会社員の『自社株フルベット投資』は最適化戦略なのか??

今日のテーマは、『会社員の自社株フルベット投資は最適化戦略なのか??』です。

 

 

稀に、この公式サイトでも書かせて頂く事があります。

 

 

現在、

 

 

私は金融機関(銀行・保険・証券)に所属しない、

独立系ファイナンシャル・プランナーとして活動しています。

 

 

が、

 

 

もともとは金融業界の人間でも何でもなく、

製薬企業で医療用医薬品の営業職(MR)として社会人生活をスタートしました。

 

 

今でも十分そうだと考えますが、

 

 

その当時も、『大手』としてカウントされる東証一部上場企業、

『エーザイ株式会社』が、私が唯一『会社員』として過ごした企業です。

 

 

業界の方は明るいでしょうが、

 

 

一般的には『チョコラBB』シリーズの印象が強いものの、

医療用医薬品分野では『消化器』『脳神経』領域に特化していた会社です。

 

 

『胃酸分泌抑制薬』『認知症進行遅延薬』

 

 

私が所属していた当時の主力製品はこの2つで、

特に、後者は先進国を中心に、少子高齢化が進行する国・地域で絶大なるニーズがありました。

 

 

それで、

 

 

私が社会人生活スタート時にお世話になった『エーザイ株式会社』ですが、

ここ1、2ヶ月ほどの間、市場の関心も強く集まっていた会社でもあります。

 

 

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、

 

 

某『認知症薬』の臨床試験成績が市場予想を上回り、

その上市後の成長予測から、『株価』が過去最高値を駆け上るまで跳ね上がったのです。

 

 

東証一部の急騰率ランキングでは『第1位』を記録し、

連日、取引出来高もうなぎ登りに上昇していく始末。

 

 

私が入社した当時の株価は、1株あたり『2800円前後』、

それから7年経過した、退職時点での株価が『4000円前後』でした。

 

 

そこから比較して、

 

 

本日(2018年8月3日)時点の終値は『1株:9881円』。

過去最高を記録した『1万1490円』からは下落傾向にありますが、それでも十分な値です。

 

 

数年ほど前にも、

 

 

認知症薬の『第一相試験』の結果が良好であることから、

3ヶ月ほどの間に、株価『10000円』に肉薄するまで急騰した事があります。

 

 

その際は、

 

 

世界的金融機関『バークレイズ』が、

当該企業の理論株価を『1万1000円』と算出したことから、

連日ストップ高で株価が上昇していったことを覚えています。

 

 

この時は残念ながら『株価10000円越え』は無かったものの、

数年間の時を経て、この予測は見事実現したことになります。

 

 

こう考えると、この会社を辞めてしまった私は、惜しいことをしましたね(笑)

*実際は、全くそうは思っていません。

 

 

上場企業にお勤めの方々はご存知の通り、

 

 

大企業は『安定株主確保』の観点から、従業員による『自社株購入』を推進しています。

 

 

しかし、

 

 

ただ単に『自社株を購入してくれ』で応じる愛社精神満点な人は皆無ですから、

各企業、『買入割増し』『配当率アップ』等、従業員向けに様々な奨励策を設けています。

 

 

私がお世話になっていた当時は、

エーザイ株式会社の奨励制度は『10%買い増し』サービスでした。

 

 

『月額10万円』を自身の給与から自社株購入すると、

実際は、『11万円分』の株式を購入してくれて、自身の持ち分に加わる。

 

 

これは、

 

 

少し考えたら途轍もなく有利な制度で、

ここに『配当』まで加わることを考えると、年率換算で相当なリターンになります。

 

 

もちろん、

 

 

『投資』の世界で『絶対』は有り得ないわけですが、

それでも、余程の(世界レベルの)経済変動がない限り、

この補助輪がついた状態で『負ける』事は考えられません。

 

 

事実、

 

 

社内にはこの奨励制度をフル活用して『自社株買い』に走る先輩方も多くおり、

『利益確定』の誘惑に負けず、長期保有していたら、今頃『億万長者』になられている事でしょう。

 

 

そう考えると、この会社を辞めてしまった私は、本当に惜しいことをしましたね(笑)

*実際は、全くそうは思っていません(2回目)。

 

 

確かに、

 

 

確率の高い『奨励制度』を活用して『自社株買い』することは有利ですが、

果たして、会社員の方々の『自社株フルベット投資』は、最適化戦略なのでしょうか??

 

 

今回の事例のように、

 

 

それが当たれば(運よく株価が急騰すれば)、

その戦略での『リターン』はかなり大きなものになる事が予測されます。

 

 

しかし、

 

 

『投資の世界』では『ハイリスク・ハイリターン』の原則も然りで、

自身が所属する企業が業績悪化すれば、会社員は『2つの経済的支柱』を失う事になります。

 

 

その2つは何かというと、

 

 

1つは、自身が働いて得る給与という『労働収入』。

 

 

そして、

 

 

2つ目は、『保有資産』の元本自体と、

そこから生み出される配当という『不労所得(配当収入)』です。

 

 

その際たる事例が、約20年前に破綻した『山一證券』ですよね。

 

 

当時、

 

 

『この山一が潰れる訳がない』と高を括った社員が、

保有金融資産のほとんどを『自社株』として持っていたのは有名な話です。

 

 

私が小学生だった頃、

 

 

突然、日本の4大証券会社の一角が破綻した訳ですが、

その際、社員の方々は『労働収入』と『保有資産』『配当収入』全てを失いました。

 

 

確かに、当たれば、デカかった。

 

 

しかし、現実には、『外れた』のです。

 

 

他の事例でも、この『リスク』の大きさをイメージする事が出来ます。

 

 

例えば、

 

 

あなたが会社を経営していたとして、

売上げ・利益率は上々ながら、取引先は大手企業の一社しかない状態だとしてください。

 

 

この状態で、あなたは現状に『安心感』を得られますか??

 

 

その『一社』からの契約が打ち切られたり、

その『一社』自体の経営が傾いた時点で、『THE END』となってしまいます。

 

 

会社員の『自社株フルベット戦略』は、これらの事例と全く同じなのです。

 

 

もしも仮に、

 

 

私が『エーザイ株式会社』での会社員生活を今尚続けていても、

上記戦略は取らない為、今回の株価急騰でも、与る恩恵は知れていたと考えます。

 

 

一般的には、私のそれは『勿体無い』ように感じる思考法ですが、

それでも、それは『宝くじ』が当たった人を羨むような状況です。

 

 

『世間を賑わす旬なトピック』に惑わされる事なく、

人生全体の長期視点で、着実な『資産形成』に励んでいきましょう(^ ^)

 

 

『堅実な考え方で、着実に資産形成していきたい!』という方に最適なセミナーを、

大阪・梅田は8月24日(金)、神戸・三ノ宮は8月27日(月)に開催致します。

 

 

■2018年8月24日(金)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2018年8月27日(t)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile