ソニー生命『架空契約事件』から見えてくる、保険業界の謎。

今日のテーマは、『ソニー生命架空契約事件から見えてくる、保険業界の謎』です。

 

 

ここまでストレートなタイトルを出す事も、最近は減って来ましたね。

 

 

数年前であれば、

 

 

公式ブログをご覧頂く方も限られていたので、

自身が感じたことを、より素直に表現して記事にする事が多かったように思います。

 

 

しかし、

 

 

お陰様で、多くの方々から認知頂き、ご覧頂く過程で、

(昔よりは)『世間の目』を気にしながら書く機会が増えました(笑)

 

 

ただ、

 

 

私自身の基本的なスタンスは全く変わっておらず、

特に、個人セッションを受講して下さる方々に対してですが、

『顧客利益』を最優先して情報提供して行きたいと思います。

 

 

『銀行員の提案は、聞かないほうが良い。』

 

 

『証券会社が掲げる推奨銘柄を、買ってはいけない。』

 

 

『保険営業マンの言われるがままに、契約を進めない。』

 

 

『マイホームは、買っても良いが、負けを覚悟して買う。』

 

 

これらは、

 

 

『資産形成』を実現できる『お金持ち』の方々の中では『当たり前のこと』なのですが、

利害関係が反する方々(上記業界の方々)がいるので、バッシングは強まります。

 

 

『井上耕太事務所:公式サイト』はオウンドメディアなので良いのですが、

SNS的なメディアでは、こういった記事は削除される傾向にありますね。

 

 

これは冒頭に1つ皆さんへのお願いなのですが、

『井上耕太事務所:公式サイト』の『お気に入り』登録をして頂けたら幸いです。

 

 

アメブロ、Facebook等で配信されなくなっても、

この公式サイトが存在する限り、私の記事は永遠に読むことが出来ます。

 

 

私もお役立て頂けそうな記事を書いていきますので、

今後とも、継続してご覧頂き、楽しんで頂けたら幸いです。

 

 

『前置き』が長くなりました。

 

 

本題に戻って、話を進めていきますね。

 

 

最近、次のようなニュースが出てきました。

 

 

『金融庁、生保の完全歩合制を問題視』

 

 

『架空契約事件でソニー生命に立ち入り検査』

 

 

ネットニュース一覧にも掲載されていたので、ご覧になった方もいると思います。

 

 

簡単に粗筋をご紹介させて頂くと、

 

 

要は、ソニー生命保険所属の社員(少なくとも2人)が、

顧客に架空の保険契約を結ばせ、現金をだまし取っていたという『事件』です。

 

 

なかなか、衝撃的な話ですよね(笑)

 

 

契約者からしたら、契約を交わしたと思っていた保険が、

全く存在せず、保険料(と思って支払っていたお金)がそのまま『ポケット・イン』していた、と。

 

 

昨年7月に顧客からの問い合わせで発覚した最初の事例では、

 

 

香川県内で営業担当だった当時社員が、

2009年9月~17年4月、6人の顧客と架空の生命保険契約を結び、

全期間合計で『1億3521万円』もの金額をだまし取っていた、と。

 

 

さらに、

 

 

それに続いて9月には、また別に、広島県内勤務の当時社員が、

上記と同様の手口で複数の顧客から総額『数千万円』をだまし取っていた事例も判明。

(*この社員は、今年、2018年1月に逮捕されているようです。)

 

 

外資系生保や新参生保の営業マンは『フルコミッション』で働く方も多く、

(自身の支出に対して)『収入』が追いつかない場合、

『このような方法で、(生活費を)補填していたのではないか』と考えられています。

 

 

確かに、

 

 

『生活費』が足らないのは深刻な問題でしょうが、

だからと言ってこんな事をされたら、たまったものではありません。

 

 

金融庁は、一連の事件を受けて昨年秋から検査官をソニー生命に派遣し、調査を進め、

5月末までに検査を終え、問題があると判断した場合は業務改善命令を出す予定のようです。

 

 

日本人は、『保険』に対して『過度な神話』を抱いた、世界でも類稀なる国民です。

 

 

残念なことに、

 

 

『メディア・コントロール』のされやすさ世界一という特性も手伝って、

海外諸国では見向きもされない『競争力の低い(顧客利益のない)保険』が、

何故か、日本市場ではばか売れしているという『珍現象』も起こっています。

 

 

大学を卒業して新社会人をスタートすれば、

 

 

どこから湧いてきたか分からない『保険のおばちゃん』が突然現れ、

『あなたも大人になったんだから』という意味不明なクロージングで『保険』を勧めます。

 

 

結婚もしておらず、子供をはじめとした扶養家族無しの人間に、

本当に『生命保険』が必要かいささか疑問ですが、

この『GNP営業』により、多くに方々がコロッと落とされてしまいます。

 

 

この例はまだマシな方で、

 

 

子供が若いうちから、我が子に『生命保険』を懸けている家庭はさらに最悪です。

 

 

前述もさせて頂きましたが、

 

 

『国際競争力』が低く(顧客利益が乏しく)、

支払い元本に対する返戻率が『雀の涙』の保険に、加入する理由を私は見つけられません。

(*国際競争力のある、海外で売られている保険については、異なる意見です。)

 

 

『(不必要な)生命保険』『がん保険』『医療保険』『所得保障保険』etc.

 

 

保険会社も、その商品市場が飽和されるごとに、

新たな『リスク』を掘り起こして、あの手この手で契約社に攻勢を仕掛けてきます。

 

 

特に、

 

 

地方に住む方々を中心に、日本人は『お人好し』が多いですが、

現代において、『賢くなる事』は自らのみを守る上で必須のポイントだと考えます。

 

 

今回取り上げられた『ソニー生命』や、外資系生保のフルコミッション営業マンなど。

 

 

既にご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、

もともと金融業界出身ではなく、各業界のトップセールスマンが集結する事が多いものです。

 

 

*この事からわかるのは、彼らは『営業』のプロであって、

 『顧客資産』を増やすプロではないという事です。

 

 

彼らは、各業界から引き抜かれて入社し、

まず、会社から『猶予期間』として『3ヶ月』ほどの時間が与えられます。

 

 

この、最低保証される給与が支給される移行期間を経て、

準備期間に勝ち取った契約からのコミッションで『生活費』を得るようになるのです。

 

 

だから、

 

 

身内がこの業界に転職したとしたら、

スタート時の『保険勧誘』の熱烈さは凄まじいものがありますよね。

 

 

概論として、1つ皆さんにお伝え出来るとこは、

 

 

私が見てきた経験上、保険営業マンでどんなに収入が高かろうと、

実際に、本当に自ら『資産形成』に成功している人はほぼ居ません。

 

 

BMWやメルセデスに乗っていようが、高級ブランドのスーツに身を包もうが、

ゼロハリやTUMIのキャリケースを引いて来ようが、高級ラウンジに案内されようが、、、、。

 

 

(もしかしたら)皆さんが崇めている『出来そうな営業マン』は、

保有資産も数百万円程度で、自動車・住宅ローンまで考慮したら、

『債務超過』に陥っている人間かも知れないのです。

(*実際、これはほぼ100%の事例で当たっていると考えます。)

 

 

そんな人間に、果たして『お金』のことを聞きますか??

 

 

私のクライアントさんが全国から大阪までお越しになり、

私の面談を希望してくださる理由は、、、、、、、、想像にお任せします。

 

 

『保険業界』について感じる事に、もう1つ『大きな疑問』があります。

 

 

『MDRT』

 

 

皆さん、この資格は耳のされたことはありますか??

 

 

『Million Dollar Round Table』の頭文字略で、

日本では『百万ドル円卓』などとヘンテコな日本語に訳されます。

 

 

要は、

 

 

手数料収入として年間『約1100万円』ほど稼ぐ集団に与えられる称号なのですが、

(*入会基準は年により異なる。米ドルベースで示され為替レートも指定。)

この『資格(?)』を保有する営業マンは『これ見よがし』に誇示してきます。

 

 

そして、

 

 

それを見た顧客(契約者)も、水戸黄門の印籠が如く平伏すわけですが、、、、。

 

 

これ、『真っ当な思考回路』で考えて、おかしくないですか??(笑)

 

 

『MDRT』を保有している保険営業マンという事は、

要は、『契約者から手数料を多く貰っている』事の証明な訳です。

 

 

*『MDRT』入会基準が、手数料を基準として決定していることがそれを示しています。

 

 

それにも関わらず、

 

 

保険営業マンサイドは『多くの手数料を取ってます!』と印籠を掲げ、

支払う側の契約者サイドは、自ら彼らの給料を支払う側なのに『ははぁ〜』と平伏す。

 

 

他業界のビジネスでは有り得ないことですが、

これも『保険業界』特有の『摩訶不思議』な慣例になっています。

 

 

何が言いたいか??

 

 

皆さん、『保険』に対する、『過度な信仰』をやめましょう。

 

 

確かに、

 

 

生起確率はとても低いかも知れませんが、そのイベントが起こった際、

重大なインパクトを与える『ブラックスワン』には保険が必要です。

 

 

『自動車保険』『火災保険』『海外での医療保険』etc.

こういったものは、予め入っておいて問題はないですよね。

 

 

ただし、

 

 

多くの日本人がごっちゃにしてしまっていますが、

『保険(リスクヘッジ)』と『資産形成』は全く別次元の話なのです。

 

 

世界ナンバーワン投資家のウォーレン・バフェットは、

NY金融街から距離を置き、地元・オマハで活動していることが有名な人物です。

 

 

その(オマハを拠点とする)理由として、バフェット自身は、

『金融街ほど、摩訶不思議な街は存在しない』という言葉で表現しています。

 

 

『ロールスロイスで乗り付けた顧客が、地下鉄で出勤した会社員にアドバイスを求める場所だ』、と。

(*お金持ちが、一般人に資産形成の支持を仰ぐなど、馬鹿げている。)

 

 

これが、こと日本では、『保険』においても成立していると思うのです。

 

 

皆さん、『保険会社』『保険営業マン』は、神的な存在では決して有りません。

 

 

むしろ、

 

 

彼らが日本国内で販売しているのは、国際金融の観点で見れば、

海外の人は理解する事のできない、『競争力の低い商品』です。

 

 

『ソニー生命』の話からだいぶ派生してしまいましたが(笑)

皆さんが、『真の資産形成』に向けて、着実に行動されるのを願います。

 

 

『真の資産形成を、着実にスタートしていきたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は4月24日(火)19:30スタートにて大阪・梅田で開催します。

 

 

■2018年4月24日(火)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

>>>>セミナーご案内ページはこちらをクリックください<<<<

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile