【書籍100日チャレンジ:お金の『持ち方』も、これからは大切】

【書籍100日チャレンジ:お金の『持ち方』も、これからは大切】

 

 

『100日チャレンジ:58日目』★

 

 

2017725日の『Amazonランキング第1位』を目指して、

日々、情報発信を続けていくのがこの企画です(^_^)

 

 

今日のテーマは、『お金の持ち方も、これからは大切』です。

 

 

昨日の記事では、『お金の置き場所も、これからは大切』という話をしました。

 

 

今日の話は、それとも通じる所がありますね(^_^)

 

 

今春、密かに日本銀行内で、話題になる本がありました。

ハーバード大のロゴフ教授の近著、『現金の呪い』です。

 

 

この本の冒頭部分は、次の一文で始まります。

 

 

『まず、1万円紙幣の廃止を、』

 

 

皆さん、こういった話を聞かれたことがありますか??

 

 

奇しくも、最近、報道の自由度世界ランキングで、

日本がこのところどんどん順位を下げていることが発表された折。

 

 

実は、世界ではこのようなことは頻繁に起こってるんですよね(^_^)

 

 

最近では、インドが高額紙幣の発行を突然廃止し、

欧州でも、『500ユーロ紙幣』の発行中止が既に決まっています。

 

 

実は、『日本円1万円紙幣』に関しては、

世界的には、それほど高額紙幣と言うわけではないのですが(^_^)

 

 

世界で相次ぐ、その国の『高額紙幣』の廃止。

これには、どういった意味があるのでしょうか??

 

 

はっきり言ってしまうと、

 

 

これらの動きは、

『国家』が『国民資産』の把握・管理を、よりし易くする為のものです。

 

 

『マイナス金利』導入による預金金利の低下や、

悪化を辿り続ける、『日本の財政問題』、

加えて、昨今のマイナンバー制度の導入などなど。

 

 

これらから自らの資産を守るべく、

富裕層を中心に『タンス預金』率が高まっていると言われています。

 

 

実際、私のクライアントの中にも裕福な方がいらっしゃいますが、

『お義母さんが、銀行からお金を引き上げている』と言う話を聞いたことがあります。

 

 

数年前に話題になったトマ・ピケティ著の『21世紀の資本』、

そして、脳機能学者・苫米地英人さんの数々の著書。

 

 

これらの中でも述べられている歴史的事実に、

次のような言葉があります。

 

 

『国家』とは、つまり『徴税機関』『徴税システム』のこと。

 

 

これは本当に真実を言い当てていて、

 

 

2016年度末で国・地方債累計で1200兆円以上積み上げた借金も、

最終的には、国民資産没収でしか、解決の糸口は見つけられません。

 

 

『お金を持っている人達』『富裕層』はそれを恐れて、

金融機関ではなく、手元にお金を置いておくべく、

高額紙幣でのタンス預金に勤しんでいる、、、、と。

 

 

確かに、『1万円紙幣』を廃止することで、

この流れは少しだけでも抑制出来るかも知れません。

 

 

今、『国家』と『国民』の間で、

『イタチごっこ』が密かに始まろうとしていたんですね。

 

 

皆さん、ちゃんと気付いていましたか(^_^)??

 

 

それで、『国家』からの資産管理を外す目的で、

『タンス預金をする』という選択ですが、、、、。

 

 

確かに、この行動を取る方は『意識が高い方』ですが、

私としては、この対策は全く意味を成さないと考えます。

 

 

と言うのも、

 

 

第二次大戦後、日本政府が実行した、

『新円・旧円交換スキーム』『預金封鎖』『資産課税』等、

一連の流れを使えば、『タンス預金』は全く無力だからです。

 

 

ここでは詳細は述べませんが、

ご興味ある方々は、ぜひご自身で調べてみてください(^_^)

 

 

『お金の持ち方も、これからは大切』

 

 

『お金』について必要な能力は様々ありますが、

その中でも、『守る』という能力は、資産形成において最重要と考えます。

 

 

いくら『稼ぐ能力』が高い人達でも、

この能力の欠如により、資産形成出来ない方を多く見てきました。

 

 

あなたがしっかり働いて稼いできた『お金』を、

他の方々に奪われないように、失わないように、守る。

 

 

誤解を恐れずに言えば、

その相手として、『国家』も決して例外ではありません。

 

 

もしあなたが『資産形成したい!』と考えるのであれば、

『お金持ち方』『保全の仕方』も意識してみてください。

 

 

まずはそういった『思考』を身に付ける為にも、

私の著書を、一度ご覧頂けたら幸いです(^_^)★

 

 

『お金持になるファーストステップ

 -20代から始める、40歳セミリタイアライフプラン-』

 

 

■書籍ご紹介リンクはこちら■

 

 

『資産形成』にご興味を持たれた方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』にお越し頂けたら幸いです(^_^)★

 

 

■プライベートセッションご案内はこちら■

 

 

それでも、『いきなり個人セッションも勇気がない』という方もいらっしゃると思います。

 

 

その場合、

 

 

『資産形成』のスタートアップに最適なセミナーを、

6月26日(月)19:30より大阪・梅田で開催します。

ぜひ、こちらを有効活用頂けたら幸いです(^_^)★

 

 

■6/26(月)開催!将来のお金の不安が消えるセミナーin大阪・梅田■

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

本当に人生は好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております(^_^)★

 

 

『書籍100日チャレンジ』に関しても、

皆さんに、ご協力頂きたい事があります。

 

 

①この記事をFacebookLINE等でシェアしてください。

 

 

②まだご覧頂いてない方は、購入し、早期読破してください。

 

*FBコメント欄に書籍紹介サイトリンクがあります(^_^)

*公式サイト・アメブロには記事横に書籍紹介リンク有り。

 

 

③リアルな関係の方々に、私の書籍をご紹介ください。

 

 

以上です!

 

 

皆さんのご都合が良いポイントだけで結構です。

 

 

お一人お一人のご支援・ご協力が、

本当に私の励みになりますし、合わさると『大きな力』に変わります(^_^)

 

 

今後も活動を継続していくので、応援のほどお願い致します(^o^)!

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile