あなたは、『環境の変化』に順応出来ていますか??

今日のテーマは、『あなたは、環境の変化に順応出来ていますか??』です。

 

 

3連休初日を襲った『台風19号』が過ぎ去り、

活動拠点とする大阪も、一気に『秋』を感じる涼しさになって来ました。

 

 

つい先日、

 

 

10月がスタートした頃は、『暑さ』も残っていたと思いますが、

週明けの今日は、ジャケット、シャツスタイルでも『寒い」と感じてしまうほどです。

 

 

季節の変わり目、

 

 

体調を崩してしまいがちな季節になりますが、

公式ブログ読者の皆さんも、お身体、ご自愛頂けたら幸いです。

 

 

本題に入ります。

 

 

今朝(10月15日)の某新聞で興味を惹かれたのは、

来春(大学)新卒社会人における、就職環境の変化を報じるものでした。

 

 

『2020年春 大卒採用内定者 前年比で9年ぶりの減少』

 

 

主要大企業約1000社を対象に、任意回答で行った民間調査では、

来春新卒内定者数が、今春(2019年)比較で『減少』に転じたと紹介していました。

 

 

実に、2011年以来、9年ぶりの出来事だそうです。

 

 

特に、

 

 

落ち込みの大きかった業界としては、

『銀行:▲11.1%』『証券会社:▲26.4%』の2桁下落が注目を集めています。

 

 

少し掘り下げると、

 

 

銀行業界では、大手・三菱UFJ銀行が『前年比:▲(マイナス)44.7%』の530人、

みずほフィナンシャルグループは『同▲21.4%』の550人と大規模縮小が続きます。

 

 

証券業界に目を移せば、

 

 

野村証券が『前年比:▲44.7%』、大和証券グループ『同▲29.4%』と、

単年で見れば、『銀行業界』以上に、厳しい状況に追い込まれていると言えます。

 

 

この流れは他先進諸国も同様で、

 

 

米国においては、昨年(2018年)『1年間』という期間の中で、

前述『三菱UFJ銀行』一行分に相当する『本・支店』と『人員』が、

銀行業界全体として、消滅してしまったと言われています。

 

 

また、

 

 

以前もご紹介しましたが、投資銀行として有名なゴールドマン・サックス社では、

超有能なトレーダー数が、従来の『600名』から『2名』に削減されたのだとか。

 

 

これまで、

 

 

公式ブログでも、何度もお伝えさせて頂きましたが、

『一生安泰』の1つの代名詞とも言えた金融業界は、

時代の変遷に伴い、『失職筆頭業界』に成り下がってしまいました。

 

 

そこまで、『昔』の話を持ち出すつもりはありません。

 

 

私が大学新卒で就職活動していた時期、今から『13年』程前には、

未だ、確実に『金融業界=安泰』という印象等式は成立していたように思います。

 

 

それは、

 

 

実際に、社会人スタートからも、暫くの間継続していましたが、

ここ最近、『5年未満』ほどの短期間に、一気に『潮流』が変化してしまいました。

 

 

これは、他業界に目を向けても、同じ事です。

 

 

冒頭の民間調査に話を戻すと、

 

 

金融・証券業界の他にも、自動車を主とする部品産業が『前年比:▲5.5%』、

機械産業は『同▲3.9%』と、製造業19業種中、10業種がマイナス計上しています。

 

 

この業界も、

 

 

『高度経済成長期』から『平成初期』にかけての年代においては、

『ジャパン・アズ・ナンバーワン』と、栄華を極めた業界ですが、

20年ほどの期間を経て、現状は、全く『様変わり』してしまっています。

 

 

そもそも、

 

 

経団連会長や、日本を代表する世界企業(トヨタ自動車)のトップすらもが、

今後の時代において、『終身雇用』の終焉をオフィシャルの場で公言しています。

 

 

その状況において、

 

 

現時点で、所属している業界・企業、置かれている立場に関わらず、

『一生安泰』というものは、誰にとっても『幻想』でしか有り得ないと考えるのです。

 

 

私自身、

 

 

大学卒業時点での就職活動を振り返ると、内定を頂いた13社の中から、

最終的に就職先として決定した企業は、当時、バブリーだった製薬業界でした。

 

 

確かに、

 

 

その当時でも、本当の『バブル期』を経験した先輩方からは、

『この業界も、世知辛くなったな』などと聞いていましたが、

それでも、他業界と比較すれば、様々な意味で『潤った』業界だったと思います。

 

 

しかし、

 

 

それから『10年』とちょっとの期間を経た現在では、金融業界同様、

所属する企業に関わらず、全体として『リストラ』の波が押し寄せる業界になりました。

 

 

個人的には、

 

 

『会社員』という人種よりは、『起業家』が肌に合うと感じて独立しましたが、

もし、あのまま『会社員』を継続していても、今頃は『息苦しさ』しか感じなかったと想像します。

 

 

どれだけ『出世』しても、全く関係がありません。

 

 

『会社員』という立場であれば、雇用主から『首輪』は常に付けられており、

柔軟性に多少の差こそあれ『リード』も付けられ、『主導権』は他者が握ります。

 

 

それは、

 

 

行動、時間、人脈、機会(チャンス)、収入、場所等の『決定権』もそうですが、

そもそもの、『雇う・雇わない』という決定権すら、相手サイドが握るという事です。

 

 

更に、

 

 

今日、ご紹介している『雇用環境』の変化に加えて、

私たちの世代は、親の世代とは『経済面(社会保障)』の面でも、大きな乖離が有ります。

 

 

その流れの中で、

 

 

数十年前の『親世代の常識』を引きずりながら、人生を歩んでいるとしたら、

これからの将来、決して『明るい』『希望溢れる』とは言えないと考えます。

 

 

『時代』『環境』は、加速度増して、どんどん変化し続けています。

 

 

あなたは、その『変化』に順応出来ているでしょうか??

 

 

ダーウィンの『進化論』に示されている通り、『強い者』ではなく、

『変化に順応出来た者』が、これからの時代、生き残っていけると考えます。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、神戸・三ノ宮10月25日(金)、大阪・梅田10月29日(火)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2019年10月25日(金)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2019年10月29日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile