あなたは、『キプロス・テスト』を知っていますか??

今日のテーマは、『あなたは、キプロス・テストを知っていますか??』です。

 

 

冒頭、予めお伝えしておくと、『キプロス・テスト』は私の造語です。

 

 

他では聞いたことがないので、恐らく、そうです。

 

 

ただ、

 

 

意味としては、正しく表現出来ていると感じていて、

言葉が示すイベントは、2013年に起こった『キプロス:財政破綻』です。

 

 

意外なことに、

 

 

『金融』の世界を生業とする人間には『常識』であるこのイベントも、

一般の方々には、ほぼ『ゼロ・ベース』でしか認知はされていません。

 

 

確かに、

 

 

その前後のイベントを思い返すと、2007年のサブプライムから始まり、

2008年のリーマン・ショックや、その翌年から顕在化する欧州危機と、

インパクトの大きな出来事が連続しています。

 

 

また、

 

 

その後に起こった『ギリシャ・デフォルト(国家破綻)』も、

『キプロス』での出来事をマスキングする、1つの要因になっていますね。

 

 

そもそも、

 

 

『キプロス共和国』という国家が存在すること自体、

一般的な日本社会では、殆ど知られていないのではないかと想像します。

 

 

この辺り、

 

 

歴史的、宗教的、民族的なことを述べ始めると、話が逸れるので避けますが、

地中海に浮かぶこの島(国家)は、欧州金融の1つの要所を担っていました。

 

 

所謂、『オフショア』ですね。

 

 

元々、

 

 

人口も100万人程度しか存在しない、小さな島国でしたが、

国家政策として『オフショア』を採用することで、富裕層マネーを呼び込みます。

 

 

特に、

 

 

地理的利点から、『ロシア』の資金が多く流入したと言われますが、

2004年の欧州連合(EU)加盟、2008年のユーロ採用を経て、流れは一気に加速。

 

 

キプロスに限らず、

 

 

欧州には、経済的視点での『北』と『南』が存在していますが、

2000年代初頭は、まさに『北』から『南』に資金大移動が起こる時期でした。

 

 

実際、

 

 

その『異常さ』は数字にもしっかりと現れていて、ユーロ導入から2年間、

『使用者不明へ送金』は、国家全体のGDP比『15%』まで増幅します。

 

 

また、

 

 

同じくユーロ導入から破綻までの5年間、国内金融機関の時価総額は、

対GDP比で『1000%』に達するほどに『異常増殖』していました。

 

 

『日本国』の数字で置き換えるなら、

 

 

『使用者不明の送金』が、1年間で『80兆円』ほどを記録し、

金融機関の規模が、総合計で『5000兆円』を超えている状態ですね。

 

 

因みに、

 

 

『新型コロナ・ウイルス』が直撃する以前、経済が『正常運転』の状態で、

『国家税収』は、1年間で『60兆円』に達するかどうか、というレベル。

 

 

如何に、

 

 

当時のキプロスが『異常事態』だったか、想像して頂けると思います。

 

 

しかも、

 

 

ユーロ導入以前はというと、全人口の62%が観光業に従事し、

GDPの70%を観光産業で構成していた、所謂『発展途上国』。

 

 

それが、

 

 

極短期間に『金融立国』として、驚異的な急成長を遂げるのですから、

『個人』で例えた場合の、『宝くじに当たった』現象と似ていますね。

 

 

概して、

 

 

『火種』というのは、好調な時期にほど燻り始めるものですが、

前述の期間、実は、キプロス政府の保有資産にも『警鐘』は鳴り続けていました。

 

 

と言うのも、

 

 

あまり考えられない事ですが、この時、

保有資産の25%を『ギリシャ国債』が占めるまでになっており、

同国の国家破綻と同時に、破綻するリスクが高まっていたのです。

 

 

要は、『貸し倒れ』です。

 

 

当然、

 

 

それまで、流入し続けていた『富裕層・機関投資家』の投資マネーは、

一瞬でストップし、文字通り『一夜』にして『財政破綻』を迎えます。

 

 

その後、

 

 

EU(欧州連合)、IMF(国際通貨基金)に対して経済支援を要請しますが、

条件は厳しく、預金封鎖・資産課税により、事実上の『資産没収』が行われます。

 

 

上記で、

 

 

海外からの『富裕層・機関投資家マネー』の流入はストップしたと言いましたが、

自(キプロス)国民に関しては、キャピタル・フライトは徹底的に阻止されます。

 

 

この時期、

 

 

クレジットカード、デビットカードの決済すらも止められる状態に陥り、

手持ちの現金を保有するもの以外は、食料すら手に入れられなかったと言います。

 

 

勿論、

 

 

デフォルト(債務不履行)した国家においては、

『社会保障』等のサービスも大幅削減されますから、国内を大混乱が襲います。

 

 

最終的に、

 

 

トロイカ(EU、ECB、IMF)のベイル・イン(介入)により救済支援を受けますが、

キプロス国民が負う事になった『代償』は、前述の通り、壮絶なものになりました。

 

 

ところで、

 

 

タイトルに採用した私の造語『キプロス・テスト』ですが、

この国家の財政破綻は、一部で『テスト』ではなかったのかと囁かれています。

 

 

と言うのも、

 

 

当時のユーロ圏財務相会合議長だった某人物が、

インタビューの席で、『気になる発言』をして物議を醸していたからです。

 

 

その発言というのは、

 

 

2013年に起こった『キプロス財政破綻』は、

今後、どこかの加盟国が破綻した際の『モデル・ケース』になるというもの。

 

 

確かに、

 

 

人口が『100万人』にも満たない小国ながら『欧州連合』に加盟し、

共通通貨『ユーロ』を採用するという、極めて『異例』なモルモット。

 

 

増して、

 

 

四方を海に囲まれた『島国』という地理的利点も整っていますから、

これほど、『デフォルト・テスト』に向いている国など有りません。

 

 

『条件』が、揃い過ぎています。

 

 

何故、

 

 

2020年を迎えている現代に、7年も遡る出来事、

『キプロス・テスト』の話を蒸し返しているのか??

 

 

この続きは、明日の公式ブログでお伝えしていきたいと思います。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今月(5月)以降も暫くの期間、

大阪・神戸ともに、『完全個別:Zoom受講』へと切り替えて行います。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

新型コロナ・ウイルス感染拡大に伴う、事態の早期収束・終息と、

ご覧頂いている皆様のご健康を、心より、お祈り申し上げます。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile