あなたは、『メディア・コントロール』されていませんか??

今日のテーマは、『あなたは、メディア・コントロールされていませんか??』です。

 

 

タイトル通りですが、冒頭1つの質問から入らせて頂きます。

 

 

『あなたは、メディア・コントロールされていませんか??』

 

 

この質問に対して、

 

 

自信を持って『YES』と答えられる方々はどれほど居るのでしょうか??

 

 

むしろ、

 

 

現代社会に生活していながら、

『メディア・コントロール』されていない人の方が稀有な存在です。

 

 

この質問をしている私自身、

少なからず『メディア・コントロール』は受けてしまっている。

 

 

その証拠に、

 

 

先日から、『1日』の中でスマートフォンに目をやる回数を、

意識的にカウントし始めてみたのですが、

自身が想像している以上に、膨大な数になり愕然としています。

 

 

この試行、公式ブログ読者の皆さんも、一度試してみて下さい。

 

 

例えば、

 

 

電車に乗れば、車両ごと各々スマホを見ているのは日常ですし、

信号等のちょっとした待ち時間でも、私たちは直ぐにそれに目をやります。

 

 

若い世代の方々など、スマートフォンを家に忘れただけで、

その日1日を台無しにしてしまうような絶望に陥ると言います。

 

 

いや、私たちが子供の頃、『スマート・フォン』、無かったんですけど(笑)

 

 

高速通信が可能になった頃から、ネット社会は急速に進歩し、

『SNS』の登場で、『メディア依存』も革命的なほど進みました。

 

 

最近では、

 

 

『マスメディア』の発信より『SNS』の発信の信用度が高まり、

様々な物事をネットで調べる際、『SNS』で検索する方々も多いのだとか。

 

 

本当に、10年ほど前から考えたら、想像もつかない時代に突入しています。

 

 

今日、話題として取り上げさせて頂きたいのは、

その『SNS』急伸の代名詞ともいうべき存在『Facebook』についてです。

 

 

ご存知の方もいらっしゃる通り、

 

 

『Facebook』は、CEOであるマーク・ザッカーバーグ氏が、

大学在学中に友人間のコミュニケーションツールとして作成したものに端を発します。

 

 

当初、

 

 

『同年代の女の子とを繋がりたい』という純粋な動機からスタートし、

周囲から支持を得て、急拡大して行ったことが『始まり』ですよね。

 

 

そして、

 

 

それがただ単に『女の子と繋がるツール』という枠組みを超えた辺りで、

新たにザッカーバーグ氏が掲げた使命(ミッション)は次の通りです。

 

 

『世界中の人々が、平等に情報にアクセス出来るプラットフォームを作りたい。』

 

 

確かに、

 

 

既存の『マス・メディア』は、皆さんご存知の通り、

『広告主』の意向が大きく影響を与え、『平等な情報』とは決して言えません。

 

 

また、

 

 

『広告主』という要素以外では、

その国家における『権力者』の意向も反映される事も多くあります。

 

 

要は、

 

 

『あらゆる視点の情報』がフラットに提供されるのではなく、

『広告主』『権力者』が受け取ってほしい情報を、

そういう思考になるよう、選別して流しているという事です。

 

 

これに対して、

 

 

創業から成長期に当たる『Facebook』は、既存のしがらみが無い為、

ザッカーバーグ氏が掲げる『平等な情報』のプラットフォームとして機能しました。

 

 

が、

 

 

この辺りが世の中の『ジレンマ』ですが、その効力を高めようと、

このプラットフォームが世界規模で拡大していくにつれて、

『平等な情報』を提供する機能も、相関して低下していく事になります。

 

 

皆さんも実感されている通り、

 

 

一時期は『広告主』に対するプレゼンスを高めた事により、

タイムラインは、友人・知人の情報とは関係のない『広告』が溢れ返りましたよね。

 

 

実際、

 

 

現在においても、同社の広告収入は、世界的に見て、

ソーシャルメディア全体の『約80%』を占めていると言われています。

 

 

あの時期を機に、

 

 

『Facebook離れ』という言葉が象徴する通り、

一気に『アクティブ』なユーザーが離れてしまった感覚が有ります。

 

 

また、

 

 

数年前の米国大統領選等が代表例ですが、

『フェイクニュース』や『情報操作』等の信用トラブルも続発してしまいました。

 

 

皮肉な事ですが、

 

 

今や、『Facebook』を『平等な情報』のプラットフォームと見做す人は少なく、

私も含めて、利用者のほとんどの方々は『話半分』程度に見ていると思います。

 

 

そして、

 

 

友人・知人の日常的な投稿にほっこりさせられる一方、

突発的な広告に、急に『警戒感』を覚える方々も多いのでは無いでしょうか。

 

 

この辺り、

 

 

ザッカーバーグ氏と共に、『Facebook』を創業したクリス・ヒューズ氏は、

先日、『Facebookを解体するべき時が来た』という旨の主張を出しました。

 

 

もはや、

 

 

創業当時に掲げていた使命(ミッション)から遠くかけ離れ、

既存の『マス・メディア』と同等まで堕ちたプラットフォームを、

『ここらで、手仕舞ってしまおう』という考えです。

 

 

確かに、

 

 

前述の通り、『Facebook』で流れる情報を、

『平等な情報』と見做す方は、現在では皆無に等しいと思います。

 

 

そう考えると、

 

 

『Facebook』は1つの役割を終えており、

同氏の主張は、とても理に適っている発言に思えます。

 

 

繋がる話で、

 

 

様々な偉人の方々が仰りますが、

成功の1つの要件として、『テレビを見ない』という事を挙げられます。

 

 

ただし、

 

 

ここで『テレビ』と示されているのは、

これまで、『大衆を洗脳するプロパガンダ』の代表格がそれであったという事。

 

 

時代とともにこれは変遷していきますから、

それが『Facebook』に代表されるネット配信情報になっていると考えます。

 

 

何れにせよ、

 

 

上記文言の『真意』は、大衆操作機能を持つメディアから、

『受動的』に情報を得ることに終始しない事、と言えると思います。

 

 

最後に、もう一度質問です。

 

 

あなたは、『メディア・コントロール』されていませんか??

 

 

インターネットが発達すればする程、

より『リアル』な世界の重要性が増していくように感じます。

 

 

『ネット』の世界の住人になり、『受動的』に情報を受け取るのでは無く、

『リアル』な世界を重視し、『能動的』に重要な情報を取りに行かれてみて下さい。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮5月24日(金)、大阪・梅田5月27日(月)の日程で開催します。

 

 

■2019年5月24日(金)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2019年5月27日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile