世界で最も『共産主義システム』が成功した国家、『ニッポン』。

今日のテーマは、『世界で最も共産主義システムが成功した国家、ニッポン』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『現代日本に生まれた時点で、経済的自由は誰でも達成できる』と題して、

私たちが、如何に『資産形成』の環境に恵まれているか、ご紹介しました。

 

 

恐らく、

 

 

賛否両論あるでしょうが、私自身、これは『真理』と考えています。

 

 

悲しい哉、

 

 

2020年現在の『世界(地球上)』は、

『資産形成(投資)』による目標実現が、

極めて厳しい国・地域、環境が存在しています。

 

 

10年以上前、

 

 

バックパッカーとして、発展途上国諸国を巡りましたが、

その時に見た、『掘建て小屋』に生まれ落ちたとしたら、

私自身、『経済的自由』の概念すら無いまま、一生を過ごしたでしょう。

 

 

勿論、

 

 

その環境からの挽回も、100%不可能では無いでしょうが、

そこをスタート地点とされる厳しさは、容易に想像出来ます。

 

 

昨日もご紹介した通り、

 

 

世界では、総人口の『約10%』にあたる『7億人』もの人々が、

『1日:200円以下』に生活費の制約を受けながら暮らします。

 

 

当然、

 

 

彼ら・彼女らは、意識的に『節約生活』を送っているのではなく、

経済的弱者であるが故に、その生活を余儀なくされているのです。

 

 

この状況においては、

 

 

日々、生活を乗り切り、生命を繋ぐことに必死であり、

とてもじゃないけど『未来のこと』は考えられません。

 

 

このような国・地域では、

 

 

該当エリア全体が貧しい環境にある為、社会保障も機能せず、

極度の経済的困窮は、そのまま、『死』の概念に直結します。

 

 

翻って、

 

 

2020年現在の『日本』では、そのような状況は考えられません。

 

 

確かに、

 

 

世の中には、経済的に『困窮(?)』している人もいるでしょうが、

それが原因で、『餓死』するような事態は、日本国内に有りません。

 

 

仮に、

 

 

その人を救済する為、該当する『社会保障』が無かったとしても、

真剣にお願いすれば、見知らぬ人でも、見捨てたりはしないはず。

 

 

いくら『世知辛くなった』とは言え、その程度の義理人情は、

2020年の『日本国』にも、存在していると信じたいです。

 

 

それくらい、

 

 

『満遍なく』『一定水準の豊さ』を享受している国が『日本』なのです。

 

 

有名なフレーズでは、

 

 

世界で最も『共産主義システム』が成功した国家、とも言われますよね。

 

 

実際に、

 

 

日本国が採用している経済システムは『資本主義』ですが、

それにより生み出される格差は、欧米の比では有りません。

 

 

会社員の多くは、

 

 

『ウチの会社(*)は、給与が少ない』などと愚痴りますが、

『責任』と比較した際の『収入格差』は極めて低くなります。

(*正しくは、『自分を雇用してくれている会社』ですが。)

 

 

先日も、それを証明するニュースが出ていました。

 

 

日本を代表する商社『伊藤忠商事』の会長の年収は、『約6億円』。

 

 

1ヶ月ほど前、

 

 

世界的投資家:ウォーレン・バフェット氏が、

資金投入したことでも注目を集めた企業です。

 

 

報道としては、

 

 

その功績から考えれば、『年収6億円』は妥当という旨でしたが、

この数字に対して、『大きい』というニュアンスが含まれました。

 

 

皆さんは、どのように感じられますか??

 

 

日本のトップ商社『伊藤忠商事』と言えば、全業界を対象としても、

日本トップレベルの企業であることに、異論を唱える人はいません。

 

 

つまり、

 

 

その企業の会長ともなれば、経団連所属の大企業の中でも、

最上位クラスの報酬を得ていても、問題ない事になります。

 

 

しかし、

 

 

その人物の報酬が『年間:約6億円』に留まるということは、

欧米諸国からすれば『アンビリーバブル』な事態と言えます。

 

 

実際、

 

 

令和1年現在、同社の平均年収は『1500万円』程であり、

同社社員の平均年齢から考えると、40歳程の平社員でさえ、

この程度の年収(1500万円)は得ていると推測できます。

 

 

先ほど、

 

 

会長の年収が『約6億円』とご紹介しましたが、この数字と、

平均年収との間には、僅か『40倍』の開きしか有りません。

 

 

想像すると分かりますが、

 

 

日々、『決断』を迫られ、大きな『責任』を背負うトップ管理職と、

一社員の『収入格差』が、この程度の開きしかないことは驚愕です。

 

 

『コスパ』としては、『平社員』をやっていた方が、気楽で良いですね(笑)

 

 

日本の『トップ企業』でも、このような調子ですから、

他業種・他企業における状況は、推して知るべしです。

 

 

勿論、

 

 

この方々の『収入』は、役員報酬だけに限られるものではなく、

『評価益』を抱えるものも含めて、様々な種類があるでしょう。

 

 

しかし、

 

 

海外諸国からすれば、高々『100倍』程度の収入格差の為に、

そこまでする事は『涙ぐましい努力』に映るに違い有りません。

 

 

世間一般、

 

 

大多数を占める『平社員』という立場からすれば、

この状況は、『パラダイス』と表現できますよね。

 

 

そして、

 

 

世界で最も『共産主義システム』が成功した国家であることも、

誰もが『資産形成』を実現可能であることの、一因と言えます。

 

 

日本国は、『経済格差』が極めて低い、『パラダイス』です。

 

 

あなた自身が『本気』で、その実現に向けて『行動』すれば、

『経済的自由』の達成は、誰でも可能であると考えています。

 

 

その成否を分けるのは、『本気』かどうかというだけなのです。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■10/28(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■10/29(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■10/28(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■10/29(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile