週まで『6000米ドル』前後で暫くの期間安定していた価格も、

香港渡航していた今週に入り、一気に下落し『4000米ドル』を射程圏内に。

 

 

『ビットコイン、価格』などでWeb検索したら価格推移がわかりますが、

ここ数日間の間に、断崖絶壁のような『二段階下落』を記録しています。

 

 

『投機目的』で保有していた方々は勿論、

個人で『採掘(マイニング)事業』に勤しんでいた方々も、厳しい現実ですね。

 

 

それでも、

 

 

『レバレッジ』をかけなければ『マイナス』を被る事はありませんので、

『含み損』を多分に抱えながらも、耐え忍んでいれば乗り切れるかも知れません。

 

 

一般的には『塩漬け』と言うのですが(笑)、

『俺は、仮想通貨の将来に懸けた!』と言い切り、

『10年間』保有し続けたら、『利益確定』できる可能性もあります。

 

 

ただ、

 

 

そこで得られる『リターン』が、

『10年間』という時間に相応しいかは、疑問が残りますが、、、、。

 

 

それで、

 

 

世界の『スタンダード』と比較して、

『仮想通貨』を取り巻く環境においても、やはり『日本』は独特な状態にある事がわかります。

 

 

『そもそも』の情報整理ですが、

 

 

現在、世界で主に流通している『通貨(貨幣)』は、

発行主である各国政府が『価値』を認める、『信用創造』において成立しています。

 

 

全通貨共通に、

 

 

『物質』としてのそれ自体には何の価値も無く、

せいぜい、あるとして『製造』の際にかかるであろう『コスト』だけです。

 

 

少し前の情報かも知れませんが、

日本円で言うと、『1万円札』を製造するコストは『約22円』ですね。

 

 

これを超えて、

 

 

『1万円分の価値がある!』と思うのは、私たちの行動幻想で、

その『幻想』が覚めた時、あの『紙切れ』は、一瞬にして『価値』を失います。

 

 

実際に、

 

 

それは発展途上国の経済が悪化している国々で起こっていて、

『インフレ』『デノミ』のセット政策で、国民生活がズタボロの国などゴマンとあります。

 

 

幸いな事に、

 

 

私たちが生活する『日本』は、ここ数十年間『貨幣価値』が安定した事で、

(若干の変動はあったにせよ)『経済的有事』を経験せずに済んできました。

 

 

途上国、特に、経済が安定しない国々では、

 

 

『通貨価値』の変動幅(ボラティリティ)は大きく、

それは『国民生活』にダイレクトに影響しますから、

全ての国民が、センシティブに神経を張り続けています。

 

 

例えば、

 

 

上記のような国々では、『既存通貨』の信用性が低いので、

その代替を、新興勢力の『仮想通貨』に委ねようと言う動きもわかります。

 

 

あらゆる物事に通じますが、

 

 

『既得権益』『覇権を持つ者』に対する対抗策は、

歴史を紐解いても、『革命』『クーデター』のようなものしかありません。

 

 

そこには『リスク』を伴うものの、

可能性的には劣勢ながらも、成功すれば、大きな『リターン』に繋がる。

 

 

元々、『失うもの』がほぼ無い状態なのですから、

指をくわえて待っているより、自らアクション起こした方が良いと言うわけです。

 

 

要は、これらは『捨て身の戦略』なのです。

 

 

『仮想通貨』においても、この理論は成立していて、

 

 

世界的に『熱狂』したのは、『覇権』も持つ国家の人々では無く、

自国通貨の『信用』が低く、『捨て身の戦略』に整合性が感じられる国の方々だったのです。

 

 

ただ、1つの国を除いて、、、、。

 

 

前述の通り、『信用創造』がぐらつき始めた現代、

『貨幣』において、真の意味での『安定』『覇権』は世界中どこにも存在しません。

 

 

しかし、

 

 

それでも、世界の基軸通貨である『米ドル』に加えて、

『ユーロ』『英国ポンド』『日本円』『人民元』は、

世界全体から見て『覇権』を握る通貨として良いと考えます。

 

 

こう考えると、

 

 

『日本』は、『一発逆転思考』で勇猛果敢(?)に市場に入る必要性は低く、

どちらかと言えば、『負けない戦略(勝者の戦略)』で市場に入れば良かった。

 

 

具体的には、

 

 

『仮想通貨』市場に入るのであれば、保有資産全体の『5%未満』に留め、

興味が無いなら、『決済手段』として確立してからの保有で間に合いました。

(*決して、仮想通貨取引を勧めるものではありません。)

 

 

しかし、

 

 

『金融リテラシー』の最貧国である『日本』は、

いとも簡単に『メディア』に踊らされ、世界の先陣を切って『熱狂』したのです。

 

 

『仮想通貨』の取引高がピークに達した昨年末から今年年初にかけて、

世界全体の『取引高』の約半分が『日本』だったと言うから驚愕です。

 

 

この事実を知れば、その『狂気』ぶりが分かりますよね。

 

 

『金融リテラシー』、しっかりと高めていきましょう。

 

 

それが、『お金』を持つ者の役目だと思いますし、

今後の世界で、それを持たずして『資産形成』することは出来ません。

 

 

ブログ読者の皆さんが、『偽りの情報』に惑わされる事なく、

堅実に、着実に、真の『資産形成』に励んで頂くことを願っております。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

神戸・三ノ宮は明日11月22日(木)、大阪・梅田は11月27日(火)に開催します。

 

 

■2018年11月22日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年11月27日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile