今回の『仮想通貨』報道から学ぶ、『資産形成』の鉄則★

今日のテーマは、『今回の仮想通貨報道から学ぶ、資産形成の鉄則』です。

 

 

『仮想通貨』

 

 

『対象』『報道のジャンル』は変われど、

本当に、日々、様々な話題を提供してくれますね。

 

 

この分野だけに注目していても、

それだけで、しばらくの間、ネタには困りそうもありません(笑)

 

 

間違って伝わって欲しくないのは、

私自身、『仮想通貨』自体には、何の感情も抱いていません。

 

 

それ自体は『ツール』として将来性あるものなのでしょうし、

一面的に見て、『良い』『悪い』を論じるつもりもありません。

 

 

しかし、

 

 

『MLM:ネットワーク・ビジネス』同様、

そこに集まってくる大半の方々の、『一発逆転を狙う雰囲気』が生理的に受け付けないだけです。

 

 

また、

 

 

価値交換の『ツール』として確立された後の保有はあるかもですが、

『投機対象』として、それを取得する事は今後もないと考えます。

 

 

その辺り、

 

 

一昔前、高金利の『外貨預金』が話題になった当時、

『ブラジル・レアル』『トルコ・リラ』『南アフリカ・ランド』等に、

手を出さなかった理由とまったく同じですね。

 

 

もし、

 

 

昨今『仮想通貨』で踊らされている方々同様、それに手を出してしまっていたら、

今頃、私は、『資産形成』のコンサルタントとして活動出来ていなかったでしょう。

 

 

今日のブログで取り上げようとしているテーマは、

御察しのつく通り、『コインチェックによる580億円相当のNEM不正送金』に関する話題です。

 

 

しかし、

 

 

私が注目したのは『コインチェック』本丸の話題ではなく、

その被害者の一人として話題になった、ある有名芸人さんのコメントです。

 

 

『NEM不正送金:顧客資産消失』の話題が出て早々、

お笑い芸人・藤咲マーケットのトキさんが、次のような呟きをしました。

 

 

『コインチェックの仮想通貨が全て盗まれました。

 貯金すべてなくなりました。仕事ください。』

 

 

私自身は見ていないのですが、その明朝出演していたテレビ番組でも、

悲壮感いっぱいの顔をしていて、話題になっていたようですね。

 

 

芸能人の方で、影響力もある人なので、

その発言には、少し『ポーズ』も含まれているかも知れません。

 

 

実際に全ての貯金がなくなった訳ではないことを願いますし、

少なからず『資産』が無くなった事に関しては、素直にお悔やみ申し上げます。

 

 

ただ、

 

 

お笑い芸人のトキさん以外にも、一般的な方々で、

『仮想通貨に、ベットしている割合が高過ぎる方が多いのではないか??』、という懸念はあります。

 

 

要は、

 

 

自身が保有する『資産』のほとんどを、

『仮想通貨』に置いてしまっている方が多くいるのではないか??、という懸念です。

 

 

現代においては『仮想通貨』がその対象の筆頭ですが、

一昔前では、FXを通じた『外貨取引』なんかがそれに当たりますよね。

 

 

『ボラティリティ:標準偏差』が大きい分、

『投機対象』が上昇している局面では良いのですが、

それが下落に転ずると、一気に地獄絵図になります。

 

 

『積み上げる』ことが出来ないから、『資産形成』出来ないのか??

 

 

『資産形成』出来ないから、『積み上げる』ことが出来ないのか??

 

 

『鶏が先か??卵が先か??』のような哲学的な話になりますが、

地道に『資産形成』出来ない人ほど、『ボラティリティ』の高い、

上記例のような『投機対象』に熱狂してしまう傾向があります。

 

 

残念ながら、頭の中の『ソフトウェア』が書き変わらない限り、

彼らが『資産形成』できるようになる事は、未来永劫ありません。

 

 

それで、

 

 

今回の『仮想通貨騒動』から学ぶ、『資産形成』の鉄則です。

 

 

『タマゴを、1つの籠に盛らない。』

 

 

いや、『初歩の初歩』ですよね(笑)

 

 

でも、

 

 

『なんや、そんなの基本やん!』と言われる方々も、

『実際に、出来ているか??』と問われると、少し怪しいと考えています。

 

 

例えば、

 

 

『ウォール街のランダム・ウォーカー』という名著には、

各年代別アセットミックスとして、保有される資産クラスのシェア目安が書かれています。

 

 

その中で、

 

 

もちろん年代ごとに『リスク性資産』『無リスク資産』の保有割合は変化すれど、

常に、『キャッシュ:現金』の保有推奨割合は『5-10%』に限定されています。

 

 

どうですか??

 

 

皆さん、現金割合がこの低水準に保たれるほど、

きちんと自分の『お金』を分散して働かせていますか??

 

 

現在、

 

 

日本国内には『貯金が出来ない』という経済危機にある世帯が、

全体の20%を超えているそうですが、その方々はここでは除外します。

 

 

『日本円』に偏った投資をしていることも、

『タマゴを、1つの籠に盛る』の代表的な一例ですよね。

 

 

同様の注意喚起をする格言で、次のようなものもあります。

 

 

『かすり傷は負っても良い。致命傷は負うことなかれ。』

 

 

本当に、この通りです。

 

 

私自身、様々な『資産形成』を実践しながら、

面談依頼してくださるクライアントの方々に情報提供しています。

 

 

1つ1つの『投資対象』については、厳正に審査し、

それぞれ、相応の資金を拠出して自身の『お金』に働いてもらっています。

 

 

しかし、

 

 

もし仮に、予測してなかった『不測の事態』に陥ったとしても、

『致命傷』だけは負わないように、細心の注意は払いながら進めています。

 

 

そうすることで、

 

 

もしも万が一、『想定外』が訪れたとしても、

『かすり傷』を負いながらも、次の一手を打つ余力を残しておくことが出来るのです。

 

 

『タマゴを、1つの籠に盛らない。』

 

 

読者の皆さんが、『一発逆転狙い』で変動幅の大きなものに集中投機せず、

着実に積み上げて、『資産形成』を進めていかれることを願っています。

 

 

『タマゴを1つの籠に盛らず、真の資産形成をしよう!』と決心した方に、

最適なセミナーを1月29日(月)19:30スタートにて大阪・梅田で開催します。

 

 

■2018年1月29日(月)開催!将来のお金の不安が消えるセミナーin大阪・梅田■

*セミナーご案内ページはこちらをクリックください*

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

本当に人生は好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile