キャッシュレス時代、社会から『悪』は根絶するのか??

今日のテーマは、『キャッシュレス時代、社会から悪は根絶するのか??』です。

 

 

今日の香港は曇り空です。

 

 

気温も20度前後で推移しており、とても過ごしやすい時期です。

 

 

滞在3日目で、ミッションも無事にクリアし、

後は、暫しの観光を楽しんでから、帰国するだけですね。

 

 

個人的に、

 

 

香港で食べておきたいのは、『KFC』のエッグタルト(笑)

 

 

ガイドブックに掲載されている、観光客有名店よりも、

結局、『ケンタッキー・フライド・チキン』が最も美味しいという結論に致しました。

 

 

意外にも、

 

 

これまであまり意識していませんでしたが、

ここ香港でも、日本同様『現金決済』は比較的多いように感じます。

 

 

先進諸国を中心に、

 

 

『キャッシュレス時代』が到来している事を考えると、

『世界の潮流』からは少し遅れ(?)を取っていますよね。

 

 

私は現地住民ではないので、香港でのクレジットは持っていませんが、

オクトパス(チャージ式電子マネー)を使うより、断然『現金派』です。

 

 

前述の『エッグタルト』も、毎回、

コーラとセットで『15HKD(約200円)』支払って購入しています。

 

 

ただ、

 

 

どんなに個人が抗おうとも、『時代の流れ』には、

なかなか『太刀打ち』出来ないのが実情ですよね。

 

 

その辺の棲み分け、自分でも明確に区別がある訳ではありませんが、

日本に帰国すれば、私も『クレジット決済』がスタンダードになります。

 

 

『現金』を使う場面・割合は、20年前と比較して、明らかに減りました。

 

 

この流れは現在どんどん加速していて、

日常決済のほとんどの場面で、『現金』を使わない人も多いのではないでしょうか??

 

 

『貨幣』の流通量が、世界各国で減少しているのは自明ですし、

『テクノロジー』の観点では、『キャッシュレス時代』は既に実現可能のようです。

 

 

ただし、

 

 

その流れを一概に『善』と括ることは、果たして良いことなのでしょうか??

 

 

先日、

 

 

某番組でもこの話題(キャッシュレス時代)が取り上げられていて、

『現代では、キャッシュ(現金)が地下組織に流れ込んでいる』と報道されていました。

 

 

『匿名性』が保たれ、『取引記録』が自己申告である『現金』は、

世界的に見ると、『アンダー・グラウンド』な世界への流入を加速させている、と。

 

 

その点、『キャッシュレス時代』の取引は記録が残される為、

このような、『犯罪絡み』『反社会的取引』での利用リスクを低減出来る、と。

 

 

確かに、

 

 

言われる通り、『現金』はその取引事実申告制・匿名性の観点から、

『地下組織』での利用が活発化するという側面もあると思います。

 

 

しかし、

 

 

その点を過大に評価するあまり、一概的に、

『キャッシュレス社会こそが理想』ということが出来るのでしょうか??

 

 

では、

 

 

反対に、『キャッシュレス時代』の弊害は何でしょうか??

 

 

それは、

 

 

世の中で行われる全ての取引を『権力者』が把握することが出来、

また、そこから半強制的に『徴税』が出来てしまう社会の到来です。

 

 

(*現時点で稼働しているかどうかは別問題ですが。)

 

 

『マイナンバー』が発行された当初、2018年4月から金融機関口座と紐付けされ、

私たちの口座取引が捕捉されるようになる事を、快く思った人はいないでしょう。

 

 

現実問題、

 

 

国内で行われる、全ての『お金の流れ』を把握出来ることは、

『権力者(国家)』にとってはこの上なく都合が良く、

数字を変更するだけで完了する『徴税システム』は理想的です。

 

 

私自身、

 

 

偏った考え方かも知れませんが、この流れを加速させることは、

『権力者(国家)』に対して、経済面での『主導権』を渡してしまう行為だと考えます。

 

 

元々、

 

 

『貨幣』そのものが絶対的な価値を失ってしまってから、

『信用取引』されるようになり、主権を『国家』に渡していますよね。

 

 

その上、

 

 

その『流れ』まで全てが捕捉されるようになってしまったら、

それこそ、彼ら(権力者)の『暴走』をもはや止めようがなくなります。

 

 

この点で言えば、

 

 

『資産形成』の手段としては、否定的意見を述べている『仮想通貨』も、

この既存の『覇権』に抗う、とても興味深い『変化』の1つですよね。

 

 

これと同様に、

 

 

『現金』というものが存在するからこそ、私自身の考えとしては、

『国家権力』に対して、国民が『監査機能』を働かせる事が出来ていると思うのです。

 

 

来年(2019年)10月の『消費増税』を控え、

個人経営の飲食店等にも、『クレジット決済』を促す政策が定められつつあります。

 

 

ただ、

 

 

これまで何十年と『商売』を続けてきたレジェンド達の抵抗もあり、

この政府の試みも、そのほとんどが未達のまま進んでいきそうです。

 

 

そういった『反逆者(敬意を持って。)』達の抵抗も大きな力となり、

今後も、日本に『現金』が存続し続けることを、個人的に願っています。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮11月22日(木)、大阪・梅田11月27日(火)に開催します。

 

 

■2018年11月22日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年11月27日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile