コロナ禍で、『マネー・モンスター』が世界市場を駆け巡る。

今日のテーマは、『コロナ禍で、マネー・モンスターが世界市場を駆け巡る』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『行き場をなくした日本人マネーは、どこに向かうのか??』と題して、

金融機関口座に眠り続ける、日本国民の『個人資産』をご紹介しました。

 

 

先月5月時点、

 

 

国内金融機関にある『預金残高』は、

前月(4月)比『+6.2%』を記録しており『約772兆円』。

 

 

国内金融機関の『貸出金残高』、前月比『+4.8%』を上回り、

金融機関口座への『資金滞留』が、分かりやすく現れています。

 

 

勿論、

 

 

金融機関としても、有望な投資先に融資したいのは山々ですが、

経済活動が復活しない現状、簡単には候補を見つけられません。

 

 

『個人』としても、

 

 

収入・雇用の両面でリスクを感じる方々も多いでしょうから、

なかなか、積極的に『消費行動』を起こせないのが本音です。

 

 

『負のスパイラル』に、陥ってしまっていますね。

 

 

直近のデータでは、

 

 

国内の『現在感染者』が1000人未満を達成して久しく、

日本はじめアジアにおいては『収束感』が出始めています。

 

 

しかし、

 

 

世界的な『感染者数』は、今月中には1000万人を突破し、

途上国を中心に、これから、本格的な感染爆発が始まります。

 

 

言葉が不足したまま、話を展開していますが、

当然、『新型コロナ・ウイルス』の話題です。

 

 

活動拠点とする大阪でも、『人』の流動性が回復しつつあり、

来月には、久しぶりの東京出張も復活しようと考えています。

 

 

ただ、

 

 

グローバルな『人』『モノ』の流動性は、まだまだ回復しておらず、

世界全体としての『経済活動復活』は、暫く先の話になりそうです。

 

 

にも関わらず、

 

 

以前から、ブログで繰り返しご紹介させて頂いているように、

日本・米国・欧州はじめ『株式市場』は活況を呈しています。

 

 

一時期、

 

 

2008年以来の『メルト・ダウン』が懸念された日本市場も、

日経平均株価は、3月底値の『1万6000円台半ば』から急回復し、

6月26日時点、終値は『2万2512円08銭』を記録しています。

 

 

また、

 

 

米国市場『NYダウ平均株価』は、一時2万ドル台を割り込んだものの、

現在では、『2万5000ドル台』を維持するまでに回復して来ました。

 

 

先日、

 

 

IMF(国際通貨基金)が公表したレポートでは、

世界全体の株式市場に共通して、

大幅に『割高感』を示すデータとなりました。

 

 

その要因は、

 

 

各国政府・中央銀行が実施する金融緩和政策で、

実に、日米欧合計で『6兆ドル』規模の資金が、

市場に投入されていることになります。

 

 

*日本円換算で『約640兆円』にも上る、超巨額資資金です。

 

 

当然、

 

 

資金の流入先は、『株式市場』だけには収まり切らず、

債券・CP(コマーシャル・ペーパー)市場にも流れ込みます。

 

 

その結果、

 

 

直近では、様々な信用リスクの債券発行が増加しており、

特に、米国では単月として『過去最高額』を記録しています。

 

 

この状況には、

 

 

前述のIMF(国際通貨基金)も、眉を潜めており、

『実体経済と乖離している』と警鐘を鳴らし始めました。

 

 

普段、

 

 

『経済』『金融』という分野を注視していない方には、

この『ヤバさ』が、正確には理解できないと思います。

 

 

が、

 

 

『実体経済』と関係なく資金供給可能となった現代資本主義では、

簡単に『マネー・モンスター』が暴れ出す環境を作り出してしまいました。

 

 

2008年、

 

 

『リーマンブラザーズ破綻』に象徴される未曾有の金融危機ですが、

『100年に1度』という表現は、既に正しくないかも知れません。

 

 

あれから『12年間』が経過し、

 

 

世界市場には、再び『高揚感』が漂うようになりましたが、

『リスク』は2008年当時より確実に高まりを見せます。

 

 

まだまだ、

 

 

世界は『幻想』に捉われ続けていますが、

2020年現在、既存通貨には裏付けされる価値はなく、

権力者のさじ加減で、簡単に増減できる状態にあります。

 

 

先日、

 

 

『現代資本主義』における、『金融危機』発生時の対応策は、

『金融緩和』が、常套手段になりつつあるとご紹介しました。

 

 

ただし、

 

 

これは、決して『根本解決』する為の対応策ではなく、

何とか『急場』を凌ぐ『応急処置』でしかありません。

 

 

更に、

 

 

その(応急措置)過程で、『リスク』は増幅し続けており、

顕在化した時、経験したことのない『インパクト』を与えることになります。

 

 

今、この瞬間も、どんどん増殖しています。

 

 

コロナ禍、密かに(?)世界市場を駆け巡っている、

『マネー・モンスター』は、果たしてどこに行き着くか??

 

 

破綻の『トリガー(引き金)』となるイベントにも留意しながら、

今後も、注意深く、市場動向を見守っていた方が良さそうです。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『オンライン:Zoom受講』に切り替えて開催しております。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

通常、

 

 

リアル開催は『1人(講師)対複数人(参加者の皆さん)』の開催ですが、

原則として、Zoom開催は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*『個別質問お答え出来る』というメリットも有ります。)

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile