『金融センター:香港』に、近年訪れている『異変』。

今日のテーマは、『金融センター:香港に、近年訪れている異変』です。

 

 

数日前から、

 

 

クライアントの皆さんと香港渡航している事は、

 SNS等でも情報発信していますし、昨日の公式ブログでも述べました。

 

 

ここ数年は、

 

 

年間5、6回のペースで訪れていますが、

私自身、ちょっとした『非日常』を味わう場所であり、

リフレッシュするのに丁度良い期間を楽しんでいます。

 

 

初めて訪れたのは、今から約7年ほど前。

 

 

その頃は、

 

 

中国本土を結ぶ高速鉄道(新幹線)も未だ建設中で、

現地不動産市場は、『今買えば、5年後には2倍(で売れる)』と言われる時代でした。

 

 

今でも、

 

 

初めて訪れるクライアントさんは、皆さん驚かれますが、

私も、初渡航した際は、街の、人の活気にとても刺激を受けましたね。

 

 

特に、

 

 

東京をはじめとした関東方面からよく聞かれる声が、

『街行く人の顔が明るい、エネルギーを感じる』というものです。

 

 

確かに、

 

 

それは、私が初渡航してからずっと変わらないもので、

象徴的なのが、日付をまたぐ時間帯になっても、

街中にはオープンしている見でも多く、人も溢れています。

 

 

普段、

 

 

大阪・梅田近郊の中心部に自宅兼事務所を構えていますが、

日本2番目の大都市においても、ここまでの賑わいは無いですね。

 

 

もともと、

 

 

国家・自治体というレベルでは土地も狭く、

人も、資源も、産業もほとんど十分に持つことがなかった『香港』。

 

 

夏はうだるような暑さが続き、

電気・水道といったライフラインまで、中国本土からの輸入に頼らざるを得ない街。

 

 

『都市』としては致命的な状況にあるにも関わらず、

現在のような『ヒト』『モノ』『金』を集めるのは、

それだけ『金融センター』というメリットが魅力的だからでしょう。

 

 

特に、

 

 

現地では明確に区別される『中国人』の方々は香港が大好きで、

陸路で入れる上、良質なものが『低コスト』で取得出来るのが、この街の魅力です。

 

 

反対に、

 

 

現地・香港の方々は『香港人』としてのプライドを持っており、

大陸本土の『中国人』と一緒にされるのを、基本的に嫌います。

 

 

この辺り、

 

 

関西にお住いの方々はイメージがつきやすいと思いますが、

『京都』『神戸』出身の方々が、『大阪人』と言われるのを嫌うのと同じです(笑)

 

 

そこには、

 

 

しっかりと、その土地に根ざして生活してみないと分からない、

とても『センシティブ』『ナイーブ』で有りながら、『明確な差』が存在します。

 

 

あまり知られていませんが、

 

 

現地のトップ大学『香港大学』は、

世界大学ランキングでは『東京大学』と並ぶほど優秀な学生が集まります。

 

 

そして、

 

 

その『優秀な学生』が大学を卒業してからも、

世界有数の有名企業が、彼らの就職先として『受け皿』になる。

 

 

このような環境もあって、これまで、

香港に生まれ育った方々は、そのまま香港で居住し続けることが主流でした。

 

 

その状況に、近年、異変が見られていると言います。

 

 

18歳から30歳未満までの若者を中心に、

香港外への『移住希望者』が、ここ数年間で急増していると言うのです。

 

 

香港中文大学に調査によると、

 

 

2018年現在、18歳から30歳の香港居住者で、

香港外への『以上希望者』は、実に、過半数超えの『51%』に上りました。

 

 

この数字は、前年比『5.5ポイント』増加です。

 

 

その理由としては、

 

 

『政治的な対立が多すぎる』『政治制度に不満』等々あるようですが、

最も大きな要因は、『人が多くて住環境が悪い』というものです。

 

 

より分かりやすく言うと、次のようになります。

 

 

『居住費を始めとした生活コストが高過ぎて、生活出来ない。』

 

 

実際、

 

 

香港内での『住宅価格』は、平均世帯年収の『約20倍』と言われており、

『米国:約4倍』『カナダ4.3倍』等先進諸国内でも突出した数字になっています。

 

 

あまり好意的に捉えられないかもですが、この数字というは、

9年連続で、世界の主要都市で『最も住宅を手に入れにくい都市』を表しています。

 

 

仮に、

 

 

日本の平均年収を分かりやすく『400万円』と考えると、

平均して『8000万円』ほどの購入価格になりますから、

その金額の大きさがお分かり頂けますよね。

 

 

更に、

 

 

そのような『高額』を支払ったとしても、

日本人がイメージする『8000万円』の住宅が手に入る訳ではなく、

せいぜい『2000万円』程度の物件が購入できるレベルなのです。

 

 

要は、

 

 

日本の住宅価格を『基準』として考えるならば、

その原価の3倍ほど『プレミアム』が乗っている計算になります。

 

 

事実、

 

 

前述した、『エリート』である香港大学卒業生たちでさえ、

世界トップのコングロマリット企業に就職していながらも、

新卒社会人での『一人暮らし』など、『夢のまた夢』です。

 

 

こういった状況に、

 

 

将来的な希望を見出せなくなった若者たちが、

愛着ある『香港』を捨てて、外の世界へと活路を見出そうとしていると言います。

 

 

『金融センター』という享受できるメリットを捨ててでも、

そのような選択を取ることは、一昔前ではなかなか考えられませんでした。

 

 

『金融』に限らず、あらゆる分野で、未来永劫続く『絶対』は存在しません。

 

 

この報道も、刻々と変わる状況もしっかりとウォッチしながら、

『資産形成』を進めていかなければいけないと考える1つの事例です。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮3月25日(月)、大阪・梅田3月27日(水)の日程にて開催します。

 

 

■2019年3月25日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2019年3月27日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile